JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

化学兵器サリンを使用した?シリア軍基地に米国がミサイル攻撃!

2017年4月7日(金)

 シリア政府軍と思われる?勢力がシリア国内の反政府派の支配する地域を
化学兵器サリンを使用して攻撃し、子どもや乳幼児を含めて多くの自国民を
殺戮した。
 そのことは、許されるものではない!

 【後日追記:その後の報道で、シリア政府が毒ガス兵器を使用した証拠も
  無いし、使うことによって得られるものより失うものの方が遥かに多く、
  シリア政府軍が毒ガス兵器を使用した可能性は少ない、と言われている】

 しかし、このシリアの内戦(実際には米ロの代理戦争的な側面もあるが)に
米国が軍事介入して、ミサイルによる空爆を加えた。

 初の習・トランプ首脳会談の最中(さなか)に、シリア空爆をトランプ大統領が命令!
 プーチン・ロシア大統領は、シリア政府がこのサリン兵器使用を行ったのかどうかを
精細に調査した後に、報復を検討すべきだと言っていたようだが・・・

 日中首脳会談の最中に北朝鮮が実験ミサイル発射!
 米中首脳会談の最中にアメリカが実戦ミサイル空爆!
 国際関係は武力行使一色になりそうな気配である!
 自民党も便乗して「報復攻撃」を声高に主張し始めたし!


米国 シリアにミサイル攻撃
… アサド政権基地に50発超

 毎日新聞 - 2017年4月7日 14時14分


 上記、毎日新聞などによると
【地中海の洋上に展開する2隻の米艦船が59発の巡航ミサイル
「トマホーク」をシリアに向け発射。
CNNはシリア西部のシャイラット空軍基地が標的になったと伝えた。】

 そして安倍晋三政権は『案の定』 早速この攻撃を支持!

米、シリア攻撃
 安倍首相「米国政府の決意支持」

 毎日新聞 - 2017年4月7日 15時47分


  そうくるとは思ってはいたが、何と自主性もプライドも無いアメリカ追従!

 
シリア攻撃
民間人巻き込む恐れ…中東情勢さらに混迷

 毎日新聞 - 2017年4月7日 11時58


以下、私のfacebook 投稿より転載 

 結局この『反撃』でも犠牲になるのは
 殆どが民間人となるだろう。
 過去の事例がそれを悲劇的にも証明している!
 何故シリアの内戦に米軍が関わろうとするのだろうか?
 北朝鮮に対するシグナルと言う解説者も居るが、
北朝鮮に空爆とかしたら、核兵器も含む反撃を受けるのは
駐韓米軍であり、在日米軍基地である。
 今の処、米国東海岸に到達するまでの技術的到達には
至っていないとの判断で空爆するつもりなのだろうが、
攻撃を受けるのは韓国と日本であり、核兵器が使われたら
沖縄が更なる悲劇に襲われるだけでは無く、本土の米軍基地
も核兵器攻撃される可能性が高く、日本は壊滅する!
 トランプ大統領は何の痛みも感じないだろうが!
 米軍は北朝鮮の主要軍事基地の位置と能力を殆ど把握
しているのだろうが、トラック搭載型とか潜水艦搭載型も
既に開発しているようであり、反撃は必ず行われるだろう。
 「あらゆるオプション」から「軍事攻撃」「武力行使」などは
削除してほしいものだ!
 しかし、安倍晋三政権は、黙々と米軍に従う積もりのようで、
こういう危機感を米国に提示することさえしないだろう! 



     ***************




米、シリア攻撃
 安倍首相「米国政府の決意支持」

 毎日新聞 - 2017年4月7日 15時47分
 

 安倍晋三首相は7日午後、米軍によるシリア攻撃について「化学兵器の使用は絶対に許さないという米国政府の決意を、日本政府は支持する」と表明した。首相は米軍の攻撃を「事態の深刻化を防ぐ措置と理解している。国際秩序の維持と世界の平和・安全に対するトランプ大統領の強いコミットメントを高く評価する」とし、「米国をはじめ国際社会と連携し、世界の平和と安定のために日本が果たすべき役割をしっかり果たす」と訴えた。首相官邸で記者団に語った。 




米国 シリアにミサイル攻撃
… アサド政権基地に50発超

 毎日新聞 - 2017年4月7日 14時14分
 

【ワシントン高本耕太】
 トランプ米大統領は6日午後10時(日本時間7日午前11時)過ぎ、米軍に対してシリア国内の空軍基地を攻撃するよう命じたと発表した。米主要メディアによると巡航ミサイル59発が使用された。標的は4日にシリア北部イドリブ県で多数が死亡した空爆に使われた基地。トランプ氏は「独裁者のバッシャール・アサド(シリア大統領)が罪のない市民に猛毒の神経剤で恐るべき化学兵器攻撃を行った」と断言。シリアは化学兵器禁止条約に違反しており、米軍の攻撃は「米国の枢要な国家安全保障上の利益を守り、致死的な化学兵器の拡散と使用を防止するためだ」と説明した。

 「化学兵器」に対抗
 今年1月のトランプ政権誕生後、シリアへの直接的軍事攻撃は初めて。

 トランプ氏は米中首脳会談のため訪問中の南部フロリダ州で声明を発表。「シリアでの惨劇に終止符を打ち、テロを撲滅することを、全ての文明国家に呼びかける」と述べた。


シャイラット空軍基地の位置
 米主要メディアによると、地中海の洋上に展開する2隻の米艦船が59発の巡航ミサイル「トマホーク」をシリアに向け発射。CNNはシリア西部のシャイラット空軍基地が標的になったと伝えた。駐機中の戦闘機に加えて、シリア軍による空爆能力を無力化するため滑走路も爆撃の対象になったという。

 ロイター通信によると、標的になった基地にはロシア軍部隊も駐屯していたが、米軍はこの部分を回避して巡航ミサイル攻撃を行ったという。ロシアには事前通告を行ったという。

 ロイター通信によると、標的になった基地にはロシア軍部隊も駐屯していたが、米軍はこの部分を回避して巡航ミサイル攻撃を行ったという。ロシアには事前通告を行ったという。

 AFP通信によると、シリア国営テレビは米軍の攻撃について「侵略行為だ」と批判した。アサド政権の後ろ盾であるロシアの反発は必至だ。

 トランプ氏は、5日の記者会見でシリアでの4日の空爆について「(アサド政権は)いくつもの一線を越えた。このような極悪な行為を看過することはできない」と批判。シリア内戦や化学兵器使用への対処について「私に責任がある」と述べて介入を強く示唆していた。

 ティラーソン国務長官は6日の記者会見で、「アサド政権が化学兵器を使用したことに疑いはない。我々の情報がそのことを裏付けている」と指摘。「適切な措置を検討中だ」と述べていた。

 米メディアはミサイル攻撃に先立ち、シリアでの化学兵器使用を受け、国防総省がトランプ氏に対して、シリア空軍基地や化学兵器の生産拠点を対象にした攻撃の選択肢を提示したと報じていた。

 また、共和党のマケイン上院軍事委員長は同日、CNBCテレビのインタビューで、米政権がシリアへの軍事行動をとるにあたって「議会の事前承認は必要ない」との考えを示していた。 



シリア攻撃
民間人巻き込む恐れ…中東情勢さらに混迷

 毎日新聞 - 2017年4月7日 11時58
 

 米軍がシリアのアサド政権の関連施設に巡航ミサイルを発射した。シリアでは化学兵器を使用したとみられる空爆で反体制派支配地域の住民が多数死傷。トランプ米大統領がアサド政権を非難するなかでの軍事攻撃だった。国際情勢への悪影響や、民間人が被害を受けることへの懸念が広がっている。【杉本修作、金秀蓮、阿部亮介】

  中東情勢に詳しい山内昌之・明治大特任教授は「シリア北部イドリブ県で化学兵器が使用された空爆への報復だろう。化学兵器使用を『レッドライン(越えてはならない一線)』と表現したが軍事介入はしなかったオバマ政権とは違う。そう国際的に意思を示したかったのだろう。さらに、米中首脳会談が開かれている最中で、中国と北朝鮮に対する警告の意味合いもあるとみられる」と指摘する。

 現代イスラム研究センターの宮田律理事長は「米国がシリア政策を方針転換させた。オバマ政権はアサド政権に対して攻撃したことはなかった。アサド政権にとって誤算だったのではないか。中東情勢はさらに混迷するだろう」と分析する。

 シリア難民らの医療支援などを行っているNPO法人「日本イラク医療支援ネットワーク」(東京)の佐藤真紀事務局長は「アサド政権か、反体制派のどちらが化学兵器を使用したのかはまだはっきりしていない」と強調。「ミサイル攻撃によって化学兵器がなくなるわけではなく、民間人が巻き込まれる可能性もある。本当にアサド政権が化学兵器を使ったというのなら、化学兵器禁止条約の枠組みに沿って制裁を科すべきだ」と話した。

 現地の医療体制を支援している国際医療団体「国境なき医師団」の日本事務局によると、シリア国内で活動している日本人はいないが、周辺国では物資輸送や医療的なアドバイスなどの支援を行っている。広報担当者は「情報を知ったばかりなので、活動に影響があるかはまだ分からない」と話している。

 2014年末にシリアでクルド部隊と過激派組織「イスラム国」(IS)の戦闘を取材したアジアプレス所属のフリージャーナリスト、坂本卓さん(50)は「現地のクルド部隊の情報によると、トランプ政権になってから、米軍のシリアへの軍事的関与の度合いが変わっている。攻撃の意図は分からないが、化学兵器を誰が使ったかの何らかの確証があったのだろう」と推測した。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4508-cda0e3b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad