JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

新聞各紙が参院選議席予測 悪質な世論誘導! むしろ世論操作!

2016年7月6日(水)

今朝の新聞各紙と そのWeb記事が、参院選予測記事を一斉に掲載した!
その上、それら各紙の報道は共同通信社のデータの使い回しである。
即ち、見出しの趣向もほとんどおなじ。
その内容は、与党系に忖度したものであり、到底公平とは言えない。

問題点を箇条書きにすれば、およそ以下の通り。

1) 調査対象が固定電話へのRDD方式であり、携帯スマホ世代は調査対象外。
その上、今や60・70歳代でも携帯スマホ世代が圧倒的である。

2) 解答率は6割前後であり、すなわち対象に偏りがあり得る。

3) その上、回答者の4割前後が態度を明らかにしていない。

4) 即ち有効解答率は僅かに3割台。

5) 過去の選挙での世論調査結果と実際の結果を相関関係を元に
予測式を用意して予測した、とのこと。
どんな予測式なのかが不明。 係数を変えれば結果はどうにでもなる。
即ち、野党共闘が全ての一人区で実現したと言う大きな情勢の変化を
反映できないやりかたである。

6) 態度を決めていない有権者が4割も居るのに、上記の方式では
統計的にも有効性は薄い。

7) 与党安定のニュースを大々的に流すことで、投票意欲を削ぐ結果となる。

8) 特に、福岡選挙区で、しばた雅子候補が無党派層に浸透していないと云う
情報は、実態と余りにも掛け離れており、実情を知らない有権者に誤った
印象を与えるものである。 これは意図的な妨害情報とさえ言えるものだ。

Nishinippon_20160706-01.jpg
    見出しで 【柴田氏 無党派伸び悩み】 と打ち、本文でも
    『無党派層への浸透に苦しんでいる』 と書いて、
    実情を知らない有権者を遠避けようと躍起になっている。

160626_140718_M.jpg

 そして、西日本新聞は、以下のように書いている。
 【西日本新聞社は3日から5日にかけて参院選の電話世論調査を実施し、
  取材を加味して九州7選挙区(改選数計9)の情勢を分析した。】

 この、『取材を加味して』 が曲者である。
すなわち、記者の意向によりどうにでもバイアスを掛けられる 
⇒ 『事態を歪曲して描くことができる』 と云うことだ!

 おそらく、上記の記事を書いた記者は、共産党嫌いなのだろう!

160626_142418_M.jpg

 しかし、今回の選挙では、文字通り無党派の市民運動に支えられて
日本共産党は活動している。

20160626_TenjinStanding-003_M.jpg

 天神での行動が目立っているが、facebook 情報などによれば、
福岡県のあらゆる地域で同じように無党派の人々がスピーチし
ビラを配り、プラスターを掲げて行動している。

160626_143727_M.jpg

 これは、全国でも同じ状況であることは SNSで拡散されて衆知の
事実なのである。 しかし、新聞各紙は殆ど報道しない。

 『公平中立』の報道を要求する安倍自民党政権に遠慮してのものだ!
しかし、マスメディアにとっては、野党へのネガティブ・キャンペーンは
『公平中立』な報道の一環らしい。

Yokota_20160706-01.jpg

     ***************

      以下は 『西日本新聞紙面』 より

20160707010747081.jpg
201607070107489ca.jpg
2016070701074904e.jpg
2016070701075128e.jpg
20160707010752de2.jpg




    ******************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4233-af310cde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad