FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

2016 参院選 野党共闘を促進した 日本共産党の結果は如何?

2016年7月12日(火)

 新聞記事 および 公式見解から 御紹介します。

 全国比例代表の結果は・・・
20160711_JCP_Hirei-Result.jpg

 日本共産党・中央委員会の新聞発表 

参議院選挙の結果について
 2016年7月11日 日本共産党中央委員会常任幹部会

 しんぶん赤旗 - 2016年7月12日(火)

(1)

 7月10日投開票でおこなわれた参議院議員選挙は、「自公と補完勢力」対「4野党プラス市民」という対決構図が鮮明となり、野党と市民が力をあわせてたたかう、戦後かつてない選挙となりました。この選挙でわが党は、野党共闘の勝利と日本共産党の躍進という二つの大目標を掲げてたたかいました。

 野党と市民の共闘は、最初の挑戦としては大きな成功をおさめました。全国32の1人区すべてで野党統一候補を実現し、11の選挙区で激戦を制して自民党候補に勝利したことは、きわめて重要な成果です。多くのところで、無党派層の6割、7割の得票を獲得し、「1+1」が「2」ではなく、それ以上となる“共闘効果”が発揮されました。このたたかいのなかで、他の野党や市民のみなさんとの間で新しい連帯のきずなができたことは、今後につながる大きな財産です。

 日本共産党は、比例代表選挙で5議席を獲得し、選挙区選挙では東京で当選を勝ち取り、改選3議席を6議席へと倍増させ、非改選とあわせて14議席へと前進しました。とりわけこのなかで、比例代表選挙の得票が、躍進した2013年の参院選と比べて、515万4千票(得票率9・68%)から、601万6千票(得票率10・74%)へとさらに前進したことは重要です。

 野党共闘と日本共産党にご支持をお寄せいただいた有権者のみなさん、風雨と猛暑の中で奮闘された市民のみなさん、支持者、後援会員、党員のみなさんに心からのお礼を申し上げます。

(2)

 選挙戦では、安倍首相を先頭に、激しい野党攻撃、日本共産党攻撃がおこなわれました。一国の首相が、日本共産党を名指しして連日攻撃する選挙というのは、かつてない異常なことでした。それは、野党共闘に本格的に踏み込み、政権打倒に全力をあげるわが党に対する、支配勢力の強い危機感、恐怖と憎悪を示すものでした。

 わが党は、「野党共闘は野合」とする自公の攻撃に対し、「立憲主義を取り戻す」という野党と市民の結束の大義を太く示して断固たる反撃をおこないました。

 自衛隊問題を利用した反共攻撃に対しても、わが党綱領が明らかにしている自衛隊政策を堂々と示すとともに、「海外で戦争する国」づくりを許すかどうかが選挙の真の争点であることを明らかにし、正面から反撃しました。

 今回の選挙での野党共闘と日本共産党の前進は、こうしたかつてない激しい野党攻撃、反共攻撃と正面からたたかって勝ち取ったものであるところに、とりわけ大きな意義があると考えるものです。

(3)

 日本共産党は、「安倍暴走政治の全体にノーの審判を下し、チェンジの意思を示そう」と公示第一声から一貫した論戦をおこない、安保法制=戦争法と憲法改定の問題を選挙戦の大争点に押し上げました。「アベノミクス」の破綻について根本から明らかにし、抜本的対案である「三つのチェンジ」を語りぬきました。野党と市民の共同に力をつくす党の値打ちを押し出し、「政治は変えられる」という希望を語ったことは、多くの国民に期待と共感を広げました。

 選挙の結果、改憲勢力が議席の3分の2を占めましたが、自公は選挙戦で「憲法隠し」に終始し、国民は改憲への「白紙委任」を与えたわけでは決してありません。

 わが党は、今回の選挙で得た国会での新たな地歩を生かし、掲げた公約の実現へ、国民のみなさんとともに力をつくします。

(4)

 今度の選挙は、野党共闘の勝利と日本共産党の躍進を一体に追求する最初の挑戦でした。私たちは、ともにたたかった野党と市民のみなさん、支持者や党員のみなさんのご意見に耳を傾け、しっかりと教訓を引き出し、今後のたたかいに生かしていく決意です。

 とりわけ、私たちは党の自力の問題を痛感しています。比例代表選挙での601万票余の獲得という貴重な結果は、たちあがった党員と支持者のみなさんの猛奮闘によるものですが、選挙勝利のためにやるべきことをやりきれずに開票を迎えたことも事実です。党の力が、いまの情勢が求めるものに追いついていない、そこには大きなギャップがある―これがこの選挙をたたかっての私たちの実感です。

 野党と市民の共闘をさらに発展させ、日本の政治を変えるうえで、日本共産党の果たすべき役割は、ますます大きくなってきます。私たちは、今日の情勢が求める強く大きな党をつくる仕事に、新たな意気込みでたちあがる決意です。 




 福岡県での結果についての速報
2016年参院選 結果福岡民報号外

 各党の得票状況一覧表
2016年参院選 福岡県の結果一覧表

 福岡県委員会の発表 

第24回参議院選挙の福岡県における結果について
  2016年7月11日 日本共産党福岡県委員会

一、今回の参議院選挙は、安保法制―戦争法の強行という安倍・自公政権の暴走に対して市民革命ともいうべき広範な市民の闘いが発展する中でたたかわれました。日本共産党は、戦争法の廃止、集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤回、立憲主義の回復という国民的な大義のもとに、戦後初めて、国政選挙での全国的な野党共闘の実現のために力をつくし、32の一人区のすべてで野党共闘が実現しました。選挙戦は、「自公とその補完勢力 VS 市民と4野党」という対決構図となり、日本共産党は、野党共闘の勝利と日本共産党の躍進という二つの大目標を掲げて選挙戦を闘いました。
選挙の結果、米軍新基地建設問題の沖縄県や、いまなお続く原発被害に苦しんでいる福島県など、11の一人区で勝利を勝ちとり、野党共闘の力を示すとともに、国政転換の方向、野党と市民の共同のさらなる発展の方向を示すものとなりました。
また、日本共産党が比例改選3議席を5議席とし、選挙区でも1議席獲得して6議席へと議席を倍増させることができました。得票も比例代表選挙で601万票(得票率10・7%)を獲得し、躍進した2013年参院選からさらに86万票、得票率で1%前進させることができました。
福岡県でも23万2304票(10・8%)を獲得して、得票を約5万票伸ばし1・27倍とし、得票率でも1・6%前進させることができました。猛暑と雨の中で、野党共闘と日本共産党の前進のために奮闘して下さったすべてのみなさんに心から感謝いたします。
複数区の福岡でも、「野党は共闘」を求める市民のみなさんとの共同が、大きく発展した選挙でした。私たちは、この経験の中から教訓を導き出し、また、学んで闘いを発展させる決意です。
改選議席を二倍にしたことで、参議院の議席は14議席となり、引き続き議案提案権を持ち参院で第四党として、日本共産党の議員団の存在意義を一層強めることができることとなりました。憲法改悪を狙う安倍暴走政治と闘い、アベノミクスなど破たんした経済政策から三つのチェンジをすすめる、TPPからの撤退、原発再稼働を許さない、沖縄新基地建設反対など、選挙戦で掲げた公約実現のために国民とともにたたかいを一層発展させるために力をつくす決意です。

一、前進を勝ち取ったとはいえ、比例850万9議席獲得、福岡選挙区での初議席獲得という政治目標を実現することはできませんでした。比例第一次候補として、九州・沖縄を活動地域に奮闘したいせだ良子さん、選挙区候補として全県を駆け巡ったしばた雅子さん、二人の候補者を先頭にした大奮闘を、議席に結び付けられず、みなさんの期待に応えられなかったことは、極めて残念なことでした。
選挙戦は、今後につながる重要な教訓を広げるとともに、私たちの組織の総点検にもなりました。市民運動とのかかわり、論戦の問題、18~19歳の中で支持の広がり、宣伝物作成でのより一層の研究、SNSの活用など、様々な改善点も明らかになりました。なにより、最大の問題である自力の問題点も浮き彫りとなりました。これらを直視して、情勢が求める水準の党づくりに全力をあげる決意です。10月には、衆院福岡6区の補欠選挙が行われ、来年早々には、北九州市会議員選挙も行われます。これらの重要な選挙での勝利と躍進のために力をつくします。みなさんの一層のご支援、ご協力をお願いして、参議院選挙の結果の報告とさせていただきます。 



 西日本新聞記事
20160711_JCP_FK-Shibata.jpg

  ******************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4239-db2f7776
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)