JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

「広島平和記念式典」 での 【平和宣言】 2016年8月6日

2016年8月9日(火)

 今日は、長崎原爆投下の日であり、「平和祈念式典」 が行われました。

 その前に、8月6日執り行われた 「広島平和記念式典」 での
平和宣言を紹介していなかったので、平和への祈りと
安倍晋三による戦争突入渇望に反対する立場から
引用して記憶に留めます!

平和宣言【平成28年(2016年)】
 広島市 - 2016年8月6日(土)
 

広島市は毎年8月6日に、原爆死没者への追悼とともに核兵器廃絶と世界恒久平和の実現を願って平和記念式典を行い、広島市長が「平和宣言」を世界に向けて発表しています。広島・長崎の悲惨な体験を再び世界の人々が経験することのないよう、核兵器をこの地球上からなくし、いつまでも続く平和な世界を確立しようと、これからも平和宣言は訴え続けていきます。

【平和宣言】

1945年8月6日午前8時15分。澄みきった青空を切り裂き、かつて人類が経験したことのない「絶対悪」が広島に放たれ、一瞬のうちに街を焼き尽くしました。朝鮮半島や、中国、東南アジアの人々、米軍の捕虜などを含め、子どもからお年寄りまで罪もない人々を殺りくし、その年の暮れまでに14万もの尊い命を奪いました。

辛うじて生き延びた人々も、放射線の障害に苦しみ、就職や結婚の差別に遭(あ)い、心身に負った深い傷は今なお消えることがありません。破壊し尽くされた広島は美しく平和な街として生まれ変わりましたが、あの日、「絶対悪」に奪い去られた川辺の景色や暮らし、歴史と共に育まれた伝統文化は、二度と戻ることはないのです。

当時17歳の男性は「真っ黒の焼死体が道路を塞(ふさ)ぎ、異臭が鼻を衝(つ)き、見渡す限り火の海の広島は生き地獄でした。」と語ります。当時18歳の女性は「私は血だらけになり、周りには背中の皮膚が足まで垂れ下がった人や、水を求めて泣き叫ぶ人がいました。」と振り返ります。

あれから71年、依然として世界には、あの惨禍をもたらした原子爆弾の威力をはるかに上回り、地球そのものを破壊しかねない1万5千発を超える核兵器が存在します。核戦争や核爆発に至りかねない数多くの事件や事故が明らかになり、テロリストによる使用も懸念されています。

私たちは、この現実を前にしたとき、生き地獄だと語った男性の「これからの世界人類は、命を尊び平和で幸福な人生を送るため、皆で助け合っていきましょう。」という呼び掛け、そして、血だらけになった女性の「与えられた命を全うするため、次の世代の人々は、皆で核兵器はいらないと叫んでください。」との訴えを受け止め、更なる行動を起こさなければなりません。そして、多様な価値観を認め合いながら、「共に生きる」世界を目指し努力を重ねなければなりません。

今年5月、原爆投下国の現職大統領として初めて広島を訪問したオバマ大統領は、「私自身の国と同様、核を保有する国々は、恐怖の論理から逃れ、核兵器のない世界を追求する勇気を持たなければならない。」と訴えました。それは、被爆者の「こんな思いを他の誰にもさせてはならない」という心からの叫びを受け止め、今なお存在し続ける核兵器の廃絶に立ち向かう「情熱」を、米国をはじめ世界の人々に示すものでした。そして、あの「絶対悪」を許さないというヒロシマの思いがオバマ大統領に届いたことの証しでした。

今こそ、私たちは、非人道性の極みである「絶対悪」をこの世から消し去る道筋をつけるためにヒロシマの思いを基に、「情熱」を持って「連帯」し、行動を起こすべきではないでしょうか。今年、G7の外相が初めて広島に集い、核兵器を持つ国、持たない国という立場を超えて世界の為政者に広島・長崎訪問を呼び掛け、包括的核実験禁止条約の早期発効や核不拡散条約に基づく核軍縮交渉義務を果たすことを求める宣言を発表しました。これは、正に「連帯」に向けた一歩です。

為政者には、こうした「連帯」をより強固なものとし、信頼と対話による安全保障の仕組みづくりに、「情熱」を持って臨んでもらわなければなりません。そのため、各国の為政者に、改めて被爆地を訪問するよう要請します。その訪問は、オバマ大統領が広島で示したように、必ずや、被爆の実相を心に刻み、被爆者の痛みや悲しみを共有した上での決意表明につながるものと確信しています。

被爆者の平均年齢は80歳を超え、自らの体験を生の声で語る時間は少なくなっています。未来に向けて被爆者の思いや言葉を伝え、広めていくには、若い世代の皆さんの力も必要です。世界の7千を超える都市で構成する平和首長会議は、世界の各地域では20を超えるリーダー都市が、また、世界規模では広島・長崎が中心となって、若者の交流を促進します。そして、若い世代が核兵器廃絶に立ち向かうための思いを共有し、具体的な行動を開始できるようにしていきます。

この広島の地で「核兵器のない世界を必ず実現する」との決意を表明した安倍首相には、オバマ大統領と共にリーダーシップを発揮することを期待します。核兵器のない世界は、日本国憲法が掲げる崇高な平和主義を体現する世界でもあり、その実現を確実なものとするためには核兵器禁止の法的枠組みが不可欠となります。また、日本政府には、平均年齢が80歳を超えた被爆者をはじめ、放射線の影響により心身に苦しみを抱える多くの人々の苦悩に寄り添い、その支援策を充実するとともに、「黒い雨降雨地域」を拡大するよう強く求めます。

私たちは、本日、思いを新たに、原爆犠牲者の御霊に心からの哀悼の誠を捧げ、被爆地長崎と手を携え、世界の人々と共に、核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向けて力を尽くすことを誓います。

平成28年(2016年)8月6日 
 






**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 


The City of Hiroshima
PEACE DECLARATION
August 6, 2016
1945, August 6, 8:15 a.m. Slicing through the clear blue sky, a previously unknown “absolute evil” is unleashed on
Hiroshima, instantly searing the entire city. Koreans, Chinese, Southeast Asians, American prisoners of war, children,
the elderly and other innocent people are slaughtered. By the end of the year, 140,000 are dead.
Those who managed to survive suffered the aftereffects of radiation, encountered discrimination in work and
marriage, and still carry deep scars in their minds and bodies. From utter obliteration, Hiroshima was reborn a
beautiful city of peace; but familiar scenes from our riversides, patterns of daily life, and cultural traditions nurtured
through centuries of history vanished in that “absolute evil,” never to return.
He was a boy of 17. Today he recalls, “Charred corpses blocked the road. An eerie stench filled my nose. A sea of
fire spread as far as I could see. Hiroshima was a living hell.” She was a girl of 18. “I was covered in blood. Around
me were people with skin flayed from their backs hanging all the way to their feet—crying, screaming, begging for
water.”
Seventy-one years later, over 15,000 nuclear weapons remain, individually much more destructive than the one that
inflicted Hiroshima’s tragedy, collectively enough to destroy the Earth itself. We now know of numerous accidents
and incidents that brought us to the brink of nuclear explosions or war; today we even fear their use by terrorists.
Given this reality, we must heed the hibakusha. The man who described a living hell says, “For the future of
humanity, we need to help each other live in peace and happiness with reverence for all life.” The woman who was
covered in blood appeals to coming generations, “To make the most of the life we’ve been given, please, everyone,
shout loudly that we don’t need nuclear weapons.” If we accept these appeals, we must do far more than we have
been doing. We must respect diverse values and strive persistently toward a world where all people are truly “living
together.”
When President Obama visited Hiroshima in May, he became the first sitting president of the country that dropped
the atomic bomb to do so. Declaring, “… among those nations like my own that hold nuclear stockpiles, we must
have the courage to escape the logic of fear, and pursue a world without them,” he expressed acceptance of the
hibakusha’s heartfelt plea that “no one else should ever suffer as we have.” Demonstrating to the people of the U.S.
and the world a passion to fight to eliminate all remaining nuclear weapons, the President’s words showed that he
was touched by the spirit of Hiroshima, which refuses to accept the “absolute evil.”
Is it not time to honor the spirit of Hiroshima and clear the path toward a world free from that “absolute evil,” that
ultimate inhumanity? Is it not time to unify and manifest our passion in action? This year, for the first time ever, the
G7 foreign ministers gathered in Hiroshima. Transcending the differences between countries with and without
nuclear weapons, their declaration called for political leaders to visit Hiroshima and Nagasaki, for early entry into
force of the Comprehensive Nuclear-Test-Ban Treaty, and fulfillment of the obligation to negotiate nuclear
disarmament mandated by the Nuclear Non-Proliferation Treaty. This declaration was unquestionably a step toward
unity.
We need to fill our policymakers with the passion to solidify this unity and create a security system based on trust
and dialogue. To that end, I once again urge the leaders of all nations to visit the A-bombed cities. As President
Obama confirmed in Hiroshima, such visits will surely etch the reality of the atomic bombings in each heart. Along
with conveying the pain and suffering of the hibakusha, I am convinced they will elicit manifestations of
determination.
The average age of the hibakusha has exceeded 80. Our time to hear their experiences face to face grows short.
Looking toward the future, we will need our youth to help convey the words and feelings of the hibakusha. Mayors
for Peace, now with over 7,000 city members worldwide, will work regionally, through more than 20 lead cities, and
globally, led by Hiroshima and Nagasaki, to promote youth exchange. We will help young people cultivate a shared
determination to stand together and initiate concrete action for the abolition of nuclear weapons.
Here in Hiroshima, Prime Minister Abe expressed determination “to realize a world free of nuclear weapons.” I
expect him to join with President Obama and display leadership in this endeavor. A nuclear-weapon-free-world
would manifest the noble pacifism of the Japanese Constitution, and to ensure progress, a legal framework banning
nuclear weapons is indispensable. In addition, I demand that the Japanese government expand the “black rain areas”
and improve assistance to the hibakusha, whose average age is over 80, and the many others who suffer the mental
and physical effects of radiation.
Today, we renew our determination, offer heartfelt consolation to the souls of the A-bomb victims, and pledge to do
everything in our power, working with the A-bombed city of Nagasaki and millions around the world, to abolish
nuclear weapons and build lasting world peace.
MATSUI Kazumi
Mayor
The City of Hiroshima
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:世界恒久平和を実現しよう - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4266-7401eab6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad