JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

旧ソ連撮影 被爆翌月の長崎 ロシア下院議長が日本に寄贈

2016年8月4日(木)

爆心地付近を調査する旧ソ連軍の調査団。1945年9月16日の撮影とみられる

Nishinippon_20160804_001.jpg

旧ソ連撮影 被爆翌月の長崎 [長崎県]
 西日本新聞 - 2016年08月04日 14時56分
 

 長崎原爆資料館(長崎市)は4日、旧ソ連軍の調査団が撮影した原爆投下後の長崎市の映像を報道陣に公開した。1945年9月16日に長崎入りし、被害状況を撮影したとみられる。旧ソ連軍が被爆地を調査した記録はあったが、映像の入手は初めて。今年6月に来日したロシアのナルイシキン下院議長が、長崎、広島両市の映像を安倍晋三首相に贈り、外務省を通じて両市に提供された。

 同資料館によると、爆心地(長崎市松山町)から約200メートル西側で撮影したとみられる映像があり、爆心地付近を撮影したものでは原爆投下日に最も近い資料になるという。三菱兵器大橋工場など軍事関連の施設の映像もある。浦上駅周辺では、傘を差す市民が写っており、長崎市被爆継承課の松尾隆課長は「(旧ソ連軍の)調査日が雨だったとする従来の資料と整合性が取れる」と説明する。

 映像は約5分で、ロシア語のナレーション付き。冒頭には被爆後の広島市の様子も写っている。5日から同資料館で一般公開する。

=2016/08/04付 西日本新聞夕刊= 



**************************************************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4261-00b53a29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad