JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

「恥ずかしい」 飯塚市長・副市長 賭けマージャン辞職

2017年1月12日(木)

市役所の職員は勤務中の平日の昼間から賭けマージャンをしていて
全国に恥を晒した 福岡県飯塚市の市長と副市長が辞任したが、
賭けマージャンの違法性には無頓着のようです!

少額の?賭けマージャンは、「それ程問題では無い」との
居直り発言が市民をますます怒らせたようです。

以下、西日本新聞の記事から!

開き直り発言あだ 抗議1000件「事態を収拾」
 飯塚市長・副市長 平日昼間の「賭けマージャン」で辞職

 =2017/01/12付 西日本新聞朝刊=
 

Nishinippon_201701120004_IIDUKA-001.jpg

「恥ずかしい」 飯塚市長、副市長辞職へ 市民から厳しい声
 =2017/01/12付 西日本新聞朝刊=



**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 





開き直り発言あだ 抗議1000件「事態を収拾」
 飯塚市長・副市長 平日昼間の「賭けマージャン」で辞職

 =2017/01/12付 西日本新聞朝刊=
 

 街のイメージをどこまでおとしめるのか-。平日昼に賭けマージャンをした問題で辞職を表明した福岡県飯塚市の斉藤守史市長と田中秀哲副市長。発覚後も「賭けないと面白くない」「職は辞さない」と強弁し、市民の怒りに油を注いだ。自らの発言が招いた炎上は収まらず、発覚から3週間で追い込まれた辞職。11日の記者会見では、打って変わって疲れた表情を見せた。

Nishinippon_201701120004_IIDUKA-002.jpg

 昨年12月22日の記者会見で、斉藤市長は「賭けないでする人が世の中に何%いるのか。賭けないとマージャン人口が減る」と開き直り、副市長も「ゴルフでチョコレートを賭けるようなもの」と追随した。

 賭けマージャンを容認するかのような一連の発言は4日後に撤回したものの、テレビやインターネットで繰り返し取り上げられたことで世論の反感を高めた。信頼回復に失敗し「辞職やむなし」との空気が支援者や市民の間に広がり、突然の辞意表明となった。

 市役所には苦情や2人の辞職を求める電話やメールが寄せられ、11日午後には千件を超えた。職員が対応に追われ、仕事にならない日が続いた。

 この日の記者会見で斉藤市長は「相当数の批判の声があった。十二分に受け止めた」とうなだれた。「私が市長の職にとどまることで市の負のイメージが増すことになれば、市民と協働で築き上げたものが水泡に帰す」とも述べ、任期を1年3カ月残し、新市庁舎完成を間近に控えての辞職に悔しさもにじませた。

 午後3時からの会見に先立ち、斉藤市長は部長以上の幹部職員を集めて庁議を開いて辞意を伝えると、すぐに市議会議長に辞職願を提出。問題発覚後も一貫して「任期を全うしたい」と強調していたが、「一日も早く事態を収拾したい。私が身を引くのが一番の方法」と白旗を揚げた。

 地元の市民団体「資産公開を考える会」の有松賢作会長(75)は、市長が市政治倫理審査会に進退の判断を委ね、辞職勧告が出れば応じる考えを示していたことを批判し「トップとして出処進退は自分で決めるべきで辞職は当然」と指摘。「行政全体で飯塚のイメージ回復に努めてもらいたい」と強調した。

 「飯塚の未来を考える市民の会」の小畠久司代表(68)は「辞めたから終わりではない。賭けマージャン問題の背景に何があるのか、市民に説明責任を果たすべきだ」と注文した。

=2017/01/12付 西日本新聞朝刊=



「恥ずかしい」 飯塚市長、副市長辞職へ 市民から厳しい声
 =2017/01/12付 西日本新聞朝刊=

 平日昼の賭けマージャン問題で飯塚市の斉藤守史市長と田中秀哲副市長が今月31日付での辞職を表明した11日、市民からは「恥ずかしい」「もっときちんと謝罪すべきだ」との厳しい反応が相次ぎ、次期市長の市政運営に期待する声も漏れた。

 同市の商店街で80年以上続く日用雑貨店を営む男性(65)は「けじめをつけんといかんので、もっと早く辞めるべきだった。遅きに失したが、ともかく辞職することはよかった。次の市長には、しっかりと市民のことを考えてもらいたい」と突き放した。

 「辞めるだけではなくて、もっときちんと謝罪をすべきだと思う」と話したのは嘉穂東高3年の宇佐見智子さん(18)。「私の住んでいる所の市長が賭けマージャンをやっているのが恥ずかしかった」と顔をしかめた。

 賭けマージャンが判明して開いた昨年12月22日の記者会見では賭けを容認する発言をし、世間の反感を高めた。同市本町の子育て中の主婦(38)は「飯塚市がこんなことで全国区になって情けない」。

 斉藤市長の母校嘉穂高の同窓会会長、吉岡輝城さん(75)は「市長の教育行政に関して評価していただけに残念だ」と言葉少なに話し、「次期市政でも取り組みを継承してもらいたい」とした。

 市長は8日の成人式を欠席するなど、公的な場所で発言できない状況が続いていた。飯塚市の九州工業大1年の男子学生(18)は「一度やらかしたから、反省して飯塚市をよりよくしてくれるんじゃないかとも思う。やり遂げてもよかったんじゃないか」と話した。

 トップ2人の辞職により市議会のあり方も問われており、鯉川信二議長は「新しい体制のもとで早急に市政運営が正常化されることを期待する。議会としても審査機関、監視機関として適切にその役目を果たしていきたい」とのコメントを出した。

=2017/01/12付 西日本新聞朝刊=



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4423-d71552fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad