JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

IS:新たなビデオ声明 米国名指し「首都攻撃する」

2015年11月16日(月)

 毎日新聞や各紙のWeb版やTVニュースで、フランスの『惨劇』 についての
『IS』 からの新しいビデオメッセージが『IS』 のWebsite にUPされた、とのこと!

 この新たなビデオメッセージでは、今回のテロは
 フランスの『IS』に対する空爆への報復であることを
 明確に押し出しているようだ。
 但し、真贋は確定されていない。
 昨日、民放で池上さんが詳しく解説していたが
 もうひとつスッキリしない中途半端さだった。
 最初の声明を『分析』していたが、単に内容を
 なぞっただけに終わっていたように思う。
 NHKに出ていたコメンテイターは、この最初の声明を
 『IS』が出したものであることは、ほぼ間違いないが
 内容は、ニュース報道で判る範囲でありお粗末である
 との印象を述べていた。
 すなわち、今回のテロを命令した者の声明ではなく、
 『後追い声明』ではないか?とのことだった。
 池上さんの解説には、そのような観点は抜けていた!
 『IS』は、『IS』を攻撃および支援する「有志連合」は
 全て攻撃の対象であることを主張している。
 これには、日本も含まれている。
 NHKの別の番組【視点論点】では、日本への攻撃は
 有り得るとし、来年の「伊勢志摩サミット」で、
 開催地以外の都市部も狙われる可能性があり、また
 来年にならなくても、在外公館や海外旅行中の観光客も
 狙われる可能性があると述べていた。
 つくづく、イスラエルでの安倍晋三の自信満々の
 『IS』攻撃への資金および後方支援演説が悔やまれる!

     ****************

IS:新たなビデオ声明 米国名指し「首都攻撃する」
 毎日新聞 2015年11月16日 23時59分
 

【アンタルヤ(トルコ南西部)秋山信一】
 過激派組織「イスラム国」(IS)が制作したとされる複数の映像が16日、インターネット上で公開された。パリの事件を報じるニュース映像が流れた後、IS戦闘員らしき男が「フランスは空爆を始めた時、2倍の報復を受けると思わなかったのか。(パリでの)反撃は倍以上だった。西欧の不信心者たちは、どこにいようと攻撃する」と警告。別の映像ではIS戦闘員の男が「今度はワシントンの中枢を攻撃する」と脅迫した。ISの正式な声明かは不明だ。  



【11月17日追記】

空爆参加国でのテロ予告=米破壊を訴え―「イスラム国」
 時事通信 - goo News -2015年11月17日 00:26


ISが新動画、米国と有志連合参加国への攻撃を警告
 朝日デジタル - goo News -2015年11月17日 00:37



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 





空爆参加国でのテロ予告=米破壊を訴え―「イスラム国」
 時事通信 - goo News -2015年11月17日 00:26
 

【カイロ時事】
 パリ同時テロで犯行を主張する声明を出した過激派組織「イスラム国」が制作したとみられる新たなビデオ声明が16日、インターネット上に投稿され、米国などシリアやイラクでの空爆作戦に参加する国への攻撃を警告した。

 声明では「イスラム国」戦闘員を名乗る男が「十字軍の作戦に参加する国々に告ぐ。お前たちは(同時テロが起きた)フランスと同じ日を迎える」と警告。その上で「われわれはフランスのパリを破壊した。われわれは米国のワシントンを破壊するだろう」と強調した。

 約12分間の声明は、パリ同時テロを伝えるニュースの映像などが使われている。その中で「イスラム国」広報担当のアドナニ容疑者とされる人物の音声も流され、「次はより狡猾(こうかつ)かつ強固なものになる」と攻撃続行を誓った。

 声明により、これまでシリアやイラクでの支配地域拡大を重視していた「イスラム国」が、2001年の米同時テロを起こしたアルカイダのような国際テロ組織としての性格を強めていることが一層鮮明になった。 




ISが新動画、米国と有志連合参加国への攻撃を警告
 朝日デジタル - goo News -2015年11月17日 00:37
 

 過激派組織「イスラム国」(IS)は16日、米国の首都ワシントンを標的にするなどと脅す2種類の動画をインターネット上に投稿した。パリの同時多発テロを「勝利」とアピールし、米国とその有志連合に参加する国々への新たな攻撃を予告している。

 サラフディン(イラク中部)発とする動画は11分41秒。パリの事件直後の現場付近を映したとみられる映像が流れる。男が複数登場し、「我々はカリフ(預言者ムハンマドの後継者)の戦士だ」「預言者のために復讐(ふくしゅう)すると誓う」などと語る。このうちの一人が「十字軍に参加している国々に告ぐ。フランスの中心地パリを攻撃したように、我々は必ず米国の中心地ワシントンを攻撃する」と語る。

 もう一つの動画はキルクーク発としている。動画は6分14秒。戦闘員とみられる男たちが「我々は、今回の偉大な勝利で世界中のイスラム教徒を祝福する」と述べた後、フランスを名指しして「お前たちはイスラム教徒やISを攻撃しても、イスラム教徒が何も行動を起こさないと思っていた。だが神のご加護で我々は今回の攻撃を成し遂げた」「フランスがイスラム教徒の国々の上空を飛行する限り、フランス人に休息の時はない。よりひどい報復を受ける」などと語る。

 さらに、この動画でも「米国に住む者は誰であろうが平和を享受できないだろう。有志連合に加わる国々も平和ではいられない」と警告している。

 またイスラム教徒に向けて「あなた方の兄弟が成し遂げたように、どこにいても不信心者を攻撃せよ」「どこにいようと十字軍の不信心者を標的にせよ。あらゆる手段で殺せ」と呼びかけた。

 この動画にも、パリの同時多発テロの現場を映したニュース映像が含まれている。だが、いずれの動画も戦闘員らを撮影した撮影日時や場所は不明だ。(カイロ=翁長忠雄)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3996-07a93cdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad