JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

共産=暴力革命…政府の時代錯誤 ・日刊スポーツ【政界地獄耳】

2016年3月24日(木)

 あきれてものも言えない!

 と、言いながら物申すのですが・・・ (笑)

 安倍晋三政府は、ムネオの娘・貴子が自民党の御機嫌取りに質問した
とんでも質疑に回答する形で、仰天の時代錯誤答弁をし、
それも質問を受けて急遽閣議決定事項としたものだと云う。

 鈴木貴子の「日本共産党と『破壊活動防止法』に関する質問主意書」に対して
安倍晋三政権は、「現在でも破壊活動防止法に基づく調査対象団体」
「『暴力革命の方針』に変わりはない」と時代錯誤の答弁をした。

 何を考えているのか?

 『漠然とした怖れ』 を共産党に顔を向け始めた有権者に振り撒くと伴に
民進党(民主党・維新の党)の中にも注入して野党分断を図ろうとの
魂胆が丸見えである。

 今日の日刊スポーツ・【政界地獄耳】 では、この問題を取り上げている。
 (以下、全文引用。 文字強調は引用者)

共産=暴力革命…政府の時代錯誤
 日刊スポーツ・【政界地獄耳】 - 2016年3月24日9時22分 
 

 ★元北海道開発庁長官や、新党大地代表を務めた 鈴木宗男は、受託収賄・あっせん収賄・政治資金規正法違反・議院証言法違反の罪に問われ有罪が確定。 公民権停止のため娘である貴子が出馬。 民主党に議席を持っていたが、親子の都合なのか知らないが、民主党を離党し党に除名された。鈴木貴子 は無所属になったものの、すでに隠れ自民党員と言われ、北海道5区の補選で与党候補のため政府に質問主意書を提出。 その回答が政界に波紋を呼んでいる。

 ★鈴木の「日本共産党と『破壊活動防止法』に関する質問主意書」に答えたもの。 もう1つの質問、「日本共産党へのソ連からの秘密資金援助疑惑に関する質問主意書」について、政府は「お答えすることは困難である」とし「該当するとみられるようなものは見当たらない」と退けている。 1つ目の質問に対する答弁は「現在でも破壊活動防止法に基づく調査対象団体」「『暴力革命の方針』に変わりはない」と 時代錯誤の答弁 をした。

 ★これに対して(日本共産)党書記局長・山下芳生も会見で 「このタイミングの質問は、力を合わせて安倍晋三政権打倒を掲げる5野党に不当な攻撃を加えたいとの意図を感じる」と野党共闘の分断工作の一環 と指摘した。 しかし、今回、共産党は冷静で大人の対応を見せた。23日付のしんぶん赤旗は、山下の会見を整理する形だけで2面に会見内容を掲載。 むきになるような反論をしていない。 政界関係者は言う。 「最近の共産党は変わった。参院議員・吉良佳子が路チュー写真を撮られた時もあっさりしていた。 多くの国民が暴力革命を画策する政党とは思っておらず議席も増えている。いつの時代の話をしているのか」。 政府の答弁書の時代錯誤の方が問題だ。 (K)※敬称略 



 もう一つ、フェイスブックに掲載されていた新聞写メ

20160323_HankyouSenden.jpg
        「加熱する反共」-東京新聞(3/24)より。 

 自民党は、市民が促進する5野党の共闘を
 『民共合作』と揶揄して分断を図ろうとし、
 ムネオの娘・貴子に「反共質問」までさせているが、
 それこそ「ムネオ親子と自民党『合作』」の
 反共攻撃と言うにふさわしい謀略である!
 中野晃一・上智大学教授の云う
 「共産党を最初に狙い撃ちにしたナチス政権と
  (安倍政権が)ますます似てきた」
 と危ぶむ
 コメントはその通りだと思う。  



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4128-b99379a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad