JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

『消費者騙し』 の食料品への消費税軽減税率適用

2015年12月14日(月)

 「子ども騙し」 ならぬ 「消費者騙し」 の食料品への消費税軽減税率の適用

 結局、大増税はそのままで、食料品への課税も現行のママに過ぎない。

 財源1兆円を「恒久財源で」と言って、結局次の消費税増税に繋がるだけ。

 参議院選挙で公明党の組織票欲しさに丸呑みとか・・・

151212_114729.jpg
    西日本新聞 12月12日付けの記事の風刺画 (痛い処を突いている!)


 マスメディアは、「NEWS23」 でさえ、軍事費の削減や無駄な開発の見直し
研究開発費のバラマキには触れず、最大の愚策 「法人税減税」 の問題には
全く触れていない。

 ここに切り込んでいるのは、日本共産党だけの模様。

 その辺を一部引用すると 

 (志位委員長は)さらに、「消費税増税は“社会保障のため”といいながら、『骨太の方針』では、介護も医療も年金もすべて削る方針を打ち出している。
 一方で大企業には大減税、軍事費は2016年度予算で初めて5兆円を超える見通しだ」と指摘。
 「消費税増税そのものがまったく道理がないものであり、10%への増税そのものを中止すべきだ」と主張しました。 



 前にも書いた通り、実行税負担率は、特権的現免税で、公称法人税率を
まともに支払っていないほどだから、これを正当に負担させるだけでも
消費税増税を大幅に上回る税収が確保できるのに・・・・

JikkouZeiFutanritsu.jpg

【関連記事】

「毒薬飲ませるオブラート」
 志位委員長が自公の「軽減税率」批判

 しんぶん赤旗 - 2015年12月12日(土)


軽減税率「理念のない選挙目当ての手法」共産・志位氏
 朝日新聞 - 2015年12月11日19時16分

 この朝日記事は赤旗が報道したものと同じ京都での記者会見の模様だが、肝心の
 「大企業には大減税、軍事費は2016年度予算で初めて5兆円を超える見通し」
  と云う処は、慎重に引用を控えて(削除されて)いる。


  日本共産党・小池晃・副委員長による記者会見の映像


     *************************

     「消費税軽減税率」 についての西日本新聞・社説(12/12)
151212_115014.jpg

      12月12日の西日本新聞記事から
151212_114644.jpg

      同日の西日本新聞記事による適用範囲の図解
151212_114910.jpg


     続いて、日刊スポーツ(12/13)の記事
151214_221447.jpg

     その一部拡大 (外食の範囲は如何? 適用範囲図解)
151214_221505.jpg

     同じく、一部拡大 (荻原博子さんによる解説)
151214_221548.jpg
     法人税減税が必要なのか?!を問うている数少ない記事


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 

「毒薬飲ませるオブラート」
 志位委員長が自公の「軽減税率」批判

 しんぶん赤旗 - 2015年12月12日(土)
 

  日本共産党の志位和夫委員長は11日、京都市内で記者会見し、自民、公明両党による「軽減税率」導入に向けた議論について、「大増税という毒薬をオブラートに包んで飲み込ませるものであり、選挙目当ての党利党略そのものだ」と厳しく批判し、「消費税率10%への大増税そのものを中止すべきだ」と強調しました。

 志位氏は、消費税率10%への増税で5兆4000億円もの国民負担増になることを指摘。「(軽減税率によって)1兆円を軽減したとしても4兆4000億円の国民負担増であり、1家族あたり4万円以上の負担増になる。あたかも税負担が軽減されるかのような錯覚を呼び起こすが、『軽減税率』の名で、大増税という毒薬をオブラートに包んで無理やり飲み込ませるものに他ならない」と強調しました。

 さらに、「消費税増税は“社会保障のため”といいながら、『骨太の方針』では、介護も医療も年金もすべて削る方針を打ち出している。一方で大企業には大減税、軍事費は2016年度予算で初めて5兆円を超える見通しだ」と指摘。「消費税増税そのものがまったく道理がないものであり、10%への増税そのものを中止すべきだ」と主張しました。

市民連合の動きを歓迎

 また志位氏は、市民団体による戦争法廃止と立憲主義回復のための「市民連合」結成の提案について問われ、「『市民連合』の結成の提案というのは大歓迎です」と強調。「本当に真剣に、市民団体のみなさんが野党共闘を望んでいる。この声に、政党がしっかり応える必要があると思っています。この動きを歓迎するとともに、『市民連合』の願いと私たちの気持ちは一緒ですから、力をあわせて、野党共闘が実るようにしたい」と決意を語りました。 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:税金 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4024-51e99be6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad