JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

小沢一郎氏 「共産党は600万の票があるが、中には保守の無党派層も含まれているんです。」

2017年2月13日(月)

 毎日新聞による自由党共同代表・小沢一郎氏に対するロングインタビュー

 今年行われるであろう 「衆議院選挙」に対して強い自信を示す!

 そのなかで、「共産党との連携について」述べた部分を引用
 (引用者により適宜改行・強調: 全体は、下記リンクよりお読みください)

松田喬和のずばり聞きます
 自由党共同代表・小沢一郎衆院議員

 毎日新聞 - 2017年2月13日 東京夕刊
 

【共産党との連携について】 

 --新党に共産党は入らないといっても、共産党と手を組むこと自体に拒否感がある人もいるのでは?

 小沢氏 それは違う。メリットしかない。

 共産党は600万の票があるが、中には保守の無党派層も含まれているんです。
僕らの支持者にも「自由党がいなければ共産党に入れる」という人もいる。

昔は共産党と聞くと拒否反応を示すのが普通だったけれど、今の若い人は違う。
一緒に新党を作るならともかく、選挙協力なら何の問題もない。

(民進党最大の支援組織)連合が「共産党と一緒に選挙は戦えない」と反発する声を聞くが、何も一緒に選挙支援をすることはない。別々に支援すればいいんです。候補者も、共産党の支援が嫌なら断ればいい。
ただ、今の野党で独力でそれだけの票を取れる人はそういないと思う。

 --それでは新党で内紛が起きませんか。

 小沢氏 それはない。民主党政権時の失敗は繰り返させない。

まず野党が一つの旗の下で戦うなら、何を共通の政策の柱にするか。
原発でも消費税でも安全保障法制でもいい。
三つ、四つは必ず合意できます。


原発で言えば、民進党は「2030年代に原発ゼロにする」と言っている。みんなでそれに合意すれば、後はプロセスをどうするかという問題だけです。
安保法も憲法の否定で、歴史の針を戻すものだ。絶対やるべきじゃない。

でも選挙を制しなければ政策は実現できない。
選挙は勝たなければいけないんです。
ニュースサイトで読む:
http://mainichi.jp/articles/20170213/dde/012/010/002000c…
Copyright 毎日新聞
 



***********************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 



松田喬和のずばり聞きます
 自由党共同代表・小沢一郎衆院議員

 毎日新聞 - 2017年2月13日 東京夕刊
 

【次の衆院選で負ければ政権交代はあきらめる】
 小沢一郎・自由党共同代表がアツい。
 過去2度、自民党を下野させた「剛腕」が、今度は安倍晋三政権打倒を掲げて永田町を駆け回り、3度目の夢に挑戦中だ。
 野党共闘と政権交代の道筋をどう描くのか、小池百合子・東京都知事との連携はあるのか。
 松田喬和・毎日新聞特別顧問が直撃した。
【「格差是正」の大義の旗立てる】
  野党がまとまれば100%勝つ
 --小沢さんは1994年成立の選挙制度改革を主導しました。政権交代が可能な選挙の仕組みにするのが目的でしたが、今や永田町は「安倍1強」と評される有り様です。この状況を予想していましたか。
 小沢氏 もちろん。今の状況は、議会制民主主義の中で、野党に政権を担うだけの資質が育ちきっていない、ということです。日本人はせっかちで、すぐ結果を求める傾向があるが、あの英国だって、民主主義が今のように育つまで長い時間がかかっている。日本は今、少しもたついているが、日本人に民主主義をたたき込むにはもう一度政権交代をしなきゃ。「二度あることは三度ある」のです。
 --野党が国民の受け皿になっていないことが問題です。
 小沢氏 そこなんです。「安倍1強」と言うが、よく考えてほしい。民主党だって、115議席から2009年の政権交代選挙で308議席に増えて「民主1強」になった。つまり「1強」といっても大したことはないんです。だからまず国民が「政権を任せてみてもいい」と思える体制を野党が作ること。そこを国民に見せなきゃ。そうすれば間違いなく政権交代は起きます。

【小池東京都知事との距離感】
 --都議選では、絶大な人気を集めると思われる小池都知事の動向が鍵になります。今後の国政を見据え、野党と小池さんとの連携は可能ですか。
 小沢氏 でも小池さん、自民党の籍を抜いてないでしょ。
 --自民党との関係を清算していないことが弱点になると?
 小沢氏 小池さんの人気も、かつて日本維新の会が台頭した理由も、野党が反自民の立場を発信できなかった裏返しなんですよ。
維新は反自民の有権者の人気を集めたが、どんどん自民党寄りになって有権者が離れた。
小池さんも「自民党と戦う」というイメージで人気を得ているが、自民党に足を置く今のスタンスを続ければ必ず維新の二の舞いになる。
そうではなく、体制批判のリーダーたらんという覚悟があれば、彼女はいい線いきますよ。
 --つまり自民党への反発は有権者に根強い。
 小沢氏 そう。だから次の選挙で勝つ。
野党がまとまれば100%勝ちます。
政権を目指さない政治家は即時退場すべし。
次、勝てなきゃ野党は半永久的に政権は取れない。そうなれば僕もあきらめるしかない。
 --政権獲得には無党派層をつかむことが“決め手”ですが、勝算をお持ちですか?
 小沢氏 野党が一体になって国民に問えば、選挙に関心が高まり、投票率が上がります。
しかも増えた票は自民党に行かず、多くは野党に来る。

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170213/dde/012/010/002000c…
Copyright 毎日新聞 



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本共産党 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4455-1bd7b586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad