JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

サソリ型ロボットも 身動き取れず却って今後の 調査の障害ゴミに!

2017年2月17日(金)

一方では東芝の原子力事業は国策民営で失敗したというニュースがある中で
福島第一原発2号機に投入された最新鋭サソリ型ロボットも途中で座礁し
測定は失敗に終わった。
そればかりでは無く、検査用に見付けたルート上で身動き取れ無くなり
今後の測定の障害物に なってしまった!

事故を起こした原発は人間の制御が及ばないものであることは、
既に多くの事実が証明しているが、測定さえままならないことが
改めて判明した訳である!


‪福島2号機:想定以上の破損 -
毎日新聞 ー 2017年2月16日
http://mainichi.jp/articles/20170217/k00/00m/040/116000c?fm=mnm‬

 東京電力福島第1原発2号機で、自走式の「サソリ型ロボット」を使った格納容器内部の調査は目標の原子炉直下まで到達できないまま、16日に終了した。2号機は水素爆発した1、3号機より損傷が比較的少ないと見られていたが、格納容器内部にある格子状の足場に穴が見つかるなど破損状況は想定以上に激しく、廃炉作業の難しさを改めて示した。

【動画】ロボ調査断念
<福島2号機>原子炉直下、到達できず…ロボ調査断念
<えっ、そんな軽装で?>福島第1原発にて
 「堆積(たいせき)物の情報などを収集できた世界初の調査で、失敗ではない」。東電の岡村祐一原子力・立地本部長代理は記者会見で強調した。サソリ型のカメラは格納容器内の配管などの状況もとらえており、今後の映像処理によってはより鮮明な画像を得られる可能性がある。

 しかしサソリ型は、レール上を2メートル余り進んだ地点で走行用ベルトが動かなくなり、溶融燃料の状況を確認することはできなかった。東電は今年夏にも、1~3号機の溶融燃料の取り出し方針を決定し、廃炉作業を本格化させる方針。今回の調査は「基礎データ」になるはずだったが2号機内部の全体像は不明のままで、調査の出直しを求められることは確実になった。

 次回調査の予定は決まっておらず、新たなロボット開発から始めなければならない可能性もある。東電は1号機については来月、別のロボットを投入する予定。3号機は格納容器の底の汚染水が多く、水中で動くロボットの開発を進めている。
【柳楽未来、岡田英】

ニュースサイトで読む:
http://mainichi.jp/articles/20170217/k00/00m/040/116000c?fm=mnm#csidxe2b7f39a516de1394f1ea6f835215e6
Copyright 毎日新聞




***********************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4459-40e922f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad