JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【経済民主主義指数】では、最下位から米国2番目、日本4番目、英国8番目!

2017年1月19日(木)

⇒ 「経済民主主義指数」では北欧の諸国が上位を占め
  アメリカ合州国は Worst 2、日本は Worst 4、英国は Worst 8
  それが、グローバル経済の現実!

20170119215951426.jpg


     *************

日本はワースト4位、「経済民主主義指数」が示す格差への処方箋
 Newsweek - 2017年1月18日(水)20時40分
 アンドリュー・カンバース(英グラスゴー大学教授)
 

 OECD(経済協力開発機構)加盟国のうちトルコやメキシコを除く32カ国を対象に、独自に開発した「経済民主主義指数」を算出した。
 
 重視した調査項目は3つある。
1つは「職場および労働者の権利」。
2つ目は「経済に関する決定権の分配」。 
  これには金融セクターの強さや徴税権の中央集権化の度合いまで
  様々な項目が含まれる。
3つ目は「マクロ経済政策における決定権の透明性と民主化度」。

腐敗、説明責任、中央銀行の透明性、政策決定の過程に社会の多様な構成員(ステークホルダー)が関与しているかどうかも、調査の対象だ。

 目を見張るのは、同じ資本主義でもより社会主義的な色合いが濃い北欧の国々と、自由な市場を重視するアングロ・アメリカン(英米系)の国々との間にみられる違いだ。

 上位にいる北欧の国々では総じてセーフティーネットが手厚く、労働者の権利が守られ、経済活動に関する決定に人々が民主的に参加する仕組みが整っている。
 それに対して英語圏の国では規制緩和が進み、富が一部に集中して経済の民主化の程度が劣っている。アメリカの順位は特に低く、最下位のスロバキアに続くワースト2。イギリスも32カ国中25位と振るわない(編集部注:日本は最下位から4番目だ)。





**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4430-9fffa8b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad