JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

「やはり墜落だ」 安慶田副知事が墜落現場視察 (琉球新報)

2016年12月17日(土)

政府も大手マスコミも依然として『不時着』との言い分を押し通す
沖縄沿岸での 「オスプレイ墜落」 地元沖縄のメディアは「墜落」との
視点を明確に打ち出している。

【琉球新報】2016年12月17日付けより

「やはり墜落だ」 安慶田副知事が墜落現場視察
2016年12月17日 16:19

オスプレイ 墜落

オスプレイの墜落現場で機体の様子や集落までの距離など状況を見る安慶田光男副知事(左から2人目)=17日午後3時8分、名護市安部

【名護】
安慶田光男副知事は17日午後、米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが墜落した名護市安部の海岸を視察した。国吉盛純名護署長の案内を受けながら、機体を約100メートルの距離で見た安慶田副知事は「機体が大破しているのを見ると、やはりこれは墜落だなという感じがする」との見解を示した。墜落地点が安部集落から約1キロの近さであることから「一歩間違えれば集落に落ちて大変なことになる」と話した。
 週明けにもオスプレイの飛行が再開されることについて「県に正式な連絡はない」と述べ「事故原因が究明されるまでは再開しないようにと国も言っている。米政府は県民や国民、日本政府に真摯(しんし)に応えるべきだ」と強調した。
 若宮健嗣防衛副大臣が15日に墜落地点から約800メートルの浜まで視察に訪れたものの、墜落地点までは近づかなかったことに対しては「どういう事情か分からないが」と前置きした上で「入れるところまで入って詳しく見てほしかった」と要望した。
 砂浜で実施されていた立ち入り規制は午後3時45分、県警が解除した。【琉球新報電子版】



オスプレイ事故、4段階で最も重大な「A級」 米海軍
朝日新聞 ー ワシントン=佐藤武嗣2016年12月16日11時07分

201612172004292d1.jpg

防護服で機体解体 墜落のオスプレイ 海保の捜査困難に
2016年12月17日 07:30

201612172056555d3.jpg
防護服を着込み、尾翼部分を電動工具を使って解体する米軍関係者=16日午後1時45分ごろ、名護市安部(具志堅千恵子撮影)

【名護】
普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ墜落現場の名護市安部海岸で16日、防護服を着込んだ米軍関係者らが機体を工具で切断した。現場は浅瀬で海からも陸からも機体回収が困難だったため、部分解体して回収した。墜落事故を巡っては、第11管区海上保安本部(11管)が航空危険行為処罰法違反での立件を目指し捜査に着手し、米軍に捜査協力を申し入れたが、米軍は11管に回答しないまま証拠となる事故機を「米軍財産」と位置付け、回収を進めている形だ。
 2004年の沖国大米軍ヘリ墜落事故と同様に、日米地位協定の壁に阻まれ、捜査ができない事態となっている。16日はゴムボートで「竜」と書かれた尾翼部分などを回収し、墜落現場から約800メートル離れた浜に引き揚げ、トラックで運んだ。17日以降も解体作業を継続するとみられる。




以下の画像は、ネット検索による。出自不明

20161217203626914.jpg
2016121720362422e.jpg
20161217203623d16.jpg
20161217203621ec0.jpg
20161217203620a7e.jpg
20161217203826713.jpg
20161217203824787.jpg
20161217203823861.jpg
20161217203822322.jpg
この海上に墜落した機体とは別のオスプレイが、空港に胴体着陸した!





**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4395-7944f52e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad