JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

欧州の超豪華客船 【AIDAprima】 (三菱重工長崎で竣工直前) で火災! 今年三度目!

2016年2月1日(月)

 豪華客船による優雅な旅をしてみたいものですが、
私の場合は『阪九フェリー』 とか 『名門大洋フェリー』 などでの
北九州から大阪までの瀬戸内海の船旅が一番長い旅だったでしょうか?

 現在、三菱重工・長崎造船所では、世界最大の客船カムパニー
『カーニヴァル社』 の 子会社ブランドである 【AIDA】 社の
【ADIAprima】 (アイーダ・プリマ)を建造中で、この春にも竣工する
予定で最後の仕上げに入っています。

AIDAprima01.jpg
      (画像は AIDA社公式サイトより)
AIDAprima02.jpg



 その【ADIAprima】 で今年に入ってからでも既に3件の『ボヤ騒ぎ』
が起こっているとのこと。

 十数年前に、三菱重工が豪華客船事業に参画した最初の船
【Diamond princess】 が竣工直前に炎上し、全焼した事故が、まだ
記憶に生々しいので、気が気ではありません。


『今回のボヤのニュース』
<不審火>建造中の大型客船ぼや 長崎の造船所で3回目
 毎日新聞 - 2016年01月31日 19:35

AIDAprima at Nagasaki_Mainichi-201601310002

『前回のボヤのニュース』
建造中の大型客船また出火 長崎の三菱重工、けが人なし
 朝日新聞 - 2016年1月14日14時31分

AIDAprima at Nagasaki_Asahi-201601310001

『前々回のボヤのニュース』
建造中の大型客船で火災、長崎 造船所、15平方メートル焼く
 西日本新聞 - 2016年01月12日 01時10分

AIDAprima at Nagasaki_Nishinippon-201601310003


2月3日追記

三菱重工の客船火災、放火か 建造中3度、火の気なし
 朝日新聞 - 2016年02月02日 08:25
 

AIDAprima_Asahi-20160202.jpg

 長崎市香焼(こうやぎ)町の三菱重工業長崎造船所香焼工場で建造中の大型客船アイーダ・プリマの船内で1月、火災が3度相次いだ。いずれも火の気がない場所で起きたことから、長崎県警は放火の可能性も視野に捜査。三菱重工は管理態勢の見直しを検討する方針だ。

 船は三菱重工が世界最大のクルーズ会社カーニバル社の子会社から受注した。3300人乗りの18階建て。全長300メートル、幅37・6メートル、総トン数12万4500トン。

 県警によると、1月11日午後8時半ごろ、第7デッキ(8階部分に相当)後方のビアホールとなる区画で出火し、床や天井など約50平方メートルが焼けた。13日午後8時40分ごろには、第5デッキ(6階部分に相当)後部の客室部分で布のようなものが燃えた。

 31日午前1時15分ごろに起きた火災では、資材を入れた段ボール箱や断熱材、シートが焼けた。11日の現場に隣接する区画で、焼けた跡を修復するための資材が置かれていた。県警によると、出火時は船内に作業員ら400〜500人がいたが、現場で作業は行われていなかったという。 



   *************

☆ 消火活動が機敏に行われているか?
☆ 弱点はどのエリアにあるか?
☆ どの時間帯が最も攻撃されやすいか?
   等などの対策を検討する必要があると思われます。

 放火する側も、それを裏返しに見ているでしょうから!


 と云うのも、この客船の中央部にあるシアターの舞台機構設備を
 私が勤める会社が、オーストリアの世界最高水準の 劇場舞台機構会社
Waagner-biro の日本総代理店として 施工しているし、
一部の付随部品は私が製作図を描いた ものだから、
もし火事でダイヤモンド・プリンセス みたいに全焼したらどうなることか?!
 と気を揉んでいる処なのです。

 私たちの仕事の成果を炎上させる訳には行きません!



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 


<不審火>建造中の大型客船ぼや 長崎の造船所で3回目
 毎日新聞 - 2016年01月31日 19:35
 

 (2016年1月)31日午前1時15分ごろ、長崎市香焼(こうやぎ)町の三菱重工業長崎造船所香焼工場で、建造中の大型客船「アイーダ・プリマ」(12万4500トン、約3300人乗り)の内部で、段ボール箱などが焼けるぼやがあった。けが人はなかった。同船での火災は1月11、13日に続き3回目。長崎県警は不審火とみて原因を調べている。

 同社や県警大浦署によると、火災現場は7階のレストラン部分の入り口通路付近。置かれていた断熱材にかぶせたビニールシートと段ボール箱数個が焼けた。船内にいた作業員らが消火器で消した。

 7階では11日に天井など約50平方メートルを焼く火災があり、断熱材は復旧用の資材だった。13日にも、5階客室部分で作業用の布1枚が燃えるぼやが起きている。いずれも原因は分かっていない。

 アイーダ・プリマはドイツのクルーズ会社から受注。昨年3月に引き渡される予定だったが、設計変更などで建造が遅れており、出航予定の4月30日までの完成を目指している。【小畑英介】 



長崎造船所で火災、3度目 建造中の客船、放火疑いも
 西日本新聞 - 2016年01月31日 18時00分更新
 

  31日未明、三菱重工業長崎造船所(長崎市)の香焼工場で建造中の豪華客船「アイーダ・プリマ」で、段ボール箱などが燃えているのを外国人作業員が見つけ、火を消した。けが人はなかった。船内での火災は1月に入り3度目。長崎県警大浦署は、放火の可能性もあるとみて調べている。
 大浦署や地元消防によると、火元は客船内の通路。複数の段ボールや断熱材などが燃えた。出火時は周囲で作業をしておらず、火の気もなかったという。 




建造中の大型客船また出火 長崎の三菱重工、けが人なし
 朝日新聞 - 2016年1月14日14時31分
 

  13日午後8時40分ごろ、長崎市香焼(こうやぎ)町の三菱重工業長崎造船所香焼工場で建造中の大型客船で火災報知機が作動した。長崎県警大浦署と長崎造船所によると、警報に気づいた作業員が5階の客室の棚の上で布のようなものが燃えているのを見つけ、その場で手でたたいて消火した。けが人はなかった。当時客室では作業をしておらず、火の気もなかったという。

 船はドイツのクルーズ会社向けに建造中の大型客船「アイーダ・プリマ」で、11日夜にも7階部分で火災があり、床や天井など約50平方メートルが焼けた。ビアホールになる予定の区画で、火の気はなかった。 



建造中の大型客船で火災、長崎 造船所、15平方メートル焼く
 西日本新聞 - 2016年01月12日 01時10分
 

  11日午後8時半ごろ、長崎市香焼町の三菱重工業長崎造船所香焼工場で、建造中の大型客船「アイーダ・プリマ」から出火、7階の劇場用区画付近の約15平方メートルが燃えた。けが人はいなかった。長崎県警大浦署や消防によると、電気配線が火元とみられるという。
 煙で船内のスプリンクラーが作動。消防車13台も出動して消火に当たり、約1時間後に火の勢いは収まった。12日午前0時10分に鎮火した。
 工場関係者から「船内で煙が充満している」と119番があった。 



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:豪華客船の旅 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4076-1c481be5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad