JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

米国 Yahoo! から5億件の顧客情報が流出!

2016年9月25日(日)

トンデモナク膨大な顧客情報の流出である。

おそらく万全のセキュリティ対策を施していたはずの
インターネット業界最王手のひとつのYahoo!からの流出である事は
今や「インターネットに安全は無い」ことを示すものかも知れない。

NHKニュースの報道によれば、Yahoo! JAPAN は、
別のデータベースを使用しているので、日本だけで
登録している場合は情報流出はしていないと言うが…

20160925192617d54.jpeg
(画像はNHKニュースより)

米ヤフー、5億人分の個人情報流出 サイバー攻撃か 
 日本経済新聞 ー 2016年9月23日5時11分
 

【シリコンバレー=兼松雄一郎】
米ヤフーは22日、名前、メールアドレス、電話番号、暗号化された形のパスワード、本人確認に使う質問など、アカウントに登録された5億人分以上の個人情報が流出したと発表した。単一サイトからの流出としては史上最大とみられる。同社は特定の国家が支援するグループによるサイバー攻撃とみている。調査の結果、クレジットカードや銀行口座などの決済情報の流出は確認されていないとしている。

 個人情報は2014年の後半に流出していた。同社は「攻撃者が現在もシステムに侵入している証拠は見つかっていない」としている。米ヤフーは該当者にパスワードや個人確認の質問の変更、セキュリティーを強化する同社の認証サービスの利用を促している。 




     ***************

ヤフー 5億件以上のアカウント情報盗まれる
NHK ー 2016年9月23日 6時08分 

 アメリカのIT企業ヤフーは、おととしサイバー攻撃を受けて世界各国の利用者の名前やメールアドレスなどの個人情報を含む5億件以上のアカウント情報が盗まれていたことを明らかにしました。
アメリカのヤフーは22日、おととし後半にサイバー攻撃を受け、世界各国の利用者のアカウント情報が盗まれていたことが、最近行った内部調査でわかったと発表しました。
盗まれたアカウント情報は少なくとも5億件に上り、利用者の名前、メールアドレス、電話番号、生年月日などの個人情報が含まれています。クレジットカードの番号や銀行の口座番号などは、今のところ、盗まれたことは確認されていないとしています。
ヤフーは、どの国の利用者の情報が盗まれたかは明らかにしていませんが、可能性のある利用者に連絡を取って速やかにパスワードを変更するよう求めるとともに、おととし以降、パスワードを変えていないすべての利用者にも変更を呼びかけています。
サイバー攻撃はいずれかの国家の支援を受けたハッカーが行ったとみられるということで、捜査機関が調べているとしています。
アメリカでは、IT企業や金融機関がサイバー攻撃を受けて、大量の個人情報を盗まれるケースが相次いでいますが、今回の規模は過去最大になるとみられます。
「現時点で日本の利用者被害なし」
この問題について、日本のヤフーは「日本とアメリカでは利用者の情報を別のデータベースを使って管理している。このため現時点では日本の利用者の個人情報が流出したなどの被害は確認されてない」とコメントしています。






**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:セキュリティ - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4313-5fd33c43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad