JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

『朝“夕”令暮“夜”改』 【民進、参院比例で統一名簿検討 社民・生活と調整】

2016年6月1日 早くも6月になってしまった!

 参議院選挙の最終投票日まで40日ほど!

 待った無しの国会会期終了・参議院選挙突入である!

 都道府県に配分される選挙区選挙では32の一人区の全てで
『4野党共闘』(地域によっては4野党全て揃っていない処もあるようだが)
が成立し、かつてない与野党激突選挙となりそう。


Nikkei_20160531-01.jpg
生活の党・小沢一郎:民進党・岡田克也:日本共産党・志位和夫:社民党・吉田忠智
各党首;日本経済新聞 電子版 - 2016/5/31 14:00

 そういう野党が力を合わせて『野合して』 自公+の与党を少数派に追い込む
共同が進む中で、これまで態度が煮えくり返らなかった民進党が
比例代表選挙での統一名簿を「社民党」と「生活の党」に呼び掛けたらしい。

民進、野党統一名簿を検討=社民、生活に打診
 時事通信 - 2016/05/31-16:42
 

 民進党の岡田克也代表が、社民、生活両党幹部に対し、夏の参院選比例代表を統一名簿で戦う構想を伝えていたことが31日、分かった。 
 (夕方のニュースはこれだけの短いニュースだった
  これが夜になると同じリンクアドレスなのに様相が一変!)



 これは、小沢一郎氏や小林節氏が声を大にして呼び掛けていたものだ。

 ニュースによると、衆参同時選の可能性が無くなったことを見越して
それまで、「社民党」と「生活の党」から呼び掛けられていたが無視していた
態度を改めたらしい。

民進、参院比例で統一名簿検討 社民・生活と調整
 日本経済新聞 電子版 - 2016/5/31 14:00
 

 民進党は7月の参院選比例代表で社民、生活両党と統一名簿をつくる検討に入った。民進党の岡田克也代表が今月末、社民党の吉田忠智党首に参加を提案した。生活とも水面下で調整している。共産党を加えた野党4党は参院選の改選定数1の全32選挙区で候補を一本化する方針で、比例代表でも共闘が望ましいと判断した。 (以下略)


 相変わらず共産党を無視している点は弱点だが、それでも一歩前進
いや大きな前進だと思っていたら、その日の内に挫折したと云うニュース。

民進、幻の統一名簿構想=他党に打診も「実現困難」
 時事通信 - 2016/05/31-20:29
 

 民進党の岡田克也代表が、夏の参院選比例代表を統一名簿で戦う構想を社民、生活両党に伝えたものの、実現困難との判断に傾きつつある。名簿を届け出る政治団体の名称について調整が難航したためで、岡田氏は31日、記者団に「ほとんど検討の余地がないほどハードルが高い」と語った。 (以下略)


折角構想を発表したのに、『朝“夕”令暮“夜”改』で、実現の見込みが無いとか!
生活の党と社民党の間では進んでいたのに
民進党が関与すると座礁する。
腰が据わっていないから?!

     ***************

 なお複数区では、共産党が議席獲得を目指して他党と切磋琢磨する!

 前回参議院選挙でも幾つかの複数区で議席を獲得した上に
定数が増えている都会の選挙区も多いから議席増を目指しているようだ。

 民進党と共産党が複数議席を占めることで与党を蹴落とそうと云う方策 (笑)

 とはいえ、複数区では民進党が当選して貰わなければ与党を少数に
追い込めないので、民進党の責任は大きい!



      ******************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 

民進、参院比例で統一名簿検討 社民・生活と調整
 日本経済新聞 電子版 - 2016/5/31 14:00
 

 民進党は7月の参院選比例代表で社民、生活両党と統一名簿をつくる検討に入った。民進党の岡田克也代表が今月末、社民党の吉田忠智党首に参加を提案した。生活とも水面下で調整している。共産党を加えた野党4党は参院選の改選定数1の全32選挙区で候補を一本化する方針で、比例代表でも共闘が望ましいと判断した。  共産党は比例での共闘には加わらない。

 社民党は吉田氏と福島瑞穂副党首、生活は谷亮子氏が改選を迎え、いずれも比例代表選出の現職で統一名簿の対象。民進党は比例代表で「民進党・市民連合」などの名称の統一名簿をつくり、党の独自候補と3氏をあわせて載せる案を軸に検討する。

 社民党は近く幹部会合を開き、対応を協議する見通し。社民党には統一名簿の名称などで民進党案に異論があり、調整が難航する可能性がある。岡田氏は生活の小沢一郎共同代表とも水面下で調整している。統一名簿に慎重だった民進党の支持母体、連合は基本的に容認する意向を民進党サイドに伝えた。

 統一名簿構想は政党の合流と異なり、社民、生活両党は解党する必要はない。かねて両党が民進党に求めてきたが、岡田氏は慎重だった。岡田氏は安倍晋三首相が参院選に合わせて衆院選を実施する衆参同日選を見送る意向を固めたのを受け、参院選に絞って野党が全面的に共闘できる環境が整いつつあるとの判断に傾いた。

 民進、社民、生活の3党が統一名簿をつくる場合、安全保障関連法を違憲と主張した小林節慶大名誉教授が設立した政治団体「国民怒りの声」の動向にも影響を与えそうだ。小林氏は安倍政権の批判票の受け皿になろうと、比例代表で自身を含めた10人以上の擁立をめざしており、民進党など既存政党との競合が指摘されている。



民進、幻の統一名簿構想=他党に打診も「実現困難」
 時事通信 - 2016/05/31-20:29
 

 民進党の岡田克也代表が、夏の参院選比例代表を統一名簿で戦う構想を社民、生活両党に伝えたものの、実現困難との判断に傾きつつある。名簿を届け出る政治団体の名称について調整が難航したためで、岡田氏は31日、記者団に「ほとんど検討の余地がないほどハードルが高い」と語った。 
  統一名簿構想は、生活の党の小沢一郎代表が提唱し、社民党が賛同。両党は民進党にも参加を呼び掛けていた。岡田氏ら同党執行部は「衆参同日選となった場合の対応が複雑」として消極的だったが、その後、同日選はなくなったと判断。小沢氏らに「統一名簿を考えてみたい」と伝えた。
 具体的には、名簿を届け出る政治団体名に「民進党・市民連合」など「民進」の党名を盛り込むことを条件とした。しかし、総務省に問い合わせたところ、「既存政党と類似している」として認められない可能性が高いことが分かった。小沢氏は「民主国民連合でどうか」と再検討を促したが、岡田氏から前向きな返答はなかったという。
 岡田氏は、野党勢力の拡大に向け統一名簿の有効性は認めたが、「民進」の党名へのこだわりを捨てられなかった格好。社民、生活両党は民進党抜きでも構想実現を目指す構えだ。 
 (2016/05/31-20:29)





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4198-4031ed6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad