JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

アメリカ大統領選で共和党候補が“排外主義者”トランプ氏に決定!

2016年5月8日(日)

 ちょっと前の話しだが、アメリカ大統領選挙で共和党候補が
 自ら“排外主義者”であることを極端に強調した演出で
 マスメディアからの批判に晒されることで、メディア露出戦術を
 成功させた、不動産王(と言っても親の遺産らしいが) トランプ氏に
 決定してしまったと云う。

トランプ氏の共和党候補指名確実に
 日刊スポーツ(共同) - 2016年5月4日10時47分


 共和党内の対立候補が 撤退(Suspended)したからだと云う。

 一方、米国・民主党では、政府の重要メールを個人アドレスで送った
ヒラリー・クリントン候補が検察の捜査を受けるのではないか?とか
言われる中で、若者からの熱狂的な支持を受けるサンダース氏は
選挙戦を続けている。

 

      ******************

  普天間基地はアメリカに持って帰れ! 辺野古新基地建設反対!

  今すぐ川内原発は停止を! 全ての原発は廃炉するべし!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 

トランプ氏の共和党候補指名確実に
 日刊スポーツ(共同) - 2016年5月4日10時47分
 

 米大統領選に向けた候補指名争いは3日、中西部インディアナ州で予備選が実施され、共和党は首位の実業家トランプ氏(69)が勝利した。敗北した2位のクルーズ上院議員(45)は選挙戦からの撤退を表明し、共和党全国委員会のプリーバス委員長はトランプ氏が「事実上の党指名候補になる」とツイッターで述べた。トランプ氏の指名獲得が確実になった。

 クルーズ氏はインディアナ州インディアナポリスで支持者を前に、自らの指名獲得への「道は失われた」と敗北を宣言した。ケーシック・オハイオ州知事(63)は指名争いに残る。

 トランプ氏が7月の党大会前に代議員の過半数(1237人)を得られるかどうかがこれまで最大の焦点だった。

 クルーズ氏は既に残る代議員を全て獲得しても過半数に届かなくなっていた。ケーシック氏と協力し、トランプ氏の過半数到達を阻止して党大会で決選投票に持ち込むシナリオを描いたが「反トランプ連合」はインディアナで機能しなかった。

 民主党は既にクリントン前国務長官(68)の指名獲得が濃厚になっているが、インディアナではサンダース上院議員(74)と接戦になっている。(共同) 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ大統領選 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4174-bb36641f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad