JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

フランス大統領選挙から旧勢力が脱落! 新興勢力が決選投票に!

2017年4月24日(月)

フランス大統領選挙の投票が現地時間の4月23日に行われて
ちょっと前までは優勢を予想されていた極右のルペン氏が2位に、
選挙戦開始時は、泡沫扱いであった無所属の マクロン氏が1位
と云うフランスのマスコミも番狂わせと表現する結果となった。

ただ、投票日の1週間前頃には、マクロン氏とルペン氏が僅差で
他の2候補より上位に入ることは予想されていたようだ。

実際の得票でも、どの候補も20%前後であり、大差はつかなかった。

3位の共和党のフィヨン氏は、結果を受けて、右翼の進出を阻止するため
マクロン氏支持を選挙結果判明直後に宣言した。

4位の急進左派のメランション氏は、その時点では支持を明らかにしていない。
EU離脱を訴えてきた点から、マクロン氏を支持する訳にはゆかないのか!?



仏大統領選 マクロン氏とルペン氏が5月7日の決選投票へ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/204221
#日刊ゲンダイDIGITAL ー 2017年4月24日

 23日に行われたフランス大統領選(第1回投票)は、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン前経済相(39)と、極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首(48)が、5月7日の決選投票へ進出を決めた。

 主要4候補の得票率(開票率97%)はマクロン氏が23.9%とリードし、ルペン氏は21.4%、共和党のフィヨン元首相(63)は19.9%、急進左派・左翼党のメランション元共同党首(65)は19.6%となっている。

 決選投票ではEUの枠組みを堅持すると主張しているマクロン氏が有利と伝わる。

 為替市場は大統領選の開票結果を受け、24日朝のシドニー市場でユーロが急伸した。ドル円相場も、一時は1ドル=110円台後半まで円安が進んだ。

 株式市場は大統領選や円安を好感し、寄り付きから値を上げ、日経平均の午前終値は前週末比249円49銭高の1万8870円24銭だった。




‪仏大統領選:マクロン氏、ルペン氏決選へ EU・移民問う
2017年4月24日 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170424/k00/00e/030/180000c?fm=mnm‬

【パリ賀有勇、エナンボーモン(フランス北部)八田浩輔】
フランス大統領選の第1回投票が23日に行われ、即日開票の結果、欧州連合(EU)との協調を訴える中道・独立系のエマニュエル・マクロン前経済相(39)が首位、EU離脱や「反移民」を掲げる極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首(48)が2位となった。暫定投票率は78.27%。いずれも過半数に届かなかったため、両氏による決選投票が5月7日に行われる。EUの命運を左右する選択となる。

2大政党の候補者、決選投票に進めず
 11人が立候補した大統領選は、社会党と共和党の2大政党の候補者が初めて決選投票に進めない事態となり、政治体制「第5共和政」が始まった1958年以来続いてきた保革2大勢力の対立構図が崩れた。

 第1回投票直前の20日に起きた警官銃撃テロの影響は限定的だったとみられる。

 マクロン氏は23日夜、パリで「フランスと欧州に希望をもたらす」と決選投票に向けての意気込みを語った。ルペン氏は北部エナンボーモンで支持者を前に「国民をエリゼ宮(大統領府)に連れて行く最初の一歩となった。歴史的な結果だ」と述べた。

 マクロン氏は「右でも左でもない」と訴えて政党色を排し、これまで政権を担ってきた既存政党に不満を抱える有権者の取り込みに成功。ルペン氏は、自由貿易や移民に矛先を向けるなど、トランプ米大統領や英国のEU離脱決定をほうふつとさせる訴えを繰り返し、失業者や低賃金にあえぐ労働者など、左派の支持層にも浸透した。

 マクロン氏が開かれた欧州の統合推進を訴え、移民の受け入れにも寛容な姿勢を示す一方、ルペン氏はEU離脱を問う国民投票の実施のほか、移民の家族の呼び寄せの禁止や仏国籍付与の条件見直しなどの強硬姿勢を示し、両氏の対立構図は明瞭だ。

 決選投票では、第1回投票で敗れた候補者らの票をどれだけ集められるかが焦点となる。23日夜には、敗れた中道右派で共和党のフランソワ・フィヨン元首相(63)と左派候補で社会党のブノワ・アモン前教育相(49)が、マクロン氏支持を表明し、ルペン氏は苦戦が予想される。急進左派で左翼党のジャンリュック・メランション元共同党首(65)は決選投票で誰を支持するか明らかにしていない。

 調査会社イプソスが23日に公表した決選投票の支持率世論調査では、マクロン氏が62%、ルペン氏が38%。FNを巡っては、2002年の大統領選の決選投票で、有権者が「反極右」で結集し、ルペン氏の父でFN創設者のジャンマリ氏が大敗した経緯がある。

決選投票に進む候補者の略歴
◇エマニュエル・マクロン氏

 1977年12月21日、北部アミアン生まれ。エリートを養成する国立行政学院を卒業。会計検査官、大手投資銀行勤務を経て、2012年に大統領府入り。14~16年に経済相。16年春に市民運動「前進」を設立した。

◇マリーヌ・ルペン氏

 1968年8月5日、パリ西郊ヌイイ生まれ。極右「国民戦線」創始者で前党首のジャンマリ・ルペン氏の三女。パリ第2大卒業。弁護士を経て、欧州議会議員。2011年に2代目党首に。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4525-f33a8b43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad