JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

NHK 憲法特集番組 の続き 若干の揺り戻しが?!

2017年5月6日(土)

このところ結構頑張っていたNHK でしたが、
今日の番組は若干改憲派からの揺り戻しが働いた?
ように見えました。

三島由紀夫事件(クーデター未遂事件)に触発された右派若手(当時)の
改憲派団体が日本会議に繋がっている事を紹介し、今は高齢者となった
当時の『論客』や、中曽根康弘などを登場させて語らせていました!

一昨年の、戦争法に反対する運動や、その中の若者の発言も
取り上げてはいましたが、申し訳程度の取り上げ様でした!

先週は、平和条項が幣原喜重郎など日本側からの提案だった
ことを明らかにしましたが・・・

【「憲法70年」 “平和国家”はこうして生まれた】
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586919/

日本国憲法の施行から70年。平和主義の出発点が新たな資料で明らかになった。昭和20年9月、昭和天皇は勅語で平和国家の確立を明らかにした。しかし、GHQ草案の条文には平和の文字はなかった。その後、衆議院の小委員会で鈴木義男議員の発言を機に議論があり「国際平和を誠実に希求」する条文が第九条に盛り込まれたことが明らかになった。番組では速記録をもとに小委員会をドラマで再現。“平和国家”誕生の舞台裏に迫る。



今日は、その続編でしたが、方向性は全然違いました!
【日本国憲法 70年の潮流 ~その時、人々は~】
2017年5月6日(土) 午後9時00分~9時58分
http://www6.nhk.or.jp/special/sp/detail/index.html?aid=20170506

2017年5月3日、日本は現行憲法の施行から70年という節目を迎える。去年の参議院選挙の結果、改正に前向きな勢力が衆参両院で3分の2をこえ、国会で憲法改正発議が可能な態勢が整った。一方で、今年3月のNHKの世論調査では、憲法を「改正する必要がある」と答えた人が27%、「改正する必要はない」と答えた人が28%、「どちらとも言えない」と答えた人が35%だった。他の世論調査でも、施行から10年以降は「護憲」が「改憲」を上回っているが、2000年代に入ると拮抗あるいは「改憲」が上回る年が増えている。
番組では、世論調査の変遷を軸に、独自に入手した資料や関係者の証言などから、この70年間、日本人がどのように憲法と向き合ってきたのかたどっていく。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:共謀罪 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4537-f64f9a7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad