JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

三菱航空機の【MRJ】が初飛行成功! そして航空自衛隊は女性戦闘機乗りを養成!

2015年11月12日(木)

 三菱航空機が開発を進めてきた国産初のジェット旅客機【MRJ】
 が初飛行に成功した、とのこと。

 それは、それで日本の製造業にとっては朗報かも知れないが、NHKも
含めて、『持ち上げ過ぎ』 ではないだろうか?

 私の昨日の facebook より
   *********
  今朝(2015/11/11)7時のNHKニュースの冒頭12分間掛けて
 このニュースをやっていた異常な編集。
 三菱としては、どれだけの宣伝費に相当するだろう。
 民放CMで10分も使ったら数千万円?
 民放各局のニュースでも取り上げているし、このHufPostまで便乗!
 多大な広告費を放送局が代替えしたことになる!
 何と気前の良いことか?!
 と、この記事をシェアしている私も同罪か (-_-;)



MRJが初飛行、国産初のジェット旅客機が大空に羽ばたく
 The Huffington Post | 執筆者: 安藤健二
 投稿日: 2015年11月11日 07時58分 JST

  (画像・映像へのリンクあり)
n-MRJ3-large570.jpg


 このニュースと同じ日に、『航空自衛隊が女性戦闘機乗りを養成!』との
報道を聞き、なるほどMRJのニュースに便乗したな! と思った。

自衛隊戦闘機に初めて女性パイロット起用へ
 日刊スポーツ - 2015年11月11日11時57分]


     *****************

【関連記事】

国産初ジェット旅客機MRJが初の試験飛行に成功
 日刊スポーツ - 2015年11月11日12時10分


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




自衛隊戦闘機に初めて女性パイロット起用へ
 日刊スポーツ - 2015年11月11日11時57分]
 

 防衛省は、自衛隊で女性の登用拡大を図るため、自衛隊戦闘機のパイロットに初めて女性自衛官を起用する方針を固めた。安倍政権が掲げる「女性活躍推進」の一環で、週内にも正式決定する。政府関係者が11日、明らかにした。

 航空自衛隊のF15戦闘機やF4戦闘機のパイロットへの起用を想定している。既に空自内に希望者がおり、訓練などを経て3年後をめどに正式に任務に就く見通しだ。

 これまで自衛隊の輸送機や哨戒機などのパイロットには女性自衛官を配置していた。しかし、戦闘機は重力による体への負担が大きく、妊娠や出産などで長期間任務に当たることができない可能性があることから、女性の起用を見送ってきた。

 米国や英国では既に女性の戦闘機パイロットがおり、防衛省はこうしたケースを踏まえて再度検討。男女共同参画を推進する観点から輸送機などにとどまらず、戦闘機にも拡大させることにした。(共同)


 
初の国産ジェット機MRJ飛んだ 実用化へ前進
 日刊スポーツ - 2015年11月12日9時48分
 

 三菱航空機(愛知県豊山町)が開発を進めてきた国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)が11日、試験飛行で愛知県営名古屋空港(豊山町)を飛び立ち、約1時間半の初飛行に成功した。国産旅客機の開発は、1962年(昭37)8月に初飛行したプロペラ機「YS11」から約半世紀ぶり。

 開発コストは国が一部を負担し、官民連携で日本の技術力を結集した最先端の性能で「世界の翼」を目指す。国産ジェット旅客機は開発開始から10年以上かけて初飛行の節目を迎え、今回の成功で実用化へ大きく前進した。

 試験機には自衛隊出身の三菱航空機の安村佳之チーフテストパイロットらが搭乗。着陸時のリスクを減らすために車輪は出したまま太平洋側の遠州灘の上空を飛び、計画通り名古屋空港に戻って着陸した。空港滑走路近くでは報道陣を含む関係者ら約500人が詰めかけ、晴れわたった青空に白い機体が飛ぶ様子を見守った。

 森本浩通社長は初飛行終了後に名古屋市内で記者会見し「大成功に近い」と評価。開発スケジュールを5度延期したことにも触れ、「(納入先など)関係者に心配を掛けたが、期待に応えることができた」と述べた。会見の中では、MRJの事業戦略として現行の試験機(70~90席クラス)よりも席数が多い100席クラスの開発を検討する考えも表明。機体全長を延ばすなど改良を加えることで機種を拡充し、海外の航空会社からの受注増を狙う方針を示した。

 ◆MRJ 三菱重工業の子会社、三菱航空機が開発する小型ジェット旅客機。全長は35メートル前後、座席数は70~90席程度。最新鋭エンジンを搭載し、燃費性能をライバル社の従来機より2割程度向上させた。量産は三菱重工が受け持ち、愛知県内のほか三重県や神戸市の生産拠点で胴体や尾翼、主翼などをそれぞれ製造。最終組み立ては小牧南新工場(愛知県豊山町)で実施する。 




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3992-4d8737ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad