JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

野党5党が協議のテーブルに着いた! 安保法廃止法案も共同提出

2016年2月19日(金)

 野党5党が安保法廃止法案を共同提出することは以前から判っていたが
これを前に、野党5党が協議のテーブルに着いた!  とのこと。
 この中で、7月の参議院選挙や目前に迫っている北海道と京都の
衆議院補欠選挙での選挙協力を行うことが協議されました。

 この協議が成ったことを契機に、日本共産党の志位委員長は記者会見で
「思い切った対応を行う」 と表明し、既に擁立している予定候補者を降ろす
ことも検討することを言外に示したようです。

 各局の報道は似たり寄ったりですが、毎日新聞の報道を紹介します。 

野党5党
安保法廃止法案を提出…国政の選挙協力で一致

 毎日新聞 - 2016年2月19日 15時17分
 

 民主、共産、維新、社民、生活の野党5党は、安全保障関連法を廃止する「平和安全法制整備法廃止法案」と「国際平和支援法廃止法案」を衆院に共同提出した。これに先立ち5党は国会内で党首会談を開き、参院選や衆院補選など国政選挙での選挙協力を進めることで合意した。

 5党は関連法は憲法違反と批判しており、昨年の採決でもそろって反対した。夏の参院選に向け、関連法に反対する市民団体と連携しながら政権への対決姿勢を強める。

 党首会談では、民主の岡田克也代表が関連法廃止と集団的自衛権行使を認めた閣議決定の撤回▽安倍政権打倒を目指す▽国政選挙で現与党とその補完勢力を少数に追い込む▽国会対応や国政選挙のあらゆる場面で協力する−−の4点を呼びかけ、5党で合意した。

 昨夏に共産が国民連合政府構想を呼びかけて以来、民主、共産両党が選挙協力方針で一致するのは初めて。

 共産の志位和夫委員長は「参院選の(改選数1の)1人区で思い切った対応をしたい。国民連合政府の旗は横に置いて協力したい」と述べ、1人区での独自候補取り下げに前向きに応じる考えを示した。
     【細川貴代、松本晃】 




日本共産党 Japanese Communist Party 

 志位和夫委員長の Twitter 投稿より

5野党党首会談で以下の4項目を確認しました!
1、安保法制の廃止と集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を共通の目標とする。
2、安倍政権打倒をめざす。
3、国政選挙で現与党及びその補完勢力を少数に追い込む。
4、国会における対応や国政選挙などあらゆる場面でできる限りの協力を行う。


 5野党・党首会談で国政選挙での選挙協力が確認されたことは、「野党は共闘」を望む多くの国民の声にこたえた、極めて重要な確認となりました。
私たちは、誠実かつ真剣に協議に臨み、速やかに合意を得るために力を尽くします。
参院選一人区の候補者調整では、大義実現のため思いきった対応をします。

 野党党首会談で表明。「わが党は、安保法制廃止、閣議決定撤回のためには、それを実行する政府=国民連合政府が必要と主張してきたし、その立場は変わらない。同時に、この問題は賛否さまざまだ。そこで政権の問題は、横に置いて選挙協力の協議に入り、今後の協議の中でわが党の主張をしていきたい」。

 安保法制=戦争法以外の政策課題についても、野党間で協議し、可能な限りの一致点を確認することを追求したい。野党党首会談では、「安倍政権打倒」を確認しており、この立場に立てば、安倍政権の国民の利益に背く暴走をストップし、転換を図るという点で、経済を含め、さまざまな一致点がつくりうる。




【関連記事】

野党5党 国政選挙での勝利へ最大限協力
 NHK - 2016年2月19日 12時07分


共産、国民連合政府構想を凍結
 参院選1人区候補取り下げも 野党5党首会談で表明

 産経新聞 - 2016.2.19 11:30


5野党 安保法制廃止の法案提出 参院選へ調整加速
 TV-Asahi - 2016/02/19 11:50


野党5党、安保法廃止へ法案共同提出 参院選に向け協力
 朝日新聞 - 2016年2月19日11時33分


野党5党 国政選挙での協力で一致
 日本テレビ系(NNN)- 2016年2月19日(金)12時36分配信


北海道5区補選
民主と共産、候補一本化で合意

 毎日新聞 - 2016年2月19日 08時00分


北海道5区補選、野党一本化 共産、候補取り下げ池田氏支援
 北海道新聞  - 2016年2月19日(金)5時10分配信


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


  

野党5党 国政選挙での勝利へ最大限協力
 NHK - 2016年2月19日 12時07分
 

 民主党や共産党など野党5党の党首が会談し、夏の参議院選挙をはじめ今後の国政選挙での勝利に向けて、5党で最大限、協力することで一致しました。また、会談で、共産党の志位委員長は、参議院選挙での野党側の候補者調整を進めるため、党として求めている「国民連合政府」の構想を調整の前提とはしない考えを示しました。
 会談には、民主党、共産党、維新の党、社民党、生活の党と山本太郎となかまたちの野党5党の党首が出席し、各党の幹事長・書記局長も同席しました。
 会談では、来月29日に施行される安全保障関連法と、集団的自衛権の行使を容認した閣議決定について、「憲法違反であり認められない」として、法律の廃止と、閣議決定の撤回を共通の目標とすることを確認しました。そのうえで、野党5党は、夏の参議院選挙をはじめ今後の国政選挙での勝利に向けて、最大限、協力することで一致しました。
 また、会談で、共産党の志位委員長は、夏の参議院選挙で野党側の候補者調整の前提としてきた、安全保障関連法を廃止するための「国民連合政府」の構想について、「賛否についてさまざまな意見があるので、いったん横において、選挙協力の協議に入りたい。定数が1人の『1人区』では思い切った対応をしたい」と述べ、「国民連合政府」の構想を候補者調整の前提とせず、1人区で党の公認候補者を取り下げることも視野に入れて対応していく考えを示しました。

民主 岡田代表「認識は完全に一致」
民主党の岡田代表は、国会内で記者団に対し、「5党で確認したところに意義があり、認識は完全に一致した。きょうの確認事項を達成するため、今後、5党の幹事長、書記局長が早急に協議して、具体化していきたい」と述べました。

共産 志位委員長「思い切った対応したい」
共産党の志位委員長は、記者会見で、「国政選挙での協力と具体化のための協議に入ることは、多くの国民の声に応える極めて重要で画期的なことであり、わが党としては、誠実かつ真剣に協議に臨み、できるだけ速やかに合意を得るよう全力を挙げたい。参議院選挙の1人区の候補者調整にあたっては、『戦争法』の廃止と、立憲主義の回復という大義の実現のために、思い切った対応をしたい」と述べました。 



共産、国民連合政府構想を凍結
 参院選1人区候補取り下げも 野党5党首会談で表明

 産経新聞 - 2016.2.19 11:30
 

 共産党の志位和夫委員長は19日、民主、維新、社民、生活の各党党首と国会内で開いた会談で、夏の参院選に向けて共産党が提案していた安全保障関連法廃止のための野党連立政権「国民連合政府」構想を凍結する考えを示した。事実上の撤回で、選挙協力で合意できた場合には、参院選の1人区で擁立済みの独自候補を取り下げる可能性にも言及した。

 構想の撤回は、反発する民主党などに配慮し、参院選の協力を進める狙い。志位氏は会談で「国民連合政府は必要だと主張してきたが、賛否はさまざまだ。政権の問題は横に置いて、選挙協力の協議に入りたい」と述べた。1人区の協力については「思い切った対応をする」と語った。

 党首会談では、安保関連法廃止と集団的自衛権の行使を容認した閣議決定の撤回、安倍晋三政権打倒などを目標に、4月の衆院補選や夏の参院選の1人区で協力を進める方針を確認した。近く各党の幹事長らが具体的な協議に入る。 



5野党 安保法制廃止の法案提出 参院選へ調整加速
 TV-Asahi - 2016/02/19 11:50


野党5党、安保法廃止へ法案共同提出 参院選に向け協力
 朝日新聞 - 2016年2月19日11時33分


野党5党 国政選挙での協力で一致
 日本テレビ系(NNN)- 2016年2月19日(金)12時36分配信
 

 民主・共産・維新など野党5党が19日、党首会談を開き、安倍政権の打倒を目指し、国政選挙での協力を進めていくことで一致した。

 会談で、民主・共産・維新・社民・生活の5党は「安倍政権の打倒」を目指し、4月に予定されている衆議院の補欠選挙や夏の参議院選挙での候補者の一本化など選挙協力を進めることで一致した。

 民主党・岡田代表「安倍政権の打倒を目指す。国政選挙などあらゆる場面で5党のできる限りの協力を行う」

 会談終了後、5党は安全保障関連法を廃止するための法案を衆議院に共同提出した。野党が一致して安倍政権に対峙(たいじ)していく姿勢をアピールする狙いがある。 



北海道5区補選
民主と共産、候補一本化で合意

 毎日新聞 - 2016年2月19日 08時00分
 

共産が候補予定者取り下げ、民主の池田氏推薦へ

 民主、共産両党は18日、町村信孝前衆院議長の死去に伴う衆院北海道5区補選(4月12日告示、同24日投開票)の候補者一本化について、地元支部レベルで合意した。共産党が候補予定者を取り下げ、無所属で立候補する民主党道連局長の池田真紀氏(43)を推薦する。19日に共闘協定に調印し、正式発表する。

 共産党は党道5区国政対策委員長の橋本美香氏(45)を公認した後も、安全保障関連法廃止を主張し、当選後も無所属で活動することを条件に野党共闘を探っていた。両党関係者によると、池田氏は安保法廃止を目指すことを誓約するが、当選後にどの会派に所属するかは協定では明示しないという。

 共産党が国政選挙で候補予定者を取り下げるのは、夏の参院選熊本選挙区に続いて2例目。民主党のほか、維新の党と社民党も池田氏を推薦している。

 一方、5区補選を参院選の前哨戦として重視する自民党は、町村氏の次女の夫、和田義明氏(44)の擁立を決め、公明党と日本のこころを大切にする党が推薦した。安倍晋三首相は昨年12月、新党大地の鈴木宗男代表に直接、支援を要請し、協力を取り付けた。

 野党の分断を図る自民党に対し、民主、共産両党の協力が成立するかどうかが補選の焦点になっていた。【三股智子】 



北海道5区補選、野党一本化 共産、候補取り下げ池田氏支援
 北海道新聞  - 2016年2月19日(金)5時10分配信
 

 民主党北海道と共産党道委員会、上田文雄前札幌市長らが呼び掛け人の市民団体「戦争させない北海道をつくる市民の会」は18日、4月の衆院道5区(札幌市厚別区、石狩管内)補欠選挙で、共産党が公認した新人橋本美香氏(45)を取り下げ、民主、維新、社民の3党推薦の新人池田真紀氏(43)に野党候補を一本化することで合意した。19日に民主党道5区総支部、共産党道5区選対本部、市民の会、池田氏の4者が協定を締結し、安全保障関連法廃止を訴える無所属の野党統一候補が実現する。

 統一候補をめぐり、共産党が公認候補予定者を取り下げるのは、参院選熊本選挙区に続いて2例目となる。同党は池田氏を推薦する方針。町村信孝前衆院議長死去に伴う同補選は、自民党公認で公明党、日本のこころを大切にする党、新党大地が推す町村氏の娘婿の新人和田義明氏(44)と、無所属統一候補の池田氏による与野党対決の構図となる。

 民主党北海道の市橋修治幹事長、共産党道委の千葉隆書記長、上田氏らは18日、札幌市内で非公開の協議を実施した。

 出席者によると、共産党が取り下げの条件に挙げた「当選後も無所属を貫くこと」の代わりに、国会活動で安保関連法廃止を貫く担保として「協定の文言に強い意志を盛り込み合意ができた」という。

 協議後、市橋氏は「候補一本化が大変な課題だったので、新たなスタートを切り勢いがつく」、千葉氏は「野党共闘が実現できたのは大きい。力を合わせて頑張りたい」と強調。上田氏は「好ましいことだ。(池田氏に)全力で頑張ってもらうしかない」と話した。

 両党の協議は党本部レベルで進まず、9日に市民の会が道5区の両党地元組織に、共闘のための協定案を提示。民主党本部と共産党中央委員会は、北海道レベルに判断を委ね、民主党北海道と共産党道委が17日から協議を始めていた。 



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4094-07ae95a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad