JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

大川小学校の津波訴訟 石巻市などに14億円余の賠償命令

2016年10月27日(木)

5年半前の東日本大震災での大津波に飲み込まれて
避難先へ移動中の児童72人と教員10人が 亡くなった事故について
仙台地裁が石巻市と宮城県に対して14億円の賠償を命じる判決を
下した。

『津波テンデンコ』と言う先人の教訓が活かされず、早く裏山に逃げよう
と言う子どもの声も聞かずに、長い間校庭に待機させたことが、
大勢が亡くなってしまう原因であった!

ニュースによれば、地震発生から津波の来襲までは、50分もの
時間的余裕があったとのこと。

充分逃げ切れる時間が有っただけに悔やまれるし
家族が学校の対応を恨む気持ちも解る気がする。

【石巻の悲劇】 に対して、一人の犠牲者も出さなかった
【釜石の奇跡】 が大きな教訓に成ると思われる!

・・・・・・・・・


大川小学校の津波訴訟 石巻市などに14億円余の賠償命令
NHK – NewsWeb ー 2016年10月26日 18時08分 

東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市の大川小学校の児童の遺族が訴えた裁判で、仙台地方裁判所は「市の広報車が避難を呼びかけたのを教員らが聞いた時点で、津波が到達する危険を予測できた」と指摘して、石巻市などに対し原告全員に14億円余りの賠償を支払うよう命じました。
石巻市の大川小学校は、学校の管理下としては震災で最も多い74人の児童が津波の犠牲になり、このうち23人の児童の遺族は石巻市と宮城県に対し1人当たり1億円、合わせて23億円の賠償を求める訴えを起こしました。
裁判では海岸からおよそ4キロ離れた小学校まで津波が来ることを学校側が予測できたかどうかなどが大きな争点となりました。

26日の判決で、仙台地方裁判所の高宮健二裁判長は、石巻市と宮城県に対し原告全員に合わせて14億2600万円余りの賠償を支払うよう命じました。
判決では「津波が襲ってくる7分前の遅くとも午後3時半ごろまでには、石巻市の広報車が津波が松林を越えてきていることを告げながら避難を呼びかけたのを、教員らが聞いていたと認められ、この時点で小学校に津波が到達する危険を予測できた」と指摘しました。そのうえで、「教員らが校庭からの移動先として目指した川沿いの交差点の標高は7メートル余りしかなく、避難場所としては不適当だった。一方で、近くの裏山には小走りで1分程度で移動できたうえ、過去に学習の場などで児童も登っていた場所で、避難するのに具体的支障はなく、避難についての過失があった」と指摘しました。

また、裁判所は「教員らはみずからの判断で自主的に避難することができない児童らを可能なかぎり避難させるべき義務を負い、多少の混乱をいとわずに児童らをせかし、小走りで移動させてでも早期の避難を最優先すべきだった」という判断を示しました。

大川小学校は当時、津波の避難場所に指定されていて、宮城、岩手、福島の3県の教育委員会によりますと、震災をめぐる裁判で、避難場所に指定された学校からさらに避難することについて過失が認められたのは初めてです。
 




**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:裁判 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4345-5f614b8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad