JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

4野党党首会談を開催、安倍内閣不信任案の共同提出で合意

2016年5月30日(月)

 日本共産党の志位委員長のTwitter 投稿によると・・・ 

 4野党党首会談を開催、安倍内閣不信任案の共同提出で合意。
1、安保法制の強行成立、憲法改悪の推進は、立憲主義と平和主義への重大な挑戦である。
2、アベノミクスの失敗は、国民生活を破壊し、格差と貧困を拡大した。
3、TPP、沖縄問題などは、国民の声に耳を傾けない強権的な政治である。

      とのこと!

 毎日新聞によれば・・・

内閣不信任案  野党、31日に提出へ
 毎日新聞 【松本晃】 - 2016年5月30日 02時30分
 

  民進、共産、社民、生活の野党4党は、安倍内閣に対する不信任決議案を31日に衆院に提出する方針を固めた。安倍晋三首相の消費増税再延期方針に対し、「アベノミクスの失敗だ」として内閣総辞職を求める。30日に国会内で4党の党首会談を開き、確認する。

 提出に慎重だった社民党も同調する見込みだ。民進党の福山哲郎幹事長代理は29日、NHK番組で首相の増税延期方針について「アベノミクスは失敗したから、消費税を上げられない」と批判した。そのうえで「不信任に十分値する」との考えを示した。

 共産党の小池晃書記局長も同番組で「日本経済を壊した責任を認めず、世界経済が悪いから消費増税先送りだと言っている。政権を任せるわけにはいかない」と総辞職を求めた。社民党の又市征治幹事長は「増税ができる環境を作れなかったのは、アベノミクスが失敗したということだ」と語った。



 一方、消費税増税を再び2年半延期するにあたっては、解散総選挙で
国民に「信を問え」 と云う声も高まっているようであり、不信任案が
「解散総選挙」 の “呼び水” ないし “火打石” になる可能性も高い!


 ところで、安倍晋三内閣支持率が調査対象の過半数を上回る55%!
不支持は、33%だという(共同通信調査)
ちょっと信じられないが、こういう数字をリアルに見る必要がある!
と云うのは、座間宮ガレイ氏の強調する処!


 オバマ大統領の広島訪問が奏功していることは間違いないでしょう。
この訪問への支持は、98%と云う圧倒的数字!
 これは、核兵器を認める側も核廃絶を求める側も共感していると云うこと。

 私も、広島を訪問されたことは、肯定的に捉えています。

 支持率55%(時事通信報道)だから、何に対して期待しているのかと思えば、
来年4月の消費税率10%への引き上げ再延期に
 賛成:70・9%、反対:24・7%。
「アベノミクス」で景気が「よくなるとは思わない」:64・1%
安倍首相の下での憲法改正に
 反対:54・9%、賛成:35・0%。
日米地位協定を「改定するべきだ」との回答:71・0%
 「改定する必要はない」:17・9%
オバマ米大統領の広島訪問について「よかった」:98・0%
オバマ氏が広島訪問で
 「謝罪するべきだった」:18・3%。「謝罪する必要はなかった」:74・7%


 結局、安倍晋三の推進しようとしている憲法改正(戦争できる国への改造)
などの政治手法やアベノミクスは、評価されてはいないのに高い支持率
と云う自己矛盾を抱えている。
 民進党の不甲斐無さや腰が浮ついていて『立つ瀬が無い』 状況に
あきれてしまって、何かは知らねど、自民党に流れているのだろう。

 毎日新聞も同時期に別の世論調査を行っていて
以下のような結果の模様。 

<本社世論調査>参院選「行く」88%
 毎日新聞 - 5月29日(日)20時54分配信

最も重視する参院選の争点

 ◇重視する争点 「年金・医療」25%

 28、29両日の毎日新聞の全国世論調査によると、
夏の参院選で投票に「必ず行く」という回答は60%、「たぶん行く」は28%で、
計88%だった。
前回参院選前の2013年7月調査では「必ず行く」(67%)と「たぶん行く」を
合わせて92%。
今のところ大きな変化はみられない。
前回参院選の投票率(選挙区)は52.61%で戦後3番目に低かった。
今回、「たぶん行かない」は5%、「行かない」は2%だった。

 参院選で最も重視する争点は、
▽「年金・医療」25%
▽「アベノミクス」12%
▽「憲法改正」11%
▽「子育て支援」10%
▽「消費増税」9%
▽「安全保障関連法」8%
▽「震災からの復興」8%
--などの順になった。
憲法改正は内閣支持層では6%だったのに対し、不支持層では22%を占めた。

 国会が憲法改正案を発議するには衆参各院で3分の2以上の賛成が必要だ。
参院選で、改憲に賛成する勢力が参院の3分の2以上の議席を占めることを
 「期待しない」は48%で、「期待する」の40%を上回った。
 「期待しない」は4月に行った前回調査より1ポイント増、
 「期待する」は同6ポイント増だった。

 参院選にいま投票するとした場合の比例代表の投票先は、
▽自民36%
▽民進12%
▽共産8%
▽公明7%
--など。自民党優位の傾向が続いている。

 ◇高校生校外デモ、届け出必要5割

 今回の参院選から18歳と19歳にも選挙権が認められる見通しだ。
これに関連し、高校生が学校の外でデモや集会に参加する際、
学校への届け出が「必要だと思う」は50%、
「必要とは思わない」は39%だった。
男性は「必要」(45%)と「必要とは思わない」(47%)が拮抗(きっこう)したが、
女性は「必要」(55%)が「必要とは思わない」(32%)を23ポイント上回った。

 ◇調査の方法

 5月28、29日の2日間、コンピューターで無作為に数字を組み合わせて作った電話番号に、調査員が電話をかけるRDS法で調査した。福島第1原発事故で帰還困難区域などに指定されている市町村の電話番号は除いた。18歳以上のいる1887世帯から、1033人の回答を得た。回答率は55%。 






      ******************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本共産党 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4196-49173a41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad