JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

島尻安伊子沖縄北方相 自らが「北方領土ネット検定2016」 を受験するべし!

2016年2月11日(木)

 笑い話では済まない。 

 ちょっとお馬鹿な閣僚が失敗したと云う次元ではないのだ!
何しろ「沖縄北方相」と云う任務に就いている島尻安伊子氏が
管轄の【『北方領土』ネット検定2016】 と云う北方領土に関する
幅広い知識を問う『地域おこし』の検定を紹介する記者会見で
肝心の 「歯舞」が読めず、書記官の『影の声』に助けられて
ようやく、紹介したと云うお粗末な話である。

 尤も、安倍晋三も麻生太郎も漢字が読めなかったから
 同じ穴の狢(ムジナ)と云うところか・・・

 こんなおバカが担当大臣なら日露『北方領土』交渉でも
ロシアに足元を見られるだろうことは間違いない!


      島尻安伊子沖縄北方相 (日刊ゲンダイより)
Shimajiri_Hoppousou.jpg

 きのうやおとといに「沖縄北方相」に就任した御披露目会見ではない。
既に大臣に就任してから何ヶ月も経っているのに、 「歯舞」が読めない
とは、大臣としてどのような仕事を この間してきたのか?

 おまけに、冒頭に書いたように、その「プレス・ブリーフィング」の目的が
【『北方領土』ネット検定2016】 の紹介会見である。

 担当大臣の資格要件を満たさない幾つもの欠陥がある。
1) 担当大臣として何も勉強してこなかった。
2) 記者会見の目的が、『北方領土』に関する知識を問う検定紹介であった。
3) プレス・ブリーフィングを行うのに、予行演習もしていなかった。
4) その上、原稿を1回も読んでいなかった
  (1回でも読んでいれば、自分が読めないことが判明していただろう)


島尻安伊子沖縄北方相 自らが
【『北方領土』ネット検定2016】 を受験するべきである!


 そして、合格しなかったら当然 沖縄北方相も議員も辞めるべきである。

 この方が、沖縄選挙区から参議院選挙に立候補すると云うのである。
沖縄の有権者に失望を与えたのは間違いないし、落選の危険も大。

 その折もおり、沖縄出身の今井絵理子が比例代表選挙に立候補し
島尻安伊子・沖縄北方相を側面支援すると云うのである。


自民沖縄県連「寝耳に水」 SPEED今井絵理子氏擁立で波紋
 沖縄タイムス ー 2016年2月10日 06:52


 振り返ってみれば、そういう事態に対する『リスク管理』だったのか?!

     ******************

島尻北方相「歯舞」読めず
 11月に視察したばかり 元島民ら「残念」「勉強を」

 北海道新聞 - 2016年02月11日 07:00


島尻北方相、「歯舞群島」読めず
 会見で「はぼ、何だっけ」

 47NEWS(共同)- 2016/2/9 12:12


<高橋北海道知事>島尻氏「歯舞」読めず注文「もう一度覚えて」
 毎日新聞 2016年02月11日 09時00分


島尻氏 歯舞「えー、何だっけ」 会見で読めずに…
 毎日新聞 - 2016年2月9日 18時54分


問われる任命責任…島尻北方相
 「歯舞」読めないおバカぶり

 日刊ゲンダイ - 2016年2月10日


根拠知らない、歯舞いえない大臣たち
 日刊スポーツ - 2016年2月11日9時0分



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


  

島尻北方相「歯舞」読めず
 11月に視察したばかり 元島民ら「残念」「勉強を」

 北海道新聞 - 2016年02月11日 07:00
 

【根室】島尻安伊子沖縄北方担当相が北方領土歯舞(はぼまい)群島の「歯舞」が読めなかった問題で、元島民は落胆の表情を浮かべた。島尻氏は昨年11月、納沙布岬から歯舞群島を眺めたばかり。近年は根室を訪れる国会議員も減っており、関係者は「議員はきちんと勉強を」と注文する。

 千島歯舞諸島居住者連盟(千島連盟)根室支部理事の柏原栄さん(84)は「期待していただけに残念だ。島の名前は本当の初歩。しっかり歴史を勉強し、元島民の気持ちを理解した上で返還運動の先頭に立ってほしい」と話す。

 また、ほかの千島連盟根室支部の幹部も「島尻大臣の選挙区である沖縄の問題ばかりが注目されがち。北方領土にもちゃんと目を向けて」とした。

 納沙布岬の北方領土問題啓発施設「北方館」を視察する国会議員も減っている。沖縄・北方問題特別委員会(沖北委)が視察したのは2013年12月が最後。13年9月、衆院沖北委の荒井聡委員長(当時)が「根室視察は毎年行いたい」との考えを示すも、実現していない。

 安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領による領土交渉が再スタートした13年は沖北委のほか、公明党の山口那津男代表や、自民党の「領土に関する特命委員会」メンバーらが訪れた。北方館によると改選後、勉強のために訪れる新人議員も減ったという。

 戦後70年が過ぎ、元島民の平均年齢は80歳を超えた。択捉島出身の84歳の女性は「元島民に残された時間は少ない。返還のための国民世論が盛り上がらないというが、国会議員こそ進んで学び、領土交渉を後押しすべきだ」と語気を強めた。(水野薫) 



島尻北方相、「歯舞群島」読めず
 会見で「はぼ、何だっけ」

 47NEWS(共同)- 2016/2/9 12:12
 

 島尻安伊子沖縄北方担当相が9日の記者会見で、北方領土の一つである「歯舞(はぼまい)群島」を読めず、発言をストップさせる場面があった。島尻氏は北方領土返還に向けた啓発活動を担当している。

 島尻氏は会見で、北方領土の元島民でつくる団体「千島歯舞諸島居住者連盟」に言及する際、手元の資料にあった「歯舞」について「はぼ、何だっけ」と、読み進めなくなった。このため、そばにいた秘書官が「はぼまい」と伝えた。

 島尻氏は昨年11月、北海道根室市の納沙布岬を訪れ、対岸の歯舞群島を視察している。 



<高橋北海道知事>島尻氏「歯舞」読めず注文「もう一度覚えて」
 毎日新聞 2016年02月11日 09時00分
 

 島尻安伊子沖縄・北方担当相が、9日の閣議後の記者会見で歯舞群島が読めなかった件について、高橋はるみ知事は10日、定例記者会見で「北海道知事として大変残念」と述べた。

 道などは、7日の「北方領土の日」に合わせ、返還要求運動の機運を盛り上げるための各種イベントなどを実施している。

 島尻氏は昨年11月、根室市を訪れ歯舞群島などを視察しており、高橋知事は「昨年、北方領土を道沿いにごらんになっておりご記憶にあったはず。ぜひもう一度覚えていただきたい」と注文をつけた。【酒井祥宏】 



島尻氏 歯舞「えー、何だっけ」 会見で読めずに…
 毎日新聞 - 2016年2月9日 18時54分
 

 島尻安伊子沖縄・北方担当相は9日、閣議後の記者会見で、北方四島の一つである歯舞(はぼまい)群島について発言する際に「歯舞」を読めず、言葉に詰まる場面があった。島尻氏は昨年11月、北海道根室市を訪れて対岸の歯舞群島などを視察している。

 島尻氏は会見の冒頭、北方領土の元島民らでつくる「千島歯舞諸島居住者連盟」が取り組む「北方領土ネット検定」の活動を資料を見ながら紹介。団体名に言及する際に「はぼ、えー、何だっけ」と一瞬考え込み、秘書官に「はぼまい」と助け舟を出され発言を続けた。記者から「検定の初級編を受けた点数は」と聞かれると、島尻氏は「恥ずかしくて言えない」と言葉を濁した。

 政府関係者は「資料は『歯』と『舞』の間で行が変わっていて、読みにくかった」とフォローした。

 沖縄県選出参院議員の島尻氏は昨年10月の閣僚就任以降、沖縄県への公務は計9回もある一方で、北方領土関連の出張は1回しかない。【野口武則】 



問われる任命責任…島尻北方相
 「歯舞」読めないおバカぶり

 日刊ゲンダイ - 2016年2月10日
 

 小学生以下だ。島尻安伊子沖縄北方担当相の9日の記者会見が、大問題になっている。北方領土のひとつ、歯舞群島の「歯舞(はぼまい)」という漢字を読めなかったのだ。島尻大臣は北方領土の元島民でつくる団体「千島歯舞諸島居住者連盟」が主催する北方領土ネット検定を紹介した際、手元の資料を読みながら「千島、はぼ……ええと、何だっけ」とストップ。そばにいた秘書官が「はぼまい」と伝えた。

 さらに、島尻大臣は会見でこのネット検定の初級編を3、4年前に受けたことを明かし、「(点数は)恥ずかしくて言えない。これからまた勉強したい」と話したのだ。島尻大臣の事務所は「ちょっと慌ててしまったのか、度忘れしてしまったのでしょう」と説明しているが、島尻大臣は北方領土返還に向け、国民の世論を喚起する担当相。笑い話では済まない話だ。地元紙記者はこう言う。

「歯舞群島から根室の納沙布岬までの距離は、わずか3.7キロ。望遠鏡でも見える距離で、道民は『いつの日か、いつの日か』と眺めながら返還を待っている。北方四島の中で最も日本に馴染みがある島です。『歯舞昆布』は上質な昆布で最高級のダシが取れることで有名です。地元では『やはり、沖縄県選出の島尻氏は北方領土のことなんかどうでもいいんだ』という声が漏れています」

 この発言は外交にも大きく影響するだろう。安倍首相は5月にロシアのプーチン大統領と非公式会談をする方向だからだ。北方領土も議題に上がるはずだったが、担当大臣がこのレベルではロシアになめられるだけだ。

「現在は5月の会談に向けて、事務方同士が最終調整を行っている最中。今月15日には次官級協議も予定されています。そのタイミングでの今回の会見は、ロシアに『交渉する気はありません』というマイナスのメッセージを送っているようなもの。しかも、今月7日は『北方領土の日』でした。日比谷公園で行われた全国大会で、島尻氏は最後にあいさつもしている。安倍首相の任命責任を問われても仕方ありません」(北方領土に詳しいジャーナリスト)

 もともと、沖縄選出の島尻氏を大臣に起用したのは辺野古移設の地元対策みたいなものだ。慣例で北方領土担当をくっつけた。高木下着大臣といい、甘利ワイロ大臣といい、丸川おバカ環境相といい、安倍首相の人事はムチャクチャだ。  



根拠知らない、歯舞いえない大臣たち
 日刊スポーツ - 2016年2月11日9時0分
 

★8日の審議では、予算委員長・竹下亘から再三「答弁できますか」と問われた法相・岩城光英。TPPで外国企業と訴訟となった場合、国際機関の仲裁裁判所と国内裁判所の判決の効力の優劣が答えられず立ち往生した。ISD(国際的な投資関連の条項)と憲法では優位性はどちらかという“旬”な話題だったが基礎知識の欠如がありありだった。

 ★9日には環境相・丸川珠代が、福島第1原発事故後に国が定めた年間被ばく線量の長期目標1ミリシーベルト以下について「何の根拠もない」と発言したと指摘された。丸川は7日、長野県の自民党参院議員の集会で講演し「『反放射能派』というと変だが、どれだけ下げても心配だという人は世の中にいる。そういう人たちがわあわあ騒いだ中で何の科学的根拠もなく、時の環境相が1ミリシーベルトまで下げると急に言った」と説明したが、この基準は国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告によるもの。元アナウンサーとは思えない発言だが「記録を取っていないし、そういう言い回しをした記憶はない」と抵抗していたものの「誤解を与えたなら、言葉足らずだったことはおわびする」とした。

 ★9日、沖縄北方相・島尻安伊子は「北方領土ネット検定2016」の紹介を会見でしている最中、「千島歯舞諸島居住者連盟」というべきところで「歯舞」が読めず「千島ハボ…えー、何だっけ…」などと言葉を詰まらせ秘書官に助けられた。これらは大臣の適性に欠け、知識不足、勉強不足の代物ばかり。決して揚げ足取りではない。あえて加えるなら、予算委員会では民主党の追及が甘く、追い込めないこと。与野党全体が力不足で低調な予算委員会の印象は否めない。(K) 




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4086-1eeb5b56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad