JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

波動は南から! 熊本に続いて宮崎でも選挙協力の動き 次は鹿児島だ!

2016年1月23日(土)

 福岡県では、およそひと月前の去年の12月19日(土)、
自称 『選挙ジョッキー』 座間宮ガレイさんを迎えた勉強会があり
翌週の12月22日に (仮称) 『みんなで選挙!福岡』(略称:みなふく)
が早速立ち上げられた。

 その後、『みなせん』 代表が、社民党・民主党・日本共産党と懇談したが
今の処、福岡県選挙区での野党共闘は、できていない。

 一方、熊本県選挙区では無所属の女性弁護士を各党が支援する形で
野党共闘が早々と成立して行動を開始している。

 ところで昨日嬉しいニュースが 『宮崎日日新聞』 からもたらされた。

 民主党が、日本共産党宮崎県委員会からの申し入れに応えて
協議を開始することを決めたとのこと。

野党一本化の必要確認 民主、共産 協議本格化へ
 宮崎日日新聞 - 2016年1月22日


 この動きを促進したのは、その1週間前の宮崎での市民の行動かも知れない。

参院選、野党共闘を 「市民連合みやざき」発足
 宮崎日日新聞 - 2016年1月15日


 今後の動きに期待したい!


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 


野党一本化の必要確認 民主、共産 協議本格化へ
 宮崎日日新聞 - 2016年1月22日
 

 共産党宮崎県委員会が夏の参院選宮崎選挙区(改選定数1)での野党共闘の協議を民主、社民両党県連に申し入れたことを受け、民主は21日、同委員会の幹部と会談し、「候補者の一本化が必要」との認識で一致した。両者が国政選挙の協力を視野に入れた話し合いの場を持つのは初めて。民主は無所属で元総務省官僚の読谷山洋司氏(51)の推薦を、共産は党県書記長の松本隆氏(54)の公認を決定しており、今後は一本化が実現できるか、協議を本格化させる方針。 



参院選、野党共闘を 「市民連合みやざき」発足
 宮崎日日新聞 - 2016年1月15日
 

 安全保障関連法の廃止などを目指して夏の参院選宮崎選挙区(改選定数1)で野党共闘を実現させようと、若者や子育て中の母親を含む市民による団体「市民連合みやざき」が14日、宮崎市で発足した。同団体によると、野党共闘を目指す市民の動きは宮崎県外ではあったが、本県では初めて。民主、社民党県連、共産党県委員会に共闘して参院選に臨むよう申し入れる方針。 




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4067-693d1dfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad