JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

アメリカ大統領予備選挙で 『庶民派』 サンダース氏が連続7勝!

2016年4月8日(金)

 マスメディア各局の報道によると、アメリカ大統領予備選挙で
格差是正や貧困の根絶を訴えている 『庶民派』 サンダース氏が
米国民主党の各地の選挙集会等で連続7勝しているとのこと!


Sanders_20160405_editor.jpg

 アメリカでは、極右・トランプ氏 と 民主社会主義者・サンダース氏に
若者の支持が両極化しているようだが、これは民主党・共和党の
二大政党による政権交代が、戦争勢力による利権の奪い合いである
ことに気付き始めたと云うことも一因であろう!

 民主党の黒人・オバマが大統領になれば、戦争を止めるであろうと
期待した人々も、無座別空爆で大量殺戮を繰り返すオバマ政権に
愛想を尽かしている。

 庶民派のサンダース氏ならば、変えてくれるかも知れないとの
期待が高いのであろう。

 一方、強いアメリカの再生を望み、強いリーダーシップを求める
若者はファシスト・トランプに騙されている。
 ヒットラーに騙された時と同じ状況だ!

 日本でも明々白々なファシスト安倍晋三政権の支持率が未だに
4割も稼いでいる処に、潮流に流される危険性が潜んでいる。
 司馬遼太郎氏の云う 『鬼体の時代』の教訓を活かさなければ!

米大統領選 最近7勝
民主のサンダース氏、勢い強調

 毎日新聞 - 2016年4月6日 20時12分
 

【ワシントン西田進一郎】
 米大統領選に向けた民主党候補指名争いは、5日のウィスコンシン州予備選でバーニー・サンダース上院議員(74)がヒラリー・クリントン前国務長官(68)を破った。サンダース氏は同日夜、次戦の舞台となるワイオミング州で演説。最近の8予備選・党員集会で7勝したことに触れ、「ほとんどが圧倒的な数字での勝利だ」と勢いを強調した。

 ウィスコンシン州での出口調査で、サンダース氏は、若者(18歳から44歳)の73%、白人の59%の支持を獲得し、これまで同様の強みを発揮した。
 一方、クリントン氏を「正直で信頼できる」と答えた人は58%にとどまった。「そうではない」と答えた人は39%で、うち9割以上がサンダース氏に投票したといい、「信頼性」が依然としてクリントン氏の弱点になっている。

 次の焦点は、19日に行われるニューヨーク州予備選。代議員291人を抱えるクリントン氏の地元だ。
直近の世論調査の支持率でサンダース氏は、クリントン氏に約10ポイント差にまで迫っている。

 予備選・党員集会の結果で得た代議員数では、クリントン氏との差を詰めつつあるサンダース氏。
今後は、個人の意思で投票先を決めることができる連邦議会議員など「特別代議員」の大きな支持の差をどう解消するかがカギになる。 



 

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ大統領選 - ジャンル:政治・経済

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2016/04/14(木) 00:53:41 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4143-bcc55597
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad