JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

市民動かした憲法学者 = 小林節 日刊スポーツ で コラムに

2016年5月16日(月)

 小林節さんが立ち上げた政治団体「国民怒りの声」
 5月14日「設立報告会」を開いた、とのこと。


慶大小林教授の新党「国民怒りの声」著名5人擁立へ
 日刊スポーツ  - 2016年5月15日9時42分
 

 政治団体「国民怒りの声」代表で、参院選比例代表に出馬する意向を表明した憲法学者の小林節・慶大名誉教授は14日、都内で開いた会合にビデオメッセージを寄せ、自身以外に擁立する候補者10人のうち、5人は知名度のある著名人を擁立する意向を示した。

 「私は顔が広く、信用がある。知り合いの著名人を説得して、戦うことになると思う」と強調。残りの5人は、近くネットを通じた公募を行い、決めるという。小林氏は「『反自民、嫌民進、共産未満』の無党派層は、3~4割いる。私たちはそんな中間層の受け皿になりたい」と訴えた。 


 
 今日の日刊スポーツ 【政界地獄耳】 と言うコラムでもこれを取り上げていた。

題して 【市民動かした憲法学者】

 別の講演が以前から入っていたため、設立報告会なのに本人はビデオレターだ
と云う点を突っ込んではいるが、全体の論調は積極的な評価のようだ。

SeikaiJigokumimi_20160516_Nikkan-Sports.jpg

市民動かした憲法学者
 日刊スポーツ 【政界地獄耳】 - 2016年5月16日8時50分
 

 ★14日、憲法学者で慶大名誉教授・小林節が立ち上げた政治団体「国民怒りの声」が設立報告会を開いた。ところが小林は先約の講演会で欠席。ビデオメッセージでお茶を濁した。なにしろ代表自身が欠席なのだから、確かに事務方の仕切りの悪さは批判に値するだろう。しかし小林のここ数年の活動が今日の大きなうねりを作り市民を動かし、政界を動かしたことは間違いない。

 ★14年に首相・安倍晋三が憲法改正の近道として言い出したのが96条先行改憲論だった。憲法改正発議要件を「各議院の総議員の3分の2以上の賛成」から「両議院のそれぞれの総議員の過半数の賛成」に緩和することで、憲法改正自体をたやすくするという正面突破を嫌い脇から攻めようという作戦だった。しかし参院の憲法審査会などで96条改憲論は立憲主義の否定という論調を広く展開し崩していったのが小林だった。

 ★翌年15年6月4日には衆議院憲法審査会で自民、公明、次世代が推薦した、改憲派の早大法学学術院教授・長谷部恭男が「集団的自衛権の行使が許されることは、従来の政府見解の基本的論理の枠内では説明がつかず、法的安定性を大きく揺るがすもので憲法違反だ。自衛隊の海外での活動は、外国軍隊の武力行使と一体化するおそれも極めて強い」と発言し、衝撃を与党に与えたが、民主が推薦したのは小林で「仲間の国を助けるため海外に戦争に行くことは憲法9条に明確に違反している。また外国軍隊への後方支援というのは日本の特殊概念であり、戦場に前から参戦せずに後ろから参戦するだけの話」と一蹴した。その後、安保法案は成立したもののSEALDsの活動、国民の関心、野党統一へと政界は動きだした。道はまだ続いている。(K) 



 九州では玄海原発のある参院選佐賀選挙区が野党統一に至っていない!

 しかし、佐賀でも市民団体などが粘り強く交渉を続けているようだ!

 安倍政権に反対を表明するなら保守系の候補を推すこともあり得るかも・・・
 
 

      ******************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4182-96fca7b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad