JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

民主・維新が合流した【民進党】結成の触媒になった?日本共産党

2016年3月16日(水)

 今日見たWeb記事で、この記事に注目した。

「民進党」をナメてはいけない~合流の舞台裏と
 自民が怖れる共産党との連携の可能性を明かそう

 講談社・現代ビジネス:【賢者の知恵】 鈴木哲夫 - 2016年03月16日(水)


⇒ この記事は結構イケてると思う! 是非御覧ください。
  民主・維新の合流に日本共産党の動向が良い意味で大きく影響している。
  志位・松野会談が岡田代表を動かした!との記述も・・・
  野党党首間には相当強い信頼感が醸成されているらしい。

  リンクを開くと「6回分載」になっているが、記事の上(タイトルの下)の
  「印刷」をクリックすると、一連の記事が表示され、PDFで保管できる。
  相当長い記事なので、引用はしません。

     **************

 また、今さっきのニュースで、昨年分裂した維新中間派を含む
「改革結集の会」(衆院議員5人)に対して【民進党】への
合流を民主党の枝野幸男幹事長が呼び掛けたと云う。
 保守派へもウイングを広げ、自民党からの 「民共野合」をかわす
狙いもあるのだろう。

<民主党>改革結集「合流を」 新党へ保守系取り込み図る
 毎日新聞 - 3月16日(水)22時27分配信


 さらに、参議院福井選挙区でも野党共闘が実現したとのこと。

福井県内野党が参院選候補一本化
 連合福井の横山龍寛氏で合意

 福井新聞 - 2016年3月15日午後5時10分


 続々と野党共闘が成る!
 参院選・福井選挙区でも候補者一本化合意
 民進党の結党で、交渉の壁は、一段と低くなった!
 これからも『一人区』では野党共闘が実現して行くだろう!

 ここでも、日本共産党の『思い切った対応』がキーポイントになっている。

 嬉しいニュースが続く!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 


<民主党>改革結集「合流を」 新党へ保守系取り込み図る
 毎日新聞 - 3月16日(水)22時27分配信
 

 民主党の枝野幸男幹事長は16日、衆院議員5人で作る新党「改革結集の会」の村岡敏英代表と東京都内で会談し、27日に維新の党と合流して結成する「民進党」への参加を要請した。改革結集は22日までに方針を決定する。

 枝野氏は会談で、夏の参院選に向け野党勢力を結集したいとして、合流を求めた。改革結集は会談後、緊急役員会を開き、各議員が地元支援者の意見を聞いた上で方針を決定することを確認した。村岡氏は記者会見で「野党再編で2大政党を作ろうと一貫して言ってきた」と参加に前向きな姿勢をにじませた。

 今回の呼びかけは、民主出身者の多い維新だけでなく、村岡氏ら保守系とも幅広い結集を実現し、政権批判票の受け皿作りを目指すのが狙いだ。

 改革結集は、維新がおおさか維新の会と分裂した際に離党した中間派の村岡氏や小沢鋭仁元環境相らが結成した。このため、維新内に反発もある。しかし、民主には与党側の「左傾化批判」をかわす思惑もあり、維新に理解を求める考え。

 民主は、党内に反発がある生活や社民には合流を呼びかけない方針。改革結集が合流に応じた場合は民主、維新、改革結集の3党で新党を構成することになる。この場合、衆参で161人(衆院97人、参院64人)と統一会派を組む維新の参院議員5人の勢力になる。
   【毎日新聞 - 飼手有介、松本晃】 




福井県内野党が参院選候補一本化
 連合福井の横山龍寛氏で合意

 福井新聞 - 2016年3月15日午後5時10分
 

 民主党福井県連と共産党福井県委員会、社民党福井県連合、政治団体「緑の党」は14日夜、福井市内で代表者会議を開き、夏の参院選福井選挙区の候補者を連合福井事務局長の横山龍寛氏(51)で一本化することに合意した。共産党の公認を得ていた山田和雄氏(48)は選挙区出馬を取り下げ、比例代表に回る。

 会合は非公開で行われ、終了後に代表者が記者会見した。民主党県連の山本正雄代表は「7日の第1回会合で一本化方針を決め、きょうまでに横山氏と連合福井に一本化に応じる意思があるかを確認した」と語った。民・共・社、緑の党の4者と市民団体などで構成する新組織「PEACE(ピース)ふくい」(仮称)の設立準備会を16日に開き、横山氏とピースふくいの間で、政策協定を大筋で結ぶ見通し。

 協定は▽安全保障関連法の廃止▽集団的自衛権の行使を容認した閣議決定の撤回―で一致し協力するとの内容になるという。

 共産党はこれまで、選挙協力の意思確認を候補者取り下げの条件にしていたが、同党県委員会の南秀一委員長は「(ピースふくいを通じて)候補者本人と、福井選挙区での選挙協力ができることを確認した。その他の協力は求めていない」と述べた。山田氏の立候補取り下げと比例転出は、中央委員会での決定を経て正式に決まる。

 選挙区での野党候補一本化は熊本や合区となる徳島・高知など全国で進んでいる。 





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:民進党 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4120-a1f2a406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad