JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

4月末が説得期限 追い詰められた金正恩に「中国亡命説」

2017年4月23日(日)

ちょっと有り得ないストーリーだと思うが、韓国紙がスクープした記事を
日刊ゲンダイが紹介している。

題して、
【4月末が説得期限 追い詰められた金正恩に「中国亡命説」】
日刊ゲンダイ ー 2017年4月23日

4月25日の北朝鮮にとっては大事なイベントを開催するが、
それを期限とする最後通告が行われているらしい。

それを越えれば、アメリカが先制攻撃するかも知れないと云う
恐ろしいシナリオである。

4月末が説得期限 追い詰められた金正恩に「中国亡命説」
日刊ゲンダイ ー 2017年4月23日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/204126
#日刊ゲンダイDIGITAL


 金正恩の“亡命説”は、危機を回避したい韓国国民の願望とともに広がっている。追い詰められた正恩が中国の説得を受け入れる可能性はあるのか。元韓国海軍少佐で拓殖大学の研究員、高永喆氏はこう言う。

「金正恩に亡命するように中国が説得しているのかどうか、まだハッキリしていません。ただ、“朝鮮日報”は大手紙だけに裏付けを取っているのでしょう。実際、中国サイドが『斬首作戦で米国に殺されるよりも、亡命した方が得策だ』と提案した可能性はあると思う。4月末までという期限の区切り方も絶妙です。ちょうど4月末まで大規模な米韓合同軍事演習が続きます」

■中国が本気で説得か

 金正恩の亡命は、米国と中国にとってベストシナリオだという。

「国際政治、安全保障にとって一番いいのは、現状維持です。現状を変えようとすると必ずトラブルになる。韓国、米国、中国、そしてロシアも、リスクの大きい北朝鮮の崩壊を望んでいない。ベストシナリオは、北朝鮮という国家が崩壊せず、“核”と“ミサイル”の脅威が取り除かれることです。そのためには危険な正恩を排除し、穏健な人物と代えることが手っ取り早い。米中会談でトランプ大統領と習主席が、正恩の亡命を話し合ったとしてもおかしくありません。ここ数日、トランプ大統領は『中国は一生懸命やってくれている』と、やたらと中国を称賛している。中国が本気で説得に乗り出しているのかもしれません」(高永喆氏)

 しかし、あの金正恩が素直に亡命するのかどうか。中国の説得は、最後通告の可能性もある。中国が正恩を見限った時、予想外の事態に突入するかもしれない。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4524-44d25e72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad