JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

11月14日早朝(日本時間) フランスのパリで同時多発テロ発生 128人が死亡・負傷者多数

2015年11月14日(土)

 私の友人が、今日からフランス・スペイン観光の旅に、親子で行こうとしている日に
渡航予定のフランスのパリで、『同時多発テロ』 が発生!

 私は、夜中も掛け流しにしていた NHK - FM放送 の 5:00 am のニュースで
第一報を聞いた。 午前8時過ぎには、死亡者が30人以上と発表!

 映画などを見て、帰宅した午後9時頃には死者120人を超えたと・・・

 先ほどのニュースでは、『IS』 が犯行声明を出し、死者は128人となったとのこと。

Mainichi-20150114-Paris-001.jpg

パリ同時多発テロ:ISが犯行声明 128人死亡
 毎日新聞 - 2015年11月14日(土) 21時32分


「イスラム国」が犯行声明 パリ同時テロ、死者128人に
 日本経済新聞 - 2015/11/14 21:29 (2015/11/14 23:12更新)

Nikkei_14112015MM0002-PN1-12L.jpg

 おそろしい事態が起こっている。 

 中でも、コンサートホールに乱入した『武装テロ集団』は、観客に向けて
爆弾を投げつけ、銃を乱射したと・・・!

 フランスのコンサートホールでの演奏会なら日本人を含む海外の観客も
多いと思うが、今の処 日本人の被害者は無いとのこと。

 安倍晋三がイスラエルで『IS』に宣戦布告した日本でも起こりかねない!

パリ同時多発テロ:「これは大虐殺」 やまぬ銃声、悲鳴
 毎日新聞 - 2015年11月14日 


パリで同時テロ 乱射爆発120人死亡200人負傷
 日刊スポーツ - 2015年11月14日13時52分


 仏独親善試合が行われていたサッカー・スタジアムでは、観客がピッチに避難したという。

slide_463728_6277006_compressed.jpg

【パリ同時多発テロ】
 「イスラム国」が犯行声明 「戦闘員を送り込んだ」

  HuffPost - Reuters - 2015年11月14日 23時32分 JST



 私の友人には出発前と思われる朝8時半頃メールしたが返信は無い。

 行かなかったと云う連絡も無いので、予定通り出発したのだと思うが、
フランスの空港に入れたかどうか・・・

パリ同時多発テロで博物館や図書館、市場などが閉鎖
 日刊スポーツ - 2015年11月14日19時36分


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 





パリ同時多発テロで博物館や図書館、市場などが閉鎖
 日刊スポーツ - 2015年11月14日19時36分
 

 少なくとも120人が死亡したパリ同時多発テロから一夜明けた14日、パリ市内の博物館や図書館、市場などが相次いで閉鎖された。

 フランスのメディアによると、同国政府は週末に予定された首都圏でのスポーツ行事を中止すると表明。「花の都」パリは文化・観光の機能がまひ状態に陥った。

 観光客に人気のディズニーランド・パリは「悲劇的な出来事を考慮」し、14日の閉園を決定した。英BBC放送は市民や旅行客らがテロ現場に花を手向け、ろうそくをともして犠牲者を悼む様子を伝えた。

 フランスの航空機や鉄道はほぼ通常通り運行した。ただ、予約で埋まっていたロンドン発パリ行きの高速鉄道「ユーロスター」に乗車したBBC記者はツイッターで、車内にほとんど乗客が見当たらないと伝えた。

 一方、普段はスムーズな空港の入国手続きには長蛇の列ができた。(共同) 



パリ同時多発テロ:ISが犯行声明 128人死亡
 毎日新聞 - 2015年11月14日(土) 21時32分
 

 【パリ賀有勇、アンタルヤ(トルコ南西部)秋山信一】
 パリ中心部と近郊で13日夜(日本時間14日早朝)に起きた同時多発テロで、過激派組織「イスラム国」(IS)は14日、インターネット上に「(ISの)戦士たちが“不貞の都”を攻撃した。爆弾と自動小銃で武装した8人の同胞がパリの選ばれた場所を標的にした」などと犯行への関与を主張する声明を発表した。AFP通信によると、死者は少なくとも128人に上っている。また、約300人が病院に搬送され、うち80人が重体。短時間のうちに劇場やレストラン、競技場など6カ所が襲撃されており、仏メディアは「フランスで起きた戦後最悪のテロ」と伝えた。

 オランド仏大統領は14日、国民向けのテレビ演説で「ISが実行した自由の国フランスに対する戦争行為」と非難し、ISの犯行と断定した。根拠は明かさなかったが「国内の共犯者の支援を受け、海外で準備・組織・計画された」と指摘した。また、「全土は3日間の喪に服す」と述べた。

 ISの声明は「いまいましい十字軍とのパリでの戦い」と題され、「ISフランス州」名義で出された。従来のISの声明と共通の書式を使い、フランスが9月からシリアで参加している対IS空爆や、イスラム教の預言者ムハンマドに対する風刺を非難した。これとは別にネット上に投稿されたIS広報部門による映像では、「空爆を続ける限り平和はないと思え。(IS支配地域に)移住できない者は仏国内で作戦を実施せよ」とテロを扇動した。

 パリ警察は実行犯8人のうち7人が自爆死し、1人が射殺されたと明らかにした。仏メディアによると、自爆テロがあった競技場付近では、実行犯のものとみられるシリアとエジプトのパスポートが見つかった。また、劇場でのテロ実行犯はパリ郊外生まれのフランス人の男であることが指紋の照会から判明した。劇場の犯行グループの中には女が含まれているという。

 一方、ドイツ・バイエルン州のゼーホーファー州首相は14日、大量のマシンガンや爆発物を所持していたとして今月5日にドイツ南部で逮捕したモンテネグロ出身の男が、今回のテロに関与していたと「信じる理由がある」と述べた。

 オランド大統領は14日、国防会議を開催し、対応を協議した。パリ市は学校や博物館、図書館、市場などの市の施設を14日は閉鎖すると発表。仏政府も週末にパリで予定されていたスポーツイベントの中止を決めた。また、パリ警察は「安全を確保できない」として、市民によるテロへの抗議デモを念頭に19日までパリでのデモを禁止するとの声明を出した。 



「イスラム国」が犯行声明 パリ同時テロ、死者128人に
 日本経済新聞 - 2015/11/14 21:29 (2015/11/14 23:12更新)
 

【パリ=黄田和宏】
 パリ市とその近郊で13日夜に発生した同時テロについて、オランド仏大統領は14日の演説でイスラム過激派「イスラム国」(IS=Islamic State)による犯行だと断定し、ISは犯行声明を発表した。テロによる死者は少なくとも128人に達し、仏治安当局はパリを中心に多くの施設を閉鎖した。主要国はテロへの危機感を強めており、15日にトルコのアンタルヤで開幕する20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)でもテロ対策が主要議題になる。

 オランド氏は14日、国防に関する関係閣僚会議に出席した後、テレビ演説し、今回のテロを「テロリストによって起こされた戦争行為だ」と語った。AFP通信によると、けが人は250人以上でうち約100人が危険な状態にあり、死者数はさらに増える可能性がある。フランスにとっては1945年以降、最大のテロ事件となった。

 フランスは2014年にイラク領内のISに対する空爆を始め、今年9月にはシリアに対象を広げた。ISは14日、インターネット上に出した声明で「オランドがシリアへの攻撃をやめない限り、フランス国民は安心して眠れない」とした。

 G20首脳会議は16日まで2日間の日程で開く。首脳らは「テロとの戦い」で一致するとともに、具体的な協力策を議論する。オランド氏は欠席することを決めており、代理として出席するファビウス外相は14日、滞在先のウィーンで「テロに対して国際的な協調が必要だ」と述べた。


 テロが起きたのは、パリ市内東部に位置する10区と11区のレストランや劇場、パリ近郊の競技場など計6カ所とみられる。レストランでは自動小銃が乱射されたほか、競技場では爆発が起きた。自爆テロもあったとみられる。

 劇場では人質をとって立てこもった3人を治安当局が射殺し、市民にも約80人の犠牲者が出たもようだ。AFP通信によると、一連のテロで8人の実行犯が殺害されたが、共犯者が逃亡している可能性もあるという。ロイター通信によると、競技場の犯人とみられる遺体の近くでシリアのパスポートがみつかった。

 オランド大統領は13日深夜、非常事態を宣言した。フランスでは1500人の兵士が治安維持に投入されたほか、国境審査が強化された。パリ市は14日、美術館や図書館などの施設を閉鎖し、集会やデモの許可を取り消した。住民には不急の外出は避けるよう呼びかけている。

 メルケル独首相は14日、「パリだけへの攻撃ではなく、我々全員への攻撃だ」とフランスとの連帯を表明、ベルリンの仏関連施設の警備を強化した。キャメロン英首相は同日、ツイッターでテロ対策を協議する会議を開くと明らかにした。ベルギー政府は仏との国境で、通常は実施していない入国審査を導入した。

 在フランス日本大使館はフランスに渡航、滞在する日本人にテロなどに巻き込まれないよう慎重に行動するよう呼びかけている。 




パリ同時多発テロ:「これは大虐殺」 やまぬ銃声、悲鳴
 毎日新聞 - 2015年11月14日 
 

 爆音がとどろき、銃声が鳴りやまず、悲鳴を上げた人々が逃げ惑い、重装備の治安部隊が走り回る−−。晩秋の週末の夜を楽しんでいたパリ市民を襲った惨劇は、13日夜に市中心部と周辺地域で次々と起きた。ロックグループの公演会場、サッカーのフランス代表が戦う競技場、人々が夕食を楽しむレストラン。パリでは今年1月に「言論の自由」に挑戦するメディア襲撃事件が起きたばかり。「芸術の都」で繰り返される惨劇に、市民は恐れと悲しみ、怒りに身を震わせている。【パリ賀有勇】

 「これは大虐殺です。20人から25人ぐらいの死体が床に投げ出されていた。ひどく重いけがをしている人も少なくない」。銃の乱射などで100人以上が犠牲になったバタクラン劇場の惨劇について、目撃者の一人はラジオ局にこう話した。銃撃は10分近く続いたという。劇場では米国の人気ロックグループ「イーグルス・オブ・デス・メタル」の公演が予定され、1500席分のチケットが売り切れていた。

 劇場に立てこもった犯行集団の残虐さを伝える情報もある。AP通信は、犯人らが人質に取った観衆に爆弾を投げつけた可能性があると報道。英BBCは未確認情報として、人質が射殺された恐れがあると伝えている。

 その後、治安部隊が劇場に突入。解放された人々の表情には恐れと怒りが刻まれていた。この晩は気温10度前後の冷え込みだったが、解放された人の中には上半身に服を着ていない男性の姿もあり、現場の混乱した様子がうかがえた。

 パリ中心部の11区にある劇場は、1月に襲撃された週刊紙シャルリー・エブド社の旧社屋から約200メートルしか離れていない。別の襲撃現場となったカンボジア料理レストランも同社旧社屋の近くだった。レストランにいた目撃者はAFP通信に対し、「全員が床に伏せた後、まったく動くことができなかった。現実とは思えなかった」と襲撃の瞬間を証言する。その後、ぐったりとした女性が男性に抱きかかえられ、運び出されたが、「既に彼女は息絶えていたかもしれない」と語る。

 レストランでは、銃声が30秒近く続いたとの証言もある。近くの住民の男性は「音が鳴りやまないから、花火が打ち上げられたのかと思った」と述べた。周辺一帯に銃声が響き渡った様子だ。乱射後のレストランの前には犠牲者の遺体が並べられており、惨劇の生々しさを物語った。

 国民的な人気を誇るサッカーのフランス代表の試合会場近くも狙われた。パリ近郊サンドニの競技場では、昨年のワールドカップで優勝したドイツとの親善試合を開催中。オランド仏大統領とシュタインマイヤー独外相が観戦していた。会場周辺で数度にわたり爆音がとどろくと、多くの観客がピッチに飛び降りた。恐怖にかられた人々は避難指示の放送がかかる前に、幾つかの出口に殺到。会場は大混乱した。 




パリで同時テロ 乱射爆発120人死亡200人負傷
 日刊スポーツ - 2015年11月14日13時52分
 

 パリ中心部の劇場や郊外の競技場近くなど少なくとも3カ所で、13日午後9時(日本時間14日午前5時)すぎ、ほぼ同時に乱射や爆発が起きた。

 フランスのメディアによると、パリ検事局は少なくとも120人が死亡したと発表。ロイター通信は死者数を当初140人超としたが、120人以上に修正した。フランスのメディアは、約200人が負傷したと報じた。

 劇場では立てこもりが起きたが、治安部隊が突入、犯人らを射殺した。周到に計画された同時多発テロとみられる。オランド大統領は非常事態を宣言、事態が沈静化するまで国境を閉鎖すると述べた。

 フランス公共ラジオは、劇場でのテロを起こした実行犯らは「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫び、群衆に銃撃したとの目撃者の証言を伝えた。実行犯らは「シリアへの介入を容認しない」とオランド氏を批判していたという。イスラム過激派による犯行の可能性がある。警察当局者は、競技場近くで起きた爆発は自爆テロとの見方を示した。

 岸田文雄外相は「現時点では邦人の被害は聞いていない」と語った。

 パリ検事局は、容疑者5人が死亡したとする一方、逃走した容疑者がいる可能性も示唆した。オランド氏は緊急テレビ演説を行い「前例のないテロが起きた。われわれは結束し、断固として戦う」と述べた。

 フランスでは今年、パリの週刊紙本社銃撃、リヨン郊外のガス工場爆発などテロが相次いでいる。オバマ米大統領や潘基文国連事務総長もテロを強く非難した。

 フランスのメディアによると、立てこもりが起きたバタクラン劇場はパリ11区にあり、襲撃時、米国のロックグループのコンサートが開かれていたという。パリ10区のレストランでも銃撃があった。

 パリ郊外サンドニ市の競技場「スタッド・ド・フランス」でサッカーのフランス対ドイツ代表の親善試合が行われている最中、近くで複数の爆発が起きた。オランド氏とドイツのシュタインマイヤー外相が観戦していたという。CNNが放映した映像では、試合中に爆発音が起き、選手たちがプレーを中断、場内は騒然となった。(共同) 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3994-3d0966a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad