JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

小池・東京都知事の公明党との協力は裏目にでるかも!?

2017年3月15日(水)


 小池百合子さんは、今のところ都民の多くの共感と支持を得ているようだが、
自民党離脱組(現職都議)・民進党逃亡組(現職都議)などを会派に迎えて
都民の失望を買うとともに、これまでの『フリーハンド』の手を縛られる結果に
なる懸念があった。
 その上に、公明党と「政策協定」までして、選挙協力するとなると
公明党の『手練手管』(と言うか、勝ち馬に乗る風見鶏だが)に取り込まれて
身動きできなくなるのでは?

 豊洲疑惑解明などで後退すれば、数年前の『維新』同様、
メッキが剥がれるのに それほど時間が掛からないように思う。
 今の小池都知事の政治手法は『ポピュリズム』の定義に比較的近いのでは?

     ****************
東京都議選
公明と小池氏協力で自民に不満 きしむ連立政権
 毎日新聞 - 2017年3月16日 09時14分
http://mainichi.jp/senkyo/articles/20170316/k00/00m/010/152000c‬

東京都・選挙

「小池人気」前に、自民都連幹部「厳しい状況」
 東京都議選(7月2日投開票)の対応を巡り、自民、公明両党の関係がきしんでいる。
 公明党と小池百合子知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」が選挙協力を決め、自民党の苦戦が必至の情勢だからだ。
 連立政権への影響を避けるため、公明党は「都議選と国政は別」と切り離しに努めるが、自民側には不満が渦巻く。
 ただ、自民都連は収まっていない。都議がゼロになる衆院小選挙区が出る可能性もあり、自民党関係者は「衆院選の手足がなくなれば、東京の国会議員は納得できない」と指摘。衆院東京12区で公明党の太田昭宏前代表を支援してきた自民都議からは「次は応援できなくなる」との声も出ており、選挙結果によっては大きなしこりになる可能性がある。

 これに対し、公明党内には「小池氏と一緒に都政をやる、というだけでアピール力があり、都議選には有利に働く」との意見が圧倒的で、小池氏との連携を見直す声は出ていない。党関係者は「東京12区を捨てることになりかねない」と心配するが、党幹部は「国政と地方で枠組みが違うことはある。公明の勝利が衆院選での自民勝利につながる」と述べ、自民側の理解を求める構えだ。
【加藤明子、高橋克哉】

  

***********************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:小池百合子 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4485-22e7986c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad