JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

とんでもない高度汚染地域に帰還させ支援を打ち切る安倍政権!

2017年3月31日(金)

 とんでもないことだ!

 今も福島原発からは、放射性物質が垂れ流され続けているし、
放射性汚染物質を『片づけて?』収納した「フレコンパック」があちこちに
広範に放置されているのに、そんな汚染地域に子どもも含む住民を
帰させるなんて!

 帰還希望者はやはり少ない様だが、帰還を希望しない人々にも
支援は続けられるべきである!

 その上、年度の区切りの4月1日ではなくて3月31日午前零時に
避難区域指定を解除したのも何かおかしい!
 おそらく、『平成28年度中に解除できた』と言うためだろう!


避難指示解除
31日に浪江・飯舘・川俣 帰還は1割未満

 毎日新聞 - 2017年3月31日 01時26分
 

 富岡町は4月1日
 政府は、東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示を福島県浪江町・飯舘村・川俣町で31日に、富岡町で4月1日に解除する。今回の解除で避難指示区域の面積は当初の3割まで縮小するが、当面の帰還住民は1割に満たない見通し。生活インフラや放射線量への不安が根強く、生活基盤が避難先に移ったのも要因だ。

 原発事故後、11市町村に広がった避難指示は2014年4月から順次解除。今回は4町村の「避難指示解除準備区域」と「居住制限区域」(計約3万2000人)が対象で、放射線量がより高い「帰還困難区域」は含まれない。面積は現在の3区域に設定された13年の約3割(369平方キロ)まで縮小する一方、7市町村に残る帰還困難区域は解除されず、第1原発が立地する大熊・双葉両町は全域で避難が続く。対象人口は約2万4000人で、政府は5年後をめどに同区域の一部を解除する方針。

 これまでの解除を含め、帰還対象者は9市町村で計5万2370人(昨年6月時点)。ただ、実際に帰還した人や帰還に向けて自宅宿泊に登録した人は8.6%にとどまっている。

 政府は放射線量が下がり、生活インフラが整ったとして解除を進めるが、9市町村の病院・診療所は事故前の3割弱、商店などの事業所数は2割程度にとどまっている。【土江洋範】



ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170331/k00/00m/040/114000c?fm=mnm#csidxbc436ea47e6b9dfbb701fe502f74259
Copyright 毎日新聞

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4501-4dc51826
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad