JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

舛添辞職を受け東京都知事選に向け候補者擁立にさまざまな動き!

2016年6月16日(木)

 東京都知事選に向け候補者擁立にさまざまな動き!

 自民党が本命に考えていた桜井俊・総務省事務次官(62)には、
早速拒否され次は・・・

 民進党は、自らの政党を中心にと考えていたが、今日のNHKニュースでは
参議院選挙同様4野党に寄る共同候補擁立に向けて話し合う方向とか・・・

 その後も色々動きがあっただろうな (笑)

 私が昨日書いたのは国谷裕子さん絡み。 

 テレビ朝日系の夕方のニュースで、田原総一郎氏が自民党側の候補者として国谷裕子さんの名前を挙げると、キャスターが「生々しい話しになってきました」と言って慌てて話題を変えたが、自民党が国谷裕子さんを候補者の一人としてマジに検討している可能性も。
田原氏も「国谷さんが受ける可能性は低いだろうが」と言ってはいたが。


 国谷裕子さんを野党側が推すと云うのは有り得ると思うが・・

 IWJの岩上安身さんのサイトには、こんな『速報』が上がっていた!

【速報!】宇都宮健児氏「都知事選は一本化が必要」と明言!
出馬は“前向きに検討中”だが応援に回る可能性も
〜「野党共闘の流れで都知事選も闘える態勢ができたらいい」
とIWJのインタビューに回答! 2016.6.15
 

 (取材・記事 安道幹 記事構成・原佑介 文責・岩上安身)

 「平和憲法を守って、首都東京からアジアに向けて平和のメッセージを発信する。安倍政権の憲法改悪、安保法制に反対するということは、首都東京でもはっきりとその旗を掲げるべきです」――。

 前回、都知事選で舛添氏と競りあい、次点で涙をのんだ宇都宮健児・日弁連元会長の言葉である。


 6月15日、舛添要一東京都知事が都議会に辞表を提出。東京都議会は、本会議で舛添知事の辞職に全会一致で同意し、21日付の辞職が正式に決定した。舛添知事の辞任を受け、今後、早ければ7月31日にも都知事選の投開票があるといわれている。

 IWJは同日、過去2回の都知事選に出馬し、いずれも次点で落選した弁護士・宇都宮健児弁護士に緊急インタビューを行ない、来るべき都知事選について、自身の出馬の可能性や東京都の政策課題、都知事選の争点などについて話を聞いた。

 宇都宮氏は出馬について「要請は受けている」「前向きに検討中」と認めつつ、「野党共闘や安保法制反対の運動の流れの中で、都知事選も闘えるような態勢ができたらいいと考えている」と主張。参院選1人区の野党共闘をモデルに、都知事選でも「最終的には候補者を一本化するべき」との認識を示した。前回、反舛添氏の票が、細川元総理との間で割れてしまい、結果的に舛添氏を勝たせてしまった、苦い経験がそこににじんでいる。



都知事選、共産「独自候補こだわらず」 野党一本化検討
 朝日新聞デジタル - 2016年6月16日(木)15時33分配信



      ******************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4213-a14e454d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad