JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

鳥取県で震度6弱 マグニチュード6.6 の大地震が発生! その後も群発地震が続く

2016年10月21日(金)

鳥取県で震度6弱 マグニチュード6.6 の大地震が発生!
http://typhoon.yahoo.co.jp/…/eme…/detail/00000004991671.html
2016年10月21日 14:07
その後、絶え間ない群発地震が続いている。
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/list/

鳥取県中部でM6.6・最大震度6弱の地震、
鳥取県を中心に負傷者や家屋損壊などの被害

 YAHOO! ニュース - 2016年10月22日 5時00分 




鳥取で震度6弱 津波の心配なし
毎日新聞2016年10月21日 14時14分(最終更新 10月21日 17時56分)

 気象庁によると21日午後2時7分ごろ、鳥取県中部を震源とする地震が発生し、同県倉吉市などで震度6弱を観測した。震源の深さは約10キロで地震の規模はマグニチュード(M)6.6と推定される。震度6弱はこの他、同県の湯梨浜町と北栄町。鳥取市内でも震度5強を観測した。この地震による津波の心配はないという。
(以下略)



********

10月23日追記

 鳥取大名誉教授の西田良平氏(地震学)による解説から 

 兵庫県北部でM6.8の北但馬地震(1925年)、
 京都府の丹後半島でM7.3の北丹後地震(1927年)など、
大きい地震が立て続けに近畿地方を襲いました。
 そして1943年に鳥取地震が発生すると、
その翌年にM7.9の東南海地震が起き、
1946年にM8.0の南海地震が発生したのです。
つまり、見方によっては、今回の鳥取県中部の地震を
南海トラフ地震の予兆と捉えることもできます。
 (日刊ゲンダイ - 2016年10月23日より) 



地震学者が危険性指摘 鳥取巨大地震は南海トラフの予兆か
 日刊ゲンダイ - 2016年10月23日
 

 21日午後2時7分ごろ、鳥取県中部の倉吉市や湯梨浜町で震度6弱(M6.6)の地震があった。死者の情報はないが、鳥取県内で約4万戸が停電し、家屋の倒壊も発生。一斉に緊急地震速報が流れ、3.11の恐怖を思い出した人もいたのではないか。今回の鳥取の地震が南海トラフの巨大地震につながる危険性を指摘する地震学者もいる。

 つい最近まで、鳥取県は地震が多い地域ではなかった。ところが昨年9月、今回の湯梨浜町など県中部で13年ぶりに震度4が観測されると地震活動が活発化し、現在まで50回近くの有感地震が発生している。一体、何が起きているのか。

 この地域の地殻変動に詳しい鳥取大名誉教授の西田良平氏(地震学)に聞いた。

「従来、山陰地方は地震の引き金になるとされる地盤の“ひずみ”がそれほど大きくないと考えられていました。ところが最近、京大防災研究所の西村卓也准教授がGPSなどを駆使した調査で、地中にひずみがたくさんたまっていることが分かりました。実はこの地域では過去に遡ると大きな地震が相次いで起きているのです」

  死者が1083人に上った1943年9月の鳥取地震はM7.2。2000年10月の鳥取県西部地震ではM7.3が観測された。

 今回の震源の東側には長さ約26キロの「鹿野-吉岡断層」、南側には約10キロの「岩坪断層」があるが、「未知の断層」が地震を引き起こした可能性もあるという。政府の地震調査委員会が、22日に臨時会合を開き、今回の地震と断層の関係を議論する。

■西日本での地震活発化は明らか

 恐ろしいのは、今回の地震が南海トラフ巨大地震につながる可能性があることだ。

「南海トラフで巨大地震が近づくと、その数十年前から近畿から西日本にかけて地震が多くなることを過去の歴史が示しています。73年前の鳥取地震の前は、兵庫県北部でM6.8の北但馬地震(1925年)、京都府の丹後半島でM7.3の北丹後地震(1927年)など、大きい地震が立て続けに近畿地方を襲いました。そして1943年に鳥取地震が発生すると、その翌年にM7.9の東南海地震が起き、1946年にM8.0の南海地震が発生したのです。つまり、見方によっては、今回の鳥取県中部の地震を南海トラフ地震の予兆と捉えることもできます」(西田良平氏)

 1995年の阪神・淡路大震災以降、西日本で地震が活発化しているのは明らかだ。00年の鳥取県西部地震、01年の芸予地震、07年の能登半島地震……。今年は4月に最大震度7の地震が2度も熊本を襲い、そのわずか半年後に鳥取で今回の巨大地震が発生した。

 幸い、松江市にある島根原発や福井県の高浜原発などに異常はなかったが、実際に何かあってからでは遅い。どこ吹く風で営業運転を続けている鹿児島県の川内原発と愛媛県の伊方原発は即刻止めるべきではないか。 




**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




鳥取県中部でM6.6・最大震度6弱の地震、
鳥取県を中心に負傷者や家屋損壊などの被害

21日14:07頃、鳥取県中部を震源とするM6.6・最大震度6弱の地震が発生しました。この地震で、鳥取県を中心に行方不明者を含む人的被害や家屋の一部損壊などの被害が発生しています。なお、この地震の後も地震活動の活発な状態が続いています。身の安全を図り、危険な場所には近づかないようにしてください。【10月22日05:00現在、レスキューナウまとめ】
【発生事象】
発生時間:2016年10月21日(金)14:07頃
震源地:鳥取県中部(北緯35.4度、東経133.9度)
震源の深さ:11km
地震の規模:M6.6
[震度3以上が観測された地域]
震度6弱 鳥取県中部
震度5強 鳥取県東部 岡山県北部
震度5弱 鳥取県西部 島根県隠岐
震度4 京都府北部 大阪府北部 兵庫県北部 兵庫県南西部 兵庫県淡路島 島根県東部 島根県西部 岡山県南部 広島県北部 広島県南東部 広島県南西部 香川県東部 香川県西部 愛媛県東予 山口県東部
震度3 福井県嶺北 福井県嶺南 岐阜県美濃中西部 愛知県西部 滋賀県北部 滋賀県南部 京都府南部 大阪府南部 兵庫県南東部 奈良県 和歌山県北部 徳島県北部 徳島県南部 愛媛県中予 愛媛県南予 高知県東部 高知県中部 山口県北部 山口県中部 福岡県北九州 佐賀県南部 大分県北部
[震度5弱以上が観測された市町村]
震度6弱
<鳥取県>倉吉市 湯梨浜町 北栄町
震度5強
<鳥取県>鳥取市 三朝町
<岡山県>鏡野町 真庭市
震度5弱
<鳥取県>琴浦町 日吉津村
<島根県>隠岐の島町
【津波情報】
この地震による津波の心配なし(気象庁発表)
【緊急地震速報の発表状況】
・地震波検知から12.1秒後に緊急地震速報(警報)を発表
 震度6弱から6強程度:鳥取県中部
 震度5強から6強程度:岡山県北部
 震度5強から5弱程度:鳥取県東部
 震度5強程度:鳥取県西部
 震度5弱程度:岡山県南部、島根県東部、香川県東部
 震度4から5弱程度:兵庫県南西部、広島県南東部
 震度4程度:兵庫県北部、島根県隠岐、兵庫県南東部、京都府北部、香川県西部、島根県西部、広島県北部、兵庫県淡路島、徳島県北部、愛媛県東予、京都府南部、福井県嶺南、広島県南西部、大阪府北部、大阪府南部、愛媛県中予
 震度3から4程度:滋賀県南部、山口県東部、愛媛県南予 




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:地方行政と政治 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4339-b73729ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad