JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

「ハードルは壁ではなく越えるためにある」 日本共産党・志位委員長

2015年11月23日(月・勤労感謝の日)


 大阪W選挙の結果が判明する前に志位・共産委員長が東京で行った講演。

 NHKなどによれば・・・
 国民連合政権への「ハードル」に関して主として民主党への対応を念頭に
「ハードルは壁ではなく越えるためにあり、越える意志があれば越えられる」
と述べ、引き続き丁寧に説明し、実現を目指す考えを強調した、と云う。
 民主党内では、大勢が共産党との選挙協力には否定的なところだが、
岡田代表の誠意を信じて、エールを送り続けている。

NHK_201511230520_03.jpg
共産 志位委員長 国民連合政府実現へ丁寧に説明
 NHK-News Web - 2015年11月22日 22時29分


沖縄・消費税でも一致可能=野党連立構想で志位共産委員長
 時事通信 - 2015年11月22日 19:40


 日本共産党の民主党への気の遣い方は相当なもので、
民主党の前原誠司が「共産党の本質はシロアリ」と発言したことを
民主党の枝野幸男幹事長が謝罪したことについて、
「民主党執行部として誠意ある対応をしていただいたなと思っている」と述べ
この件を長引かせずに収束することにしたらしい。
 本人の謝罪が無いまま、不問に付すのは、従来には無かったことだと思う。

共産・志位委員長「誠意ある対応いただいた」 
 前原氏「シロアリ」発言謝罪の枝野幹事長に
 
 産経新聞 - 2015年11月19日 17:38


     ****************

 で、大阪のW選挙だが、自民党推薦候補を日本共産党が積極的に支援した結果
W敗北(大阪維新のW勝利)!と云う最悪の結果となった!

 自民党はW敗北したが、橋下徹と通じている安倍晋三は心底大喜びしただろう!
『これで俺の“独裁”は完成する』 とでも考えたかどうか・・・

 産経新聞をはじめ共産党嫌いのマスメディアは、日本共産党が自民推薦候補を
支援したことが自民支持層を離反させ、一般有権者にも「胡散臭い」感触を与えた
と云う趣旨の論評をしている。

【大阪ダブル選】共産「反安倍」とねじれ“ご都合主義”?
 民主は存在感なし…参院選へ不安残す

 産経新聞 - 2015年11月23日(月) 05:33


 共産党支持層の中にも自民推薦候補への投票をためらう人も多かっただろう。

 『大阪都構想』への反対を自民党など『反維新』勢力と協力して成功させたことと、
自民推薦候補を支援することとでは、本質的な違いがあったにも関わらず、見損ねた
可能性があり、参議院大阪選挙区での闘い方も立て直す必要があるかも知れない!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




共産 志位委員長 国民連合政府実現へ丁寧に説明
 NHK-News Web - 2015年11月22日 22時29分
 

 共産党の志位委員長は東京都内で講演し、共産党が呼びかけている安全保障関連法を廃止するための「国民連合政府」の樹立構想に対し、民主党内で受け入れは困難だという意見が大勢を占めていることについて、「ハードルは越えられる」と述べ、引き続き丁寧に説明し実現を目指す考えを強調しました。

 この中で共産党の志位委員長は、来年の参議院選挙に向けた民主党などとの候補者調整について、「『国民連合政府』で一致する野党が国政選挙で選挙協力しようということだ。『戦争法』の廃止と立憲主義の回復、それに『国民連合政府』の樹立、この国民的大義をみんなで掲げ、野党が結束して闘いたい」と述べました。
 そのうえで、志位氏は、民主党内で「国民連合政府」の構想の受け入れは困難だという意見が大勢を占めていることについて、「岡田代表は『国民連合政府の提案はハードルが高いが、参院選に向けて共産党と何らかの協力をすることが必要だ』という趣旨の発言をしている。ハードルは壁ではなく越えるためにあり、越える意志があれば越えられる」と述べ、引き続き丁寧に説明し、実現を目指す考えを強調しました。 




沖縄・消費税でも一致可能=野党連立構想で志位共産委員長
 時事通信 - 2015年11月22日 19:40
 

 共産党の志位和夫委員長は22日、東京都内で講演し、自身が提唱した安全保障関連法廃止を目的とする暫定的な連立政権構想に関し、沖縄県の米軍普天間飛行場移設工事の中止や、2017年4月の消費税率10%への引き上げ反対などでも野党間の一致点を見いだすのは可能だとの考えを示した。

 安保法廃止のみの「一点共闘」に対し、「無理がある」との指摘があることに配慮した発言とみられる。志位氏は同一労働同一賃金原則の確立など労働法制の見直しも挙げ、「恐らく一致は可能だ」と強調した。

 一方、民主党の細野豪志政調会長は同日、長崎市で講演し、国政選挙での共産党との協力について「安直に流れてはいけない」と改めて反対の考えを表明。同党の体質についても「(党内で)異論があるとはあまり聞かない。縮こまって、黙っている政党がいいとは思わない」と批判した。 




共産・志位委員長「誠意ある対応いただいた」 
 前原氏「シロアリ」発言謝罪の枝野幹事長に
 
 産経新聞 - 2015年11月19日 17:38
 

 共産党の志位和夫委員長は19日の記者会見で、民主党の前原誠司元外相が「共産党の本質はシロアリ」と発言したことを民主党の枝野幸男幹事長が共産党の山下芳生書記局長に謝罪したことについて、「『申し訳なかった』との話があったとうかがっている。民主党執行部として誠意ある対応をしていただいたなと思っている」と述べた。

 前原氏は14日の読売テレビの番組で、共産党との選挙協力の是非に関連し「共産党の本質はよく分かっているつもりだ。シロアリみたいなものだ。ここと協力をしたら土台が崩れる」と発言した。 




【大阪ダブル選】共産「反安倍」とねじれ“ご都合主義”?
 民主は存在感なし…参院選へ不安残す

 産経新聞 - 2015年11月23日(月) 05:33
 

 安倍晋三政権の打倒を訴える共産党は、大阪ダブル選で自民党推薦候補を自主支援した。「大阪維新の会がやってきた住民自治と民主主義の破壊は他の県に見られない特別なもの」(志位和夫委員長)という理由だったが、“ご都合主義”との批判も出かねない。

 共産党は党機関紙「赤旗」や党大阪府委員会のホームページに加え、独自のビラも作成して積極的に自民党候補を応援した。自民党候補の街頭演説では「さよなら維新」のプラカードを掲げた共産党系とみられる支持者が熱心に声を上げる一方、「アベ政治を許さない」のステッカーを貼った聴衆が拍手を送る場面もあった。

 志位氏は自民党候補を支援することについて「大阪維新を倒すとの大義で一致する政党が協力することに矛盾はない」と強調した。ただ、大阪維新の「敵」同士が手を組むという奇妙な選挙戦となり、逆に大阪維新から「自共共闘」を「暗黒軍団」(橋下徹大阪市長)と批判されることにつながった。実際、この共闘を敬遠する一定の有権者が大阪維新側に流れたとみられる。

 一方、府連が自民党候補を自主支援した民主党は選挙戦で党幹部を現地入りさせず、静観を決め込んだ。5月の「大阪都構想」の住民投票では、辻元清美政調会長代理ら地元選出の国会議員が「反大阪維新」を訴えて街頭に立ったが、今回はそれも見送った。

 国政で対立する自民党と表だって連携することを敬遠した形で、民主党幹部は「派手に自民党と活動をともにするわけにはいかなかった」と話す。

 ただ、政権を転落してから低迷が続き、最近は党内で解党か否かの路線問題が再燃している。注目の大阪ダブル選で存在感を発揮できなかったことで、来年夏の参院選に不安を残すことにもなりかねない。

 大阪維新側と分裂状態になった維新の党の今井雅人幹事長は22日夜、ダブル選挙の結果を受けて「都構想はわれわれも賛成しているので、実現に向けて頑張ってほしい」とのコメントを出した。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本共産党 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4003-a9505b2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad