JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

自民党の執念 半年前に『安保法案反対』 をツィートした今井絵理子を広告塔に起用

2016年2月10日(水)

 2・3日前から取り沙汰されてきた話が本当だった!

 当初は、自民党側から一方的に打ち上げられたアドバルーンではないか?
と思っていたし、今井絵理子さんのSNSでは一切触れていなかった。

 それが、おととい今井絵理子さん自身が自民党本部で記者会見して
参議院選挙の比例代表で立候補することを発表した。

自民
参院比例代表にSPEEDの今井絵理子氏を公認

 毎日新聞 - 2016年2月9日 20時50分


 記者会見で、今井絵理子は、辺野古への態度をあいまいにしたままだった!

SPEEDの今井絵理子氏、出馬会見 辺野古賛否明らかにせず
 沖縄タイムス - 2016年2月9日 16:31



 一方で、自民党沖縄県連にとっては 『寝耳に水』 だったようで驚いている模様。

自民沖縄県連「寝耳に水」 SPEED今井絵理子氏擁立で波紋
 沖縄タイムス ー 2016年2月10日 06:52


私の facebook 投稿より 

2016年2月10日 10:19
 自民党の今井絵里子”取り込み”について・・・
 リテラでは長い文章の締めくくりで
【安保法案に反対の立場をとった芸能人を"あえて"取り込み、基地問題で反対の声が高まっている沖縄に狙いを定め、辺野古への基地移転を強行するべく知名度の高い芸能人を利用しようとする......。ほとほとうんざりさせられる話である。
(水井多賀子)】
 と書いていました。
 http://lite-ra.com/2016/02/post-1963.html

2016年2月10日 10:36
 今井絵里子は、昨年の8月15日に「反戦メッセージ」を公式TwitterにUPしていた。
 明記していないが、当時国会論戦が繰り広げられていた「戦争法」を念頭に置いたものだと当時から拡散・炎上していた。

 その『敵陣営』と思われる人物を広告塔に取り込む自民党の執念と努力をリベラル派も見習わなければならない。
「意見が異なる人を攻撃するのではなくて、相手の立場に立って考えて共感を得る」重要さを示している。
 この自民党の執念と比べれば、民主党の野党共闘への執念は負けている。
と言って民主党攻撃をしてはいけない訳で・・・
 なので岡田代表には執念を持って奮闘努力して欲しい!

『リベラル』な人々は、自民党の執念に負けずに、共闘する執念と努力を傾注するべきでしょう。

 古賀茂明さんとか、国谷裕子さんとか多くの知識人が取り沙汰されていますが、本気で説得しに行く方は居ないのでしょうか?


2月9日 23:38
 昨夜までは、今井絵理子さん本人が何も語っていないので、
 自民党側の一方的なリーク情報かと思っていたが、
 自民党本部で今井絵理子本人が出馬会見したと云うから
 去年の8月15日の『つぶやき』は、何だったのか?!
 と思わざるを得ない!
 自民党は相も変わらず、1970年代のタレント候補戦略で
 国民の人気投票に持ち込もうとしている! 

2月9日 12:32 ·
 これって本人の意向は完全に無視した公認内定の決定と報道だよね!
 今井絵里子さん御本人は、どう考えているのだろうか?
facebook も ブログも更新停止中で、唯一2月も更新していた
Twitter も、2016年2月4日以来、更新されていない模様。
********************
今井絵理子 @Eriko_imai 2月4日
久々に地震でしたね...みなさんケガなど大丈夫でしたか?わたしたち親子は大丈夫です。
本人は今の処沈黙している模様。


今井絵理子氏の公認内定
 =参院比例、SPEEDメンバー―自民
 時事通信 - 2016年 2月8日(月)18時7分配信



【関連記事】

Twitter!で反戦を訴える今井絵理子さんを自民党が参議院比例候補に!
 JUNSKY blog 2016年2月7日(日)


自民党から出馬、SPEED今井絵理子の会見にはため息しかでなかった
 …安保法制批判は撤回、基地問題はごまかし

 リテラ・水井多賀子 - 2016.02.09



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


  

自民
参院比例代表にSPEEDの今井絵理子氏を公認

 毎日新聞 - 2016年2月9日 20時50分
 

 自民党は9日、夏の参院選の比例代表公認候補に新人で女性ボーカルダンスグループ「SPEED」のメンバー、今井絵理子氏(32)を擁立すると発表した。今井氏は党本部で記者会見し、聴覚障害のある長男(11)を育てている経験から「同じ境遇のお母さんや障害を持っている子どもたちが、より明るい希望を持てる社会作りをしたい」と出馬の理由を語った。

 会見は自ら手話を交えながら行った。1月18日に自民党の山東昭子元参院副議長から出馬要請を受けたと明かし、「山東氏の人柄や思いに共感して決めた」と説明。沖縄県出身で、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題について「基地の負担を軽減したいのは共通の思い。沖縄の方々の声を直接聞いて真剣に取り組みたい」と述べた。当選した場合、歌手活動は「国会に支障が出ない限り続ける」という。 



今井絵理子氏の公認内定
 =参院比例、SPEEDメンバー―自民
 時事通信 - 2016年 2月8日(月)18時7分配信
 

 自民党は8日の役員会で、夏の参院選比例代表候補として、女性ボーカルグループ「SPEED」の今井絵理子氏(32)の公認を内定した。
 参院選の「目玉候補」とする考えで、茂木敏充選対委員長が役員会で擁立方針を報告し、了承された。 




SPEEDの今井絵理子氏、出馬会見 辺野古賛否明らかにせず
 沖縄タイムス - 2016年2月9日 16:31
 

【東京】那覇市出身で女性4人組ダンスボーカルユニット「SPEED」のメンバーで歌手の今井絵理子氏(32)が9日、自民党本部で記者会見し、同党から夏の参院選に比例代表で立候補すると表明した。

» 今井絵理子さん「戦争はダメ」 安保法案でツイート

 県出身の歌手でSPEEDのメンバー今井絵理子さんは、公式ツイッターで「今の日本の流れを拝見すると、どこかプチ戦争なら賛成!みたいに見える」「戦争は何があってもダメ」などとつづっている。

 終戦記念日の8月15日にアップされた内容で「テレビでもネットでも戦争のことが流れている。体験者が語る戦争の怖さ、苦しみ、悲しみ。目の前で仲間が死んでいく、我が子が戦地にいく、その想いを想像するとわたしは生きていけない」などと書き込んでいる。 



 今井氏は「21歳の時に(耳の)聞こえない息子が生まれ、初めて障害や子育てのことを知った。耳が聞こえない子どもやそのお母さんたちが明るい希望を持てる社会づくりをしたい」と意欲を示した。今井氏は手話をしながら、記者の質問に答えた。

 政府・与党が進める名護市辺野古の新基地建設に関しては、「基地の負担軽減をしたいというのは共通の思いだと思っている。わたしは自分の目で見て、沖縄の方々の声を聞いた上で真剣に取り組めたらと思う」と述べるにとどめ、賛否は明らかにしなかった。

 今後も歌手活動を続ける考えを示した。

 今井氏は抜群の知名度があり、聴覚障害のある長男を育てるシングルマザーとして、子育てや手話に関する執筆活動や福祉活動に積極的に取り組んできた。同党は、今井氏のこれまでの経験が安倍政権の掲げる「1億総活躍社会」や「女性活躍」の実現の象徴的な候補者になると判断。若い世代を中心に無党派層の支持拡大に期待を寄せる。

 今井絵理子(いまい・えりこ) 1983年9月生まれ、那覇市出身。96年に「SPEED」のボーカルとしてデビュー。「Body&Soul」などのヒット曲がある。2000年、解散後はソロ活動を開始。04年に結婚し、長男を出産。07年9月に離婚を発表。08年にSPEEDが再結成した。 




自民沖縄県連「寝耳に水」 SPEED今井絵理子氏擁立で波紋
 沖縄タイムス ー 2016年2月10日 06:52
 

 夏の参院選で、ダンスボーカルユニット「SPEED」のメンバーで沖縄県出身の今井絵理子氏(32)が自民党の比例候補で立候補することが決まり、県内政党に波紋を広げている。

» 今井絵理子氏、辺野古賛否明らかにせず

 自民県連は沖縄選挙区で擁立する現職で沖縄担当相の島尻安伊子氏(50)と公明の比例候補とのセット戦術を展開することで、公明支持層から島尻氏の票を獲得する想定。だが、知名度が高く県出身の今井氏が自民からの出馬で自民支持層が「比例は公明」ではなく、今井氏に投票する可能性も出てくる。

 県連幹部は「今井氏の擁立は党本部が主導して決定したことで、正直に言って寝耳に水だ。島尻氏への影響は今のところ分析は難しい」と困惑気味だ。

 公明県本部の幹部は「自民は何を考えているのか」と不快感を隠さない。名護市辺野古の新基地建設に反対する県本は2014年の知事選で自主投票とし自民と距離を置いたが、今年1月の宜野湾市長選では返還実現を最優先に自公協力が復活し現職を再選に導いた。同幹部は「せっかく自公で戦う環境が整ったのに、今井氏が出馬すれば自民の票は彼女に流れてしまう」と指摘する。

 一方で、翁長雄志知事と新基地に反対する「オール沖縄」側は「自公協力にひびが入る要素となり得る」とし、選挙区で擁立する伊波洋一氏(64)への好材料となる可能性を分析する。ただ、参院選から投票が可能となる18歳以上の若年層での自民支持の拡大となることも考えられ「こちらも対策を練らなければ」と対応が迫られている。 



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2016/02/11(木) 22:33:59 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4085-d3cf7222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad