JUNSKY blog 2016

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

東京都・豊洲市場 72ヶ所で最大79倍のベンゼンなど汚染物質を検出 廃止しか無い!

2017年1月15日(日)

東京ガスの跡地に計画した時点で反対の声が多かったのに、
市場関係者や識者の意見を無視して元東京都知事・石原慎太郎が
推進してきて「土壌汚染」問題や「地下空洞問題(その空洞にも汚染水発見)」
などの様々な問題が発覚してきた豊洲市場計画。

昨日、発表された「土壌汚染」のレベルは、最高で基準の79倍の高さ。

その上、72ヶ所もの多くのポイントで検出されたと云う。

豊洲市場移転は白紙撤回し、廃止しか無い!

「市場をやめてカジノにしたら?!」と云う意見もあるようだが
とんでもないことである!


猛毒シアン出た!豊洲市場白紙も…小池都知事「驚いている」
 スポーツ報知 1/15(日) 5:03配信

201701152347480a5.jpg
   モニタリングの結果を受け、取材に答えた小池百合子東京都知事


【関連記事】

東京・豊洲新市場:移転判断先送りへ 有害物質、基準の79倍 近く再調査‪ ‬
 ‪毎日新聞 - 2017年1月15日‬


豊洲有害物質:予期せぬ高濃度 汚染72カ所に
 ‪毎日新聞 - 2017年1月15日



**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




猛毒シアン出た!豊洲市場白紙も…小池都知事「驚いている」
 スポーツ報知 1/15(日) 5:03配信
 

 東京・築地市場の移転先となる豊洲市場の第9回地下水モニタリング調査の最終結果が14日、発表され、検出されないことが環境基準の猛毒の有害物質「シアン」が初めて検出された。環境基準の79倍のベンゼン、同3・8倍のヒ素も検出され、豊洲移転は、危機的状況に陥った。土壌汚染対策を検討する「専門家会議」は今回の数値を暫定扱いとし、3月までに再調査すると明言したが、次回も同様の結果が出た場合、豊洲移転は白紙となる可能性もある。

 検査は、市場の敷地内201か所で地下水1リットルあたりの濃度を観測。この日発表された数値では、前回までの計8回で一度も検出されなかったシアンが、39か所で最大1・2ミリグラムが検出された。ベンゼンは基準値以上を35か所で、ヒ素は20か所で検出された。

 「シアン」は、今回の場合は「全てのシアン化合物」のことを指す。特に有害性の強い物質とされ、青酸カリとして知られるシアン化カリウムなども含まれる。今回の調査の基準値は、ベンゼン、ヒ素、鉛は0・01ミリグラム、水銀が0・0005ミリグラムなのに対し、シアンは検出されるだけで即アウト。それだけ、出てはいけない代物だった。

 この日午後に行われた専門家会議で、平田健正放送大和歌山学習センター所長は「異常な数値でビックリしている」と戸惑いを隠さなかった。過去7回目まではいずれも基準を下回っていた。8回目(昨年9月公表)の調査でもベンゼンは環境基準の1・4倍だっただけに「なぜこんなに急に上がったのか。こういう経験は今までない」と平田氏。あまりにも高すぎるため、今回の数値を「暫定値」とし、3月までに再調査する意向を示した。

 委員からは前回調査後から地下水管理システムを稼働させたことや水を採取した観測用の井戸に原因があった可能性が挙げられた。精度を高めるため、次回は3団体に調査を依頼するという。

 小池百合子知事(64)はこの日「厳しい結果で、想定を超える高い数値が出て驚いている」と険しい表情で語った。「専門家会議の議論を参考にしたい」と述べるにとどめたが、次回の調査で同様の結果なら、豊洲移転自体がとん挫する可能性もある。

 白紙撤回を避けることができたとしても、移転時期は大幅に遅れることは確実。最短で今年末に開場する見通しだったが今回の「暫定値」がそのまま確定となり、6月の環境アセスメントをクリアできなかった場合は、19年春以降にずれ込むことになる。

 築地市場の業者には「これでは、とても移転できない」など憤りと動揺が広がった。水産仲卸会社社長の山崎康弘さん(47)は「(都が)改ざんしていたと疑われても仕方ない。何より消費者が納得しない」と語気を強めた。豊洲移転問題の出口は、まだ見えない。





東京・豊洲新市場:移転判断先送りへ 有害物質、基準の79倍 近く再調査‪ ‬
 ‪毎日新聞 - 2017年1月15日‬
 

 東京都の築地市場(中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)で都が実施した最終9回目の地下水モニタリングで、201カ所の調査地点のうち計72カ所で有害物質が国の環境基準値を上回ったことが14日、分かった。最大で基準値の79倍のベンゼンと3.8倍のヒ素、不検出であるべきシアン化合物も検出された。外部有識者の「専門家会議」は数値を「暫定値」とし、再調査を決めた。小池百合子知事が「今夏までに」としていた移転の可否判断時期の先送りは不可避となった。

 都は2014年11月以降、2~3カ月ごとに豊洲市場に作った観測井戸で地下水モニタリングを実施。16年8~9月に行われた8回目の調査で初めて、基準値の1.1~1.4倍のベンゼンと1・9倍のヒ素が、青果棟のある5街区の計3カ所で検出された。最終調査では検出箇所と数値のいずれもが、8回目を大幅に上回った。

 今回の結果を受け、同会議座長の平田健正・放送大和歌山学習センター所長は「このような急激な数値の上昇はあまり例がない。近く再調査を実施して、3月中にも結果を公表したい」と述べた。再調査は複数回になる見通し。

 一方、小池知事は同日午後、都内で報道陣の取材に応じ「想定を超える数値に驚いている。原因を専門家会議と都の市場問題プロジェクトチーム(PT)でダブルチェックしてもらう」と述べた。移転の可否判断の時期は「その結果次第」とした。再調査の結果公表時期は3月中だが、その後のスケジュールは白紙となった。

 小池知事が昨年11月に公表した工程表では、今年4~5月に専門家会議と市場問題PTが豊洲市場の安全性を最終確認し、同6~7月に環境影響評価(環境アセスメント)の審議を実施する予定だった。アセスの変更が一部にとどまれば、小池知事が今夏にも移転の可否判断を下し、最速で今年末~18年春に移転の環境が整うとしていた。【川畑さおり、円谷美晶】

 【ことば】ベンゼン

 常温では無色透明の液体で、引火性の高い化学物質。発がん性があり、目や喉など粘膜への刺激や皮膚の炎症を引き起こす。高濃度の場合には目まいや頭痛、嘔吐(おうと)などの症状が出る。

 【ことば】シアン化合物

 「シアン化物イオン」を含む化学物質の総称。毒劇物に指定されている青酸カリなども含まれる。金属メッキや分析試薬に使われている。少量でも体内に取り込むと目まいや頭痛、吐き気など全身に中毒症状が表れ、一定量を超えると短時間で死に至る。豊洲市場の予定地は東京ガスの工場跡地で、石炭から都市ガスを製造する過程で、ベンゼンやシアン化合物、ヒ素などの有害物質が土壌に浸透したとされる。

ニュースサイトで読む:
http://mainichi.jp/articles/20170115/k00/00m/040/063000c#csidxe9a0281d098ebe2a1a2f8517b7f52a3
Copyright 毎日新聞



豊洲有害物質:予期せぬ高濃度 汚染72カ所に
 ‪毎日新聞 - 2017年1月15日
 

 東京都の豊洲市場(江東区)の地下水から環境基準値を大幅に超える有害物質が検出されたことで、都は再調査を余儀なくされた。外部有識者の「専門家会議」は原因を特定できていない。市場業者への補償費も増大しており、小池百合子知事は移転の可否を巡り厳しい判断を迫られることになった。

 「どう評価していいのか戸惑う」。14日開かれた専門家会議では、想定外の高い数値に委員から驚きの声が漏れた。座長の平田健正・放送大和歌山学習センター所長は「明確な結論は出せない」として評価については明言せず、同会議が直接関わって、近く最初の再調査に着手すると表明した。

ニュースサイトで読む:
http://mainichi.jp/articles/20170115/k00/00m/040/109000c#csidxf962b6d9ab49831b21dcb1384d2d953
Copyright 毎日新聞




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:小池百合子 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4426-697dc0e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

防衛装備庁に「安全保障技術研究推進制度」の廃止を要請し、各大学・研究機関に応募しないよう求める緊急署名

私も署名しました。 先生や学生を戦争に巻き込むべきではないと思います。 防衛装備庁に「安全保障技術研究推進制度」の廃止を要請し、  各大学・研究機関に応募しないよう求める緊急署名 http://no-military-research.jp/shomei/ ・・・・・ 私たちは、戦時中に科学者が軍に協力したことの痛切な反省をもとに、「軍事研究を行わない」と誓った戦後の学術の原点...

  • 2017/01/16(月)00:00:46 |
  • 政治Ⅱ

FC2Ad