JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

大津地裁、高浜原発運転差し止め仮処分 司法判断で初の停止

2016年3月9日(水)

 福井地裁が画期的な判決を出して既に久しい。
 その裁判長は転勤させられ、引き継いだ裁判長は原発寄りの判決に修正。

 司法が政治に恐れ慄いていると云う無様な裁判長の姿を晒け出し、
多くの国民が裁判所のスタンスに失望していた。

 その失望をひっくり返す仮処分決定が近畿の水甕・琵琶湖を抱える
滋賀県・大津地裁で言い渡された!


判決の主要部分と特徴は以下のとおり。 

* 原子力規制委員会の新規制基準が、
  東京電力福島第1原発事故の教訓を十分に反映していない

* 過酷事故対策などに危惧すべき点があるのに、
  安全性の確保について関電は主張や証明を尽くしていない

* 福島第1原発事故を契機にその重要性が浮き彫りになった
  津波対策や避難計画についても「疑問が残る」

* 原発事故が発生すれば環境破壊は国外に及ぶ可能性さえあり、
  単に発電の効率性をもって甚大な災禍と引き換えにすべき事情
  だとは言い難い

* 原発所在地以外の住民による差し止め請求を認めた

* 新規制基準に適合して再稼働した原発の運転を禁じたのは初

* 稼働中の原発への運転停止は初

* 再稼働した原発に停止命令を出すのも初  



 「仮処分決定」には、速効性があるらしく、関西電力は、原子炉の停止処置を開始。
今日中には、再稼働後ひと月あまりで、高浜原発が再び全て停止する。


関電高浜原発の運転差し止め決定 大津地裁、10日3号機停止へ
 西日本新聞 - 2016年03月09日15時47分

 なお、4号機は再稼働早々のトラブルで既に停止中!

【関連記事】


新基準への不信あらわ=福島事故の反映「不十分」―高浜差し止め・大津地裁
 時事通信 - 2016年3月9日(水)19時1分配信


大津地裁、高浜原発運転差し止め仮処分 司法判断で初の停止へ 
 ロイター - 2016年 3月9日(水)19時7分配信
 

高浜原発運転差し止め=稼働中で初、3号機停止へ-「安全の証明不十分」・大津地裁
 時事通信 - 2016年3月9日(水)20:17
 

<高浜原発3号機>運転差し止め受け10時間で「ゼロ出力」
 毎日新聞  - 2016年3月9日(水)15時53分配信
 


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 

関電高浜原発の運転差し止め決定 大津地裁、10日3号機停止へ
 西日本新聞 - 2016年03月09日15時47分
 

  関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転禁止を隣接する滋賀県の住民が申し立てた仮処分で、大津地裁(山本善彦裁判長)は9日、「過酷事故対策や緊急時の対応方法に危惧すべき点がある」として運転を差し止める決定をした。決定は直ちに効力を持つ。2基のうち4号機はトラブルで既に停止中のため、関電は稼働中の3号機を10日に停止する。

 決定は東京電力福島第1原発事故の原因究明が進んでいない状況を重視し、政府が「世界一厳しい」と強調する原子力規制委員会の新規制基準自体に「公共の安心、安全の基礎と考えるのはためらわざるを得ない」と疑問を呈した。



新基準への不信あらわ=福島事故の反映「不十分」―高浜差し止め・大津地裁
 時事通信 - 2016年3月9日(水)19時1分配信
 

  大津地裁は9日、関西電力高浜3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた。
 稼働中の原発の停止を命じた初の司法判断。地裁は仮処分決定の中で、関電が再稼働の根拠に据えた原子力規制委員会の新規制基準が、東京電力福島第1原発事故の教訓を十分に反映していないと指摘し、不信感をあらわにした。
 決定は、新規制基準の策定の契機となった福島原発事故について、「原因究明は道半ばの状況だ」と指摘。電力会社だけでなく、原因究明が不十分な中で策定された新基準を「世界最高水準」(田中俊一委員長)と誇る規制委の姿勢にも「非常に不安を覚える」と厳しい目を向けた。
 特に、想定外とされていた津波などが福島第1原発事故の甚大な被害を引き起こしたことを踏まえ、「過ちに真摯(しんし)に向き合うならば、十二分の余裕を持つことを念頭に置き、見落としがあっても致命的な事態に陥らない思想で基準を策定すべきだ」と強調した。
 非常用電源の確保など過酷事故対策や、地震想定に用いる断層の評価、使用済み燃料プールの耐震性や事故時の冷却方法など、規制委が審査で「基準を満たす」と判断した具体的内容にも踏み込み、「裁判所に対し(安全だとする)十分な資料が提供されていない」と軒並み疑問符を付けた。 



大津地裁、高浜原発運転差し止め仮処分 司法判断で初の停止へ 
 ロイター - 2016年 3月9日(水)19時7分配信
 

[東京 9日 ロイター]
 滋賀県の住民が関西電力<9503.T>高浜原発3、4号機(福井県)の運転差し止めを求めていた仮処分申請について、大津地裁(山本善彦裁判長)は9日、住民側の請求を認め、関電に運転停止を命じた。

高浜3号は今年1月末に再稼働したばかりだが、仮処分決定は直ちに効力が生じるため、関電は原子炉を停止しなければならない。稼働中の原発が司法判断により運転停止に追い込まれるのは、日本で初めてのことだ。

決定文で同地裁は、原発の耐震安全性を確保するため前提として関電が設定した基準地震動の数値について「十分に説明されていない」と指摘した。

また、東京電力<9501.T>福島第1原発事故を契機にその重要性が浮き彫りになった津波対策や避難計画についても「疑問が残る」と断定。安全性が確保されているかどうかについて、関電が主張や説明を尽くしていないとして、住民側の請求を認めた。

関西電力は高浜3号について「運転を停止する」(広報担当者)とする一方で、大津地裁の仮処分命令の取り消しを求める不服申し立ての手続きを行うとしている。

(浜田健太郎) 



高浜原発運転差し止め=稼働中で初、3号機停止へ-「安全の証明不十分」・大津地裁
 時事通信 - 2016年3月9日(水)20:17
 

  関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)は安全性が確保されていないとして、滋賀県の住民29人が再稼働差し止めを求めた仮処分申請で、大津地裁は9日、関電に運転差し止めを命じる決定を出した。山本善彦裁判長は「過酷事故対策などに危惧すべき点があるのに、安全性の確保について関電は主張や証明を尽くしていない」と判断した。仮処分決定は直ちに効力が生じるため、関電は運転中の3号機を10日に停止させる。
 高浜3、4号機の差し止め決定は昨年4月の福井地裁に続き2件目。運転中の原発を止める仮処分決定は初めて。
 関電は決定を不服とし、異議と執行停止を申し立てる。3号機は10日午前10時から出力を落とす作業を始め、同日午後8時に停止する予定。
 山本裁判長は決定で「東京電力福島第1原発事故の原因究明は道半ばだ」と指摘。事故を踏まえた新規制基準の過酷事故対策について、「関電の主張や証明の程度では、新規制基準や(原子力規制委員会が審査で与えた)設置変更許可が、直ちに公共の安寧の基礎になると考えることをためらわざるを得ない」と述べた。 



<高浜原発3号機>運転差し止め受け10時間で「ゼロ出力」
 毎日新聞  - 2016年3月9日(水)15時53分配信
 

  関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)を巡り、滋賀県内の住民29人が運転の差し止めを求めた仮処分申請で、大津地裁(山本善彦裁判長)は9日、住民側の申し立てを認める決定を出した。地裁の仮処分決定を受け、関電はフル稼働中の3号機の停止作業に入る方針。手順は通常の定期検査と同じで、作業開始から約10時間で運転停止を意味する「ゼロ出力」の状態になる見込み。

 関電によると、原発施設の安全性を確認し、電力不足にならないよう火力発電所などのバックアップ態勢を整えたうえで停止作業をスタートさせる。まずタービンの回転速度を落とすために蒸気量を調整。中性子を吸収して核分裂の連鎖反応を抑えるホウ素を注入しながら、制御棒を自動挿入させて発電出力を徐々に下げていく。

 停止後に核燃料棒を原子炉から取り出すかどうかは、停止期間を見極めてから判断する。担当者によると、3、4号機の停止が続けば、1日4億円程度の負担増になるという。【北出昭】 




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4113-11dda6b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad