JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

戦争伝える中学生朗読劇、福岡県那珂川町が中止 写真「衝撃大きい」

2015年12月6日(日)

 安倍独裁政治の影響が、地方の『木端役人』(あえて言う)にまで及んでいる。

 恐ろしい事態が進行しているようだ。
 
 配信されている『YAHOO! News』 の見出しを見て驚いた。

戦争伝える中学生朗読劇、町が中止 写真「衝撃大きい」
 『YAHOO! News - 2015年12月4日(金) 配信


 これによると、この『弾圧事件』が起こったのは、福岡県那珂川町の
『人権啓発イベント』で、町立中学校の生徒が行う筈であった『総毒劇』で
朗読と一緒に提示されるはずだった戦争の惨劇に関する写真などが
不適切とされたとのこと。

 戦争を直視せずに、何を後世に伝えようと云うのだろうか?!


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 



戦争伝える中学生朗読劇、町が中止 写真「衝撃大きい」
 『YAHOO! News - 2015年12月4日(金) 配信
 

  福岡県那珂川町の人権啓発イベントで町立中学校が上演予定だった朗読劇が、町の判断で中止になった。戦時中の写真をスクリーンに映し、歌などを交えて戦争の悲惨さを伝える劇だった。写真の中に原爆で亡くなった子どもの遺体などが含まれていたことから、町は「幼い子どもらも参加するイベントで衝撃が大きい」と中止を決め、準備を進めてきた学校側も受け入れた。

 町や学校などによると、イベントは町などが主催し、町内で6日に開く「第21回人権フェスタなかがわ」。人権啓発、反戦・平和を訴えるパネル展示のほか、ステージでは劇やダンスの発表などもある。

 中学生の朗読劇は2年生数人で行い、ステージのスクリーンに第2次大戦やベトナム戦争時の写真を映しながら、説明を加えたり、歌を歌ったりして戦争の悲惨さを伝える予定だった。

 映し出す写真には、長崎原爆資料館(長崎市)が「黒焦げとなった少年」「背中一面に熱傷を受けた少年」と題して展示している写真も含まれていた。これらについて、町は「衝撃が大きい」「ショックを与える」などと判断。武末茂喜町長が1日、最終的に劇の中止を決めた。武末町長は取材に対し、「会場には乳幼児から高齢者までおり、ショックを受ける人がいるかもしれない」と中止とした理由を話した。

 イベントを担当する町人権政策課は「劇を見る人への十分な説明や事前の学習がないまま、(写真が)突然出たらショックを受ける人がいるかもしれない」「イベントが迫り、修正する時間はなかった。劇の内容はすごく良いので、別の機会に発表してほしい」と話している。

 中学校では1日、校長が担当教諭や生徒に中止を説明。校長は「主催者が判断したのであれば、中止はやむを得ない」としている。

 長崎原爆資料館は、これらの写真の展示で、特に注意を促したり制限を設けたりしていない。資料館は「被爆の惨状は伝えねばならない」と話す。資料館には保育園などの見学もあるという。被爆者の一人、長崎平和推進協会継承部会の末永浩さん(79)は「ショックを受けるからと言って写真を見せなければ、何も伝えられない。語りや説明と一緒に伝えることで、被爆の実相を伝えられるのでは」と話している。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:中学校 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4016-40c69dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad