FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

東京都知事選挙

いつもブログ上を行き来している
【土佐高知の雑記帳】さんから、
トラックバックを頂いたので読んだら、東京都知事選挙のことだった。
今、政治ブログ上では、わたしもこの間取上げた「従軍慰安婦」問題に関する安倍総理の『トンデモ発言』と、改憲手続き法たる「国民投票法」の話題と伴に、都知事選挙も数々取上げられている。

私も、発言する気持ちはあったのだが、【土佐高知の雑記帳】さんが、殆ど言いたいことを代弁してくれたようなストーリーなので、一部コピペで手抜きを図ろうと思う。何しろ複数のブログを毎日更新しているので・・・

では、引用開始
**************************
(前略)
彼(石原知事)を持ち上げ、媚を売り、尻尾をふってすり寄っていった連中が、彼を舞い上がらせ、都政を泥沼にはめ込んだのだ(泥沼だと認識してない人は、これから先は読まないほうがいい)。

東京都政は、文字通り日本共産党をのぞく「オール与党」だった。
自民、公明の国政与党だけではない。
民社、社民の国政野党やネットなども予算案に賛成してきたのだから、東京都では「与党」だった。
(中略)
それにたいして野党である日本共産党は、石原都政を真っ向から批判。「しんぶん赤旗」と日本共産党が、石原都政の悪行を天下に知らしめたことは、いまでは常識である。

そして、日本共産党は、「革新都政の会」が擁立した吉田万三元足立区長を推薦したのである。
これをみると、誰が石原都政のきびしい批判者であったかは明らかだ。
(中略)
浅野氏。
3期12年の宮城県での実績をみれば、石原都政と変わりないことがわかる。
それは彼が都知事に出そうだという段階での、宮城県民のしらけた感想から充分うかがい知れるのだが…(^_^)。
(中略)
こんどの都知事選挙はマスコミの「あおり報道」に迷わされず、大局をみて都民には判断してほしいと思う。

そして当ブロガーは、吉田万三さんこそゆがんだ東京都政を立て直せる唯一の候補であると思う。
**************************
以上、引用おわり
是非、全部読んでいただきたい。
ここをクリック【大局を見誤るな!――都知事選挙によせて】

 なお、この、【土佐高知の雑記帳】さんの記事に書いた私のコメントをこちらに転載する。
【よく言っていただきました。
私も言いたかったことをまとめて言って頂いてありがとうございます。
 問題は、日本共産党がしんぶん「赤旗」などで、さまざまな警鐘を乱打し、マスコミも取上げざるを得なくなると(海外旅行、公私混同の子息の登用、築地市場等など)民主党がこれを横取りしてマスコミも民主党の手柄のように報道する。

 国政レベルでも同じで、格差や非正規雇用や偽装請負を告発して、NHKさへ取上げざるを得ない状況に追い込んだのに、格差問題は今や民主党の大看板になって、マスコミもそのように報道する。

 民主党は、こういう問題発生の元凶として与党と一緒に法律の枠組みさえ作ってきたのに、今や自ら推進してきたことに「反対する」振りをして票を掠め取る。

 これらは、福岡市長選でも北九州市長選でも全く同じ構造でした。

東京や国政でも全く同じパクリをやっています。 】

*******************************************
御覧頂きありがとうございました。
ついでにワン・クリックしていただければ嬉しいです。

*******************************************
なお、政治ブログではない私の【別のブログ】もよろしく!
ここをクリック

関連記事
スポンサーサイト



コメント

革新の負け癖

東京では美濃部都知事以来20年革新が負け続けています。
吉田さんでは間違いなく99、9%負けます。勝つ可能性は1%以下。(刑事裁判で無罪になる確率と同程度)
高級官僚出身の浅野さんが革新で無いのは百も承知。しかし情報公開や談合の禁止では十分に実績があり、人権無視でも性差別者、人種差別者でも核武装論者でもない。
中村敦夫氏と同程度に、都民にとって有意義といえるでしょう。この二人現状う認識では良く似ていますね、革新とはいえなくても十分に良識がある。
100%理想の政治を求めてはいけない。実現可能の60%の政治で満足しなければ今度も負けて、全てを失う。
中村敦夫氏や浅野氏を天まで持ち上げるのは『贔屓の引き倒し』で考えものですが、当選の可能性では吉田氏とでは格段に違う。
負け癖が付きすぎて勝つことの重要性を忘れている。勝ち馬に乗れるなら絶対に逃してはいけない。

共産党が候補を立てるのは宣伝と党勢拡大が目的で、吉田さんが知事に当選するとは思ってもいない。
志位さんも其のことは良く解っている。ただ本音を言ってしまっては、元も子もなくなるので黙っている。
泡沫の供託金没収候補でも選挙に立てるのは、そういう理由からです。
大昔は共産党の宣伝、党勢拡大のために、たとえ泡沫候補でも立候補させるだけで良かった。十分に意義があった。
しかし昔良かったからと言って、今良いとは限らない。
それを考えるのが政治家の使命です。何十年も前の戦術が今通用するかどうか良く考えてほしい。

  • 2007/03/15(木) 14:41:22 |
  • URL |
  • 布引洋 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

吉田VS浅野こそ

こんばんは。お久しぶりです、近畿の野次馬です。
僕はむしろ「石原慎太郎はもう無視して、都知事選を浅野VS吉田両候補の一騎打ちに仕立ててしまうべきだと思うのですがね。
石原知事に構うから、相手にしてもらえると思って調子に乗り、それを腑抜けたマスコミがヨイショするという方式が出来上がっているので、テレビ局に抗議文を送るところから始めたほうが良いかな・・・と思います。

おお、トラバの「そいつは帽子だ!」ブログでも僕と同じ考えの人がいましたね。

  • 2007/03/14(水) 19:00:23 |
  • URL |
  • 近畿の野次馬 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

共産党の主張は正論

土佐高知さんの発言は全く其のとうりで間違いではないのですが。・・・・

慎太郎が最悪で共産党が正しい。これに反論できる護憲派ブロガー一人もいないはずです。
ひとり共産党だけが石原慎太郎と真正面から対決していた。
此処までは簡単に答え(正解)がでるのですが。

で共産党推薦候補が慎太郎に勝てるか。?勝てません。!
天安門事件直後の選挙で最も消費税導入に反対し中国共産党を一番批判していた日本共産党は大敗北を喫しました。(この時社会党に消費税反対票が集中しマドンナブームと言われる)
正しい候補が勝てるなら今の首相は安部では無く志位さんがやっています。

石原票は前回300万票、今回7割として210万票、6割としても180万票、半分としても150万票。
対する共産党の基礎票は最大40万票,これにいくら上積みできるか。?
3割上積みで54万票、二倍になっても80万票、三倍でも120万票で勝てません。

土佐高知の記事中、予算案に全部賛成で与党になるは間違い。国会とは違い市町村議会では共産党は是々非々で予算案に賛成しています保守系ばかりの議会で共産党員首長の予算案は通ります。
些細な間違いですが参考までに。


  • 2007/03/10(土) 12:47:48 |
  • URL |
  • 布引洋 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/404-9b6d35f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)