JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

今日は一日中昨夜から今朝未明にかけての地震のニュースばかり

2016年4月15日(金)

 余震は今朝の時点で、有感地震だけでも百回を越し、
 震度4以上も十数回に及ぶ。

熊本地震の余震活発、100回超 週末雨も、土砂災害警戒
 西日本新聞 - 2016年04月15日05時24分 (更新 04月15日 11時46分)


 熊本城では、天守閣を支える石垣の一部が結構大きく崩落し、
天守閣の屋根瓦が広範囲に落下。
シャチホコも見当たらなくなっている!

201604150003_Kumamoto-Castle.jpg

熊本城天守閣の瓦が崩落 国の重文「長塀」も倒壊
 西日本新聞 - 2016年04月15日11時10分


20160414_Kumamoto-Earthquake-KumamotoCastle-02.jpg

熊本城の石垣6カ所崩落 重文の長塀にも被害
 毎日新聞 - 2016年4月15日 10時35分

20160414_Kumamoto-Earthquake-KumamotoCastle-03.jpg

熊本城、天守閣のしゃちほこ落下か 重文の塀も壊れる
 朝日新聞 - 2016年4月15日11時25分 


 こちらは、九州自動車道崩落現場 (西日本新聞より)

201604150012_Kyushu-highway.jpg

 こちらは、益城町の民家倒壊現場 (西日本新聞より)

201604150006_Mashikicho.jpg



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 




熊本城天守閣の瓦が崩落 国の重文「長塀」も倒壊
 西日本新聞 - 2016年04月15日11時10分
 

 熊本のシンボルで「日本三名城」と称される熊本城をはじめ、熊本市内の文化財やマンションも被害を受けた。

 熊本城総合事務所によると、天守閣の屋根瓦やしゃちほこ、天守閣の台座を囲む石垣などが崩れ落ち、国の重要文化財の「長塀(ながべい)」も約100メートルにわたって倒壊。国の重要文化財「宇土櫓(うとやぐら)」などのしっくいも剥がれていたという。

 熊本城は戦国武将の加藤清正が築城。城跡は国の特別史跡で年間約150万人が訪れているが、同事務所は当面、入場者の受け入れを中止することにした。

 また、市文化振興課によると、夏目漱石が旧制第五高教師時代に住んだ市指定史跡「内坪井旧居」(同区)も土壁が崩落し、18日までの入館停止を決めた。
 (以下略)

=2016/04/15 西日本新聞= 



熊本城の石垣6カ所崩落 重文の長塀にも被害
 毎日新聞 - 2016年4月15日 10時35分
 

シャチホコも落下

 熊本県内を中心に激しい揺れを観測した熊本地震から一夜明けた15日、避難所や屋外などで眠れぬ夜を過ごした被災者らは疲れ切った様子で不安を口にした。震度7を記録した同県益城町などでは地震後に火災や家屋の倒壊が相次ぎ、断続的な余震に見舞われながら夜を徹して懸命の救出作業が続いた。

 国特別史跡の熊本城(熊本市中央区)では、急勾配の造形が美しく「武者返し」の名で親しまれている石垣が、天守閣などの6カ所で崩落した。

 天守閣は土台の石垣の一部が崩れ、シャチホコや瓦も落下した。城内の門などの石垣も壊れ、被害が大きなところでは高さ約10メートル、幅約10メートルにわたって崩壊し、直径1メートルほどの石が道路に転がり落ちた。

 国重要文化財の周囲の長塀も半分ほど約100メートルにわたって倒壊し、平櫓(ひらやぐら)も損壊した。熊本城総合事務所によると、熊本城に通じる付近の道路は進入禁止となった。

 総合事務所は「長い歴史の中で、これほど石垣が崩れた被害は聞いたことがない。余震で石垣に亀裂が入り、再び崩れる可能性もある。復旧するには相当の時間がかかるだろう」としている。【出口絢】 



熊本城、天守閣のしゃちほこ落下か 重文の塀も壊れる
 朝日新聞 - 2016年4月15日11時25分 
 

 熊本城総合事務所(熊本市)によると、天守閣の東西に載っていた二つのしゃちほこが天守閣上からなくなっている。地震の揺れで屋根から落下したものとみて、同事務所が捜している。

 城に四つある入り口のうち、南の須戸口門につながる重要文化財の長塀(約242メートル)が長さ約100メートルにわたって倒壊。須戸口門近くの複数の櫓(やぐら)の壁がはがれたり、ひび割れが入ったりしているという。同じく重要文化財の宇土櫓は壁のしっくいの一部がはがれていることが確認された。

 北西側にある頰当(ほほあて)御門の正面と右側の石垣が崩れ、城内に入る通路をふさいでいる。石垣の崩壊を計6カ所で確認しているという。このほかにも石垣の落石が城内の複数箇所で確認された。同事務所は「これまでも地震の際に被害は出ているが、ここまでの大きな被害はなかった」と話している。 




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4150-a16406d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad