JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

五輪へ東京も変わるが景観壊さぬように 浅田次郎氏の想い 最終回(1/8) 日刊スポーツ

2016年1月8日(金)

Nikkan-Sports_20160108.jpg

五輪へ東京も変わるが景観壊さぬように/浅田次郎
 日刊スポーツ - 2016年1月8日16時54分



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 

五輪へ東京も変わるが景観壊さぬように/浅田次郎
 日刊スポーツ - 2016年1月8日16時54分
 

 <浅田次郎の新春(はる)語り(5)>

 競馬好きの浅田次郎氏はスポーツ新聞も読みます。

 「スポーツと芸能に特化したスポーツ新聞は、なかなか面白い文化だと思います。昔は喫茶店とスポーツ紙がワンセットだったような気がする。喫茶店は1日に1度や2度は入る場所だったので、そこには必ずスポーツ新聞があった。それを読みながら、コーヒーを飲んで、たばこを吸うというのが生活のスタイルだった。喫茶店が少なくなったのは大きいんじゃないかな。スターバックスに行ってもスポーツ新聞は読めないし、たばこも吸えません。さびしい限りです」

 2020年の東京五輪まで、あと4年。浅田氏は、1964年(昭39)の東京五輪も見ています。

 「これはもう日本のエポックメーキングでもあるし、中学1年で五輪を体験したのは自分史にとっても大きなエポックメーキングでした。ありありと、すべてが記憶に残っています。アベベが走っている姿が目に焼きついているし、東洋の魔女も、体操も…。東京にいながら、テレビでしか見なかった。なんであの時、甲州街道に行かなかったんだろう。行っていれば、『俺はアベベを見た』と今になっても言えるでしょう。随分後悔しています」

 五輪に向けての建設ラッシュも見てきました。

 「東京生まれの東京育ちとしては、子供のころはすごく良くなったと思いましたが、後になって考えてみれば、日本橋の上に高速道路をかけるというのは乱暴だった。ダンプカーが走り回って、東京中に地響きがしていたことを記憶しています。今度の五輪に向けて東京も大きく変わるとは思いますが、景観を壊さないように気を付けて欲しいですね」

 2度目の東京五輪を楽しみにしています。(終わり) 





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4051-5fec8d92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad