JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

『私たちは怒っています!』 高市総務相“停波発言” ジャーナリスト7名が抗議会見!

2016年3月1日(火) 早くも3月! 月日の経つのは・・・

 昨日、著名なジャーナリスト7名が連名で
  『私たちは怒っています!』
   との声明を発表し、記者会見した。

 記者会見に顔を揃えて出席したのは、下記の壮々たるジャーナリストの面々

  田原総一朗氏、鳥越俊太郎氏、岸井成格氏、大谷昭宏氏、
  金平茂紀氏、青木理氏、田勢康弘氏(記者会見には欠席)


Sankei_20160229-01.jpg
「高市さんに恥ずかしい思いをさせなければ」
田原総一朗氏、岸井成格氏ら6人が抗議会見

 産経新聞 - 2016.2.29 17:15



 この記者会見を各紙のWeb版は早速報道し、西日本新聞もWeb版はUPされたが
田原さんらが総務相発言に抗議 「憲法、放送法の精神反する」
 西日本新聞 - 2016年02月29日18時54分

 今日の西日本新聞の紙面では、こんなに大事な記事が掲載されていなかった。
 
 他の商業誌はどうなんだろう。

 この記者会見の模様は、YouTubeにUPされています。 1時間強!
【中継録画】「高市発言」に抗議して田原総一朗氏らが会見
 THE PAGE - 2016.02.29 12:52



高市氏の「電波停止」発言に対する抗議会見
 THE PAGE - 2016.02.29 19:39~2016.02.29 21:21


THE PAGE_20160229-00000011
(1) 会見の趣旨ほか
 THE PAGE - 2016.02.29 19:39


THE PAGE_20160229-00000012
(2) メディアとジャーナリズムの原則が根腐れし...
 THE PAGE - 2016.02.29 19:46


THE PAGE_20160229-00000014
(3) これはある種のどう喝だ(鳥越氏)
 THE PAGE - 2016.02.29 21:17


THE PAGE_20160229-00000015
(4) 権力の暴走を許さないのがジャーナリズムの...
 THE PAGE - 2016.02.29 21:21


     ********************

【関連記事】

ジャーナリスト6人 「電波停止」言及に非難声明
 毎日新聞 - 2016年2月29日 22時31分

Mainichi_20160301-01.jpg

「高市さんに恥ずかしい思いをさせなければ」
田原総一朗氏、岸井成格氏ら6人が抗議会見

 産経新聞 - 2016.2.29 17:15

  各商業紙の Web記事 の中では一番詳しい!

「私たちは怒ってる」高市氏発言に抗議 岸井氏降板語る
 朝日新聞・星賀亨弘 - 2016年2月29日19時58分


高市総務相“停波発言” キャスターらが抗議
 TBS News - 2016年2月29日(月) 19時22分


【抗議声明】

20160229-KougiSeimei.jpg


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 

田原さんらが総務相発言に抗議 「憲法、放送法の精神反する」
 西日本新聞 - 2016年02月29日18時54分
 

  田原総一朗さんや鳥越俊太郎さん、岸井成格さんらジャーナリストが29日、東京都内で記者会見し、高市早苗総務相が政治的に公平でない放送を繰り返す放送局に電波停止を命ずる可能性に言及したことについて「表現の自由を保障した憲法および放送法の精神に反している」と強く抗議した。
 鳥越さんは「そもそも放送局の電波は国民のものであって、所管官庁のものではない」などとするアピール文を読み上げ、「高市発言はある種のどう喝だが、背後には安倍(晋三)政権のメディアに対するおごった姿勢がある」と指摘した。 




「高市さんに恥ずかしい思いをさせなければ」田原総一朗氏、岸井成格氏ら6人が抗議会見
 産経新聞 - 2016.2.29 17:15
 

  田原総一朗氏、鳥越俊太郎氏、岸井成格氏ら放送業界で活動しているジャーナリスト有志が29日、高市早苗総務相の「電波停止」発言に抗議する記者会見を東京都内で開き、「私たちは怒っている」「発言は憲法、放送法の精神に反している」とする声明を発表した。

 呼び掛け人には、田原氏らのほかに、田勢康弘氏(会見には欠席)、大谷昭宏氏、金平茂紀氏、青木理氏が名を連ねた。

 声明では、高市氏の発言が「放送による表現の自由の確保」を定めた放送法1条や「表現の自由」を保障する憲法21条の精神に反していると主張。その上で「現在のテレビ報道を取り巻く環境が著しく『息苦しさ』を増していないか」として、「自主規制、忖度、萎縮が放送現場の『内側から』拡がることになっては、危機は一層深刻だ」と訴えた。

 会見で、岸井氏は「高市発言にはあきれ果てた。憲法、放送法の精神を知らない中での発言であれば、大臣失格だ。仮に曲解しているのであれば、『言論統制を進めたい』と思われても仕方がない」と高市氏を批判。田原氏は「非常に恥ずかしい発言。全テレビ局の全番組が抗議すべきだが、残念ながら多くの番組は何も言わない。高市さんに、恥ずかしい思いをさせなければならない」と訴えた。

 また、鳥越氏は「安倍政権からの恫(どう)喝(かつ)、脅しだ。安倍政権のなめきった態度が、高市発言となって現れた」と強調。「メディア内部に(政権への)遠慮がはびこっている。このままでは日本は大変なことになる。戦前のようになるかもしれないし、全権委任法を受けたナチスのようになるかもしれない」とも訴えた。

 会見で配布された声明文の全文は次の通り。



 「私たちは怒っている--高市総務大臣の『電波停止』発言は憲法及び放送法の精神に反している」

 今年の2月8日と9日、高市早苗総務大臣が、国会の衆議院予算委員会において、放送局が政治的公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、放送法4条違反を理由に、電波法76条に基づいて電波停止を命じる可能性について言及した。誰が判断するのかについては、同月23日の答弁で「総務大臣が最終的に判断するということになると存じます」と明言している。

 私たちはこの一連の発言に驚き、そして怒っている。そもそも公共放送にあずかる放送局の電波は、国民のものであって、所管する省庁のものではない。所管大臣の「判断」で電波停止などという行政処分が可能であるなどいう認識は、「放送による表現の自由を確保すること」「放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること」をうたった放送法(第1条)の精神に著しく反するものである。さらには、放送法にうたわれている「放送による表現の自由」は、憲法21条「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」の条文によって支えられているものだ。

 高市大臣が、処分のよりどころとする放送法第4条の規定は、多くのメディア法学者のあいだでは、放送事業者が自らを律する「倫理規定」とするのが通説である。また、放送法成立当時の経緯を少しでも研究すると、この法律が、戦争時の苦い経験を踏まえた放送番組への政府の干渉の排除、放送の自由独立の確保が強く企図されていたことがわかる。

 私たちは、テレビというメディアを通じて、日々のニュースや情報を市民に伝達し、その背景や意味について解説し、自由な議論を展開することによって、国民の「知る権利」に資することをめざしてきた。テレビ放送が開始されてから今年で64年になる。これまでも政治権力とメディアのあいだでは、さまざまな葛藤や介入・干渉があったことを肌身をもって経験してきた。

 現在のテレビ報道を取り巻く環境が著しく「息苦しさ」を増していないか。私たち自身もそれがなぜなのかを自らに問い続けている。「外から」の放送への介入・干渉によってもたらされた「息苦しさ」ならば跳ね返すこともできよう。だが、自主規制、忖度、萎縮が放送現場の「内部から」拡がることになっては、危機は一層深刻である。私たちが、今日ここに集い、意思表示をする理由の強い一端もそこにある。

 〈呼び掛け人〉(五十音順 2月29日現在)青木理、大谷昭宏、金平茂紀、岸井成格、田勢康弘、田原総一朗、鳥越俊太郎 




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:テレビ・マスコミ・報道の問題 - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4105-f15cdc3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高市総務相の電波停止発言についての報道一覧 「政治的公平性は権力が判断することではない」

法律も理解できないような人たちが 立法府・行政府において多数を占めていること、 本当に恥ずかしいと思います。 「政治的公平性は権力が判断することではない」高市氏発言に田原氏ら危機感 THE PAGE 2月29日 ・・・・・ 高市氏が「電波停止」の拠り所とする放送法4条は「倫理規定」であることが定説であり、放送法は戦争時の苦い経験として、政府からの干渉の排除や放送の独立を確保す...

  • 2016/03/02(水)11:28:06 |
  • 政治Ⅱ

FC2Ad