JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

衆議院補欠選挙での共産支持層の動向(出口調査)についてメディアで大きな差!

2016年10月26日(水)

 10月23日が最終投票日(公示翌日からは毎日が投票日)だった
衆議院東京10区と福岡6区における民進党公認候補に対する
日本共産党『支持層』(この判断基準が良く解らないが)の投票動向
について、時事通信と西日本新聞で大きな乖離が起こっている。

 例えば福岡6区について、時事通信では
民進党支持層の8割、共産党支持層は(民進党支持層を上回る)
9割が新井ふみ子候補に投票したと云う反応を示しているのに対して、
西日本新聞では、民進党支持層の8割、共産党支持層の5割強
新井ふみ子候補に投票したが、共産党支持層の4割弱が鳩山候補に
投票したと云う結果となっている。

 おそらく、『共産党支持層』 の選定の仕方が異なるのであろう。
例えば、「従来から日本共産党に投票している」人とするか、
「今年の参議院選挙で日本共産党に投票している」人とするかで
大きく異なると思う。

 いかにせよ、興味深い結果であり、出口調査の結果を、そのまま
鵜呑みにしたら大きな間違いを犯す可能性があると云うことだ。

    **************

自民支持層8割が鳩山氏へ 衆院福岡6区補選、出口調査
 西日本新聞 - 2016年10月25日 00時28分

 【鳩山氏は、公明支持層も9割近くを固め、民進支持層の2割、
 共産支持層の4割にも食い込んだ。
  民進党の新井富美子氏(49)は民進支持層の8割近くから得票したが、
 共産支持層は5割しか固めきれず、無党派層でも2割強にとどまった。】

Nisinippon_20161024-01.jpg


「小池票」8割が若狭氏=共産票8割以上、民進に-衆院補選・時事出口調査
 時事通信 - 2016年10月23日21時27分

 【東京10区民進党新人の鈴木庸介氏は、同党支持層の9割弱、
 共産支持層の8割を固めた。無党派層の支持はそれぞれ約5割で拮抗した。
  福岡6区では、民進新人の新井富美子氏は同党支持層の8割弱、
 共産支持層の9割弱を固めた。
  無党派層の支持は鳩山氏が6割弱、新井氏が3割弱だった。】


**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 



自民支持層8割が鳩山氏へ 衆院福岡6区補選、出口調査
 西日本新聞 - 2016年10月25日 00時28分
 

 23日投開票の衆院福岡6区補欠選挙で、西日本新聞社が投票を終えた有権者に実施した「出口調査」によると、10万票超の得票で大勝した鳩山二郎氏(37)が、自民支持層の8割近く、無党派層の6割強の票を得ていたことが分かった。自民県連が推薦した蔵内謙氏(35)がまとめた自民支持層は2割に満たなかった。

 調査は久留米、小郡、大川、うきは4市の24投票所で行い、計1403人から回答を得た。

 鳩山氏は、公明支持層も9割近くを固め、民進支持層の2割、共産支持層の4割にも食い込んだ。性別に関係なく浸透し、世代別でも30代以上の得票率は6割を超えた。

 民進党の新井富美子氏(49)は民進支持層の8割近くから得票したが、共産支持層は5割しか固めきれず、無党派層でも2割強にとどまった。蔵内氏は自民支持層の大半を鳩山氏に奪われ、無党派層からの支持も1割に届かなかった。

 2014年の前回衆院選で鳩山邦夫氏に投票した人のうち、今回、次男の鳩山二郎氏に投票したのは7割を超え、蔵内氏は1割にとどまった。一方、前回衆院選で共産公認の金子睦美氏に投票した人のうち8割が新井氏に投票したが、鳩山氏に投票した割合も1割超いた。

 開票結果を6市町別の得票率でみると、鳩山氏は市長を務めた大川市で8割、大木町で7割をそれぞれ超え、他の4市町でも6割前後に上った。新井氏は出身地の久留米市でも3割に満たず、鳩山氏に倍以上の差をつけられた。

=2016/10/25付 西日本新聞朝刊= 



「小池票」8割が若狭氏=共産票8割以上、民進に-衆院補選・時事出口調査
 時事通信 - 2016年10月23日21時27分
 

 23日投開票された衆院東京10区、福岡6区両補欠選挙で、時事通信が行った出口調査によると、東京10区で自民党前職の若狭勝氏は、前回2014年衆院選で小池百合子東京都知事に投票した層の79.1%を固めた。一方、両選挙区で民進党候補は共産支持層の8割以上の支持を集め、一定の共闘効果を示した。

 東京10区で若狭氏は自民支持層の9割以上、推薦を受けた公明支持層の8割弱を獲得。これに対し民進党新人の鈴木庸介氏は、同党支持層の9割弱、共産支持層の8割を固めた。無党派層の支持はそれぞれ約5割で拮抗(きっこう)した。
 福岡6区では、自民党が追加公認した新人の鳩山二郎氏に同党支持層の7割超が流れた。自民分裂選挙で鳩山氏と争った無所属新人の蔵内謙氏への支持は約2割にとどまった。
 民進新人の新井富美子氏は同党支持層の8割弱、共産支持層の9割弱を固めた。無党派層の支持は鳩山氏が6割弱、新井氏が3割弱だった。
 両補選の出口調査で安倍内閣を支持すると答えた人は45.0%で、不支持は30.3%。有効回答者数は東京10区が480人、福岡6区が463人だった。 





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4344-6c17aec4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad