JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

毎日新聞の社説 【野党選挙協力 民主党が主体的に動け】 良く言った!!!

2015年11月8日(日)

 今日は衆議院議員・田村貴明さんの facebook 投稿を御紹介します。 

田村貴明さん (日本共産党・衆議院議員) facebook
 2015年11月8日(日) 8:00 

 日本共産党が呼びかける国民連合政府がメディアで連日話題となっている。そして今日は、毎日新聞(11.8)の社説でも。「野党選挙協力 民主党が主体的に動け」
「『自民党1強』が続く中、まず来夏の参院選で野党勢力を伸ばし、安倍政権の独走に参院でブレーキをかけるというのであれば、選挙協力は検討してみる必要がある」 


Mainichi-Editorial_20151108.jpg
     (紙面画像も田村貴明さんの facebook 投稿よりコピペ)

 一般記事ではなく、【社説】 で、これを問うているのは、インパクトがある!

 その元ネタである、【毎日新聞の社説】は・・・

社説:野党選挙協力 民主党が主体的に動け
 毎日新聞・社説 - 2015年11月08日 02時32分




【関連ツイート】

  志位和夫 on Twitter - 2015年11月7日16:34  

 テレビ東京系「田勢康弘の週刊ニュース新書」に出演。「国民連合政府」について話しました。「政権を共にするのはハードルが高い」という声に、「『壁』は越えられないが、『ハードル』は越えられる。そこはよく話し合ってみたい」と表明しました。  

 志位さん、うまいことを言う 「『壁』は越えられないが、『ハードル』は越えられる。」


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




社説:野党選挙協力 民主党が主体的に動け
 毎日新聞・社説 - 2015年11月08日 02時32分
 

 来夏の参院選、さらには次の衆院選に向けた野党間の選挙協力話が出ている。しかし、連立政権構想まで打ち出した共産党とは対照的に、民主党の受け身の姿勢が目立つ。野党第1党がこの状況では政治に大きな影響を及ぼす動きとはならない。

 共産党の構想は(1)衆参の選挙で野党が選挙協力して政権交代を果たす(2)そこで「国民連合政府」を作り、集団的自衛権の行使を認めた閣議決定を撤回し、先の国会で成立した安全保障関連法を廃止する−−というものだ。安保関連法廃止を目的とした特命政権構想といえる。

 安保関連法に反対してきた人たちからは成立後「次の選挙が重要なのに野党がバラバラでは反対票が分散してしまう」と野党結集を求める声が出ていた。共産党の構想はそんな声に素早く対応したものだろう。

 とはいっても安保関連法廃止だけで一致する連立内閣はやはり無理がある。民主党の岡田克也代表が選挙協力には前向きな姿勢を示しつつ、連立を前提にした話には乗れないと語っているのは理解できる。

 ただし「自民党1強」が続く中、まず来夏の参院選で野党勢力を伸ばし、安倍政権の独走に参院でブレーキをかけるというのであれば、選挙協力は検討してみる必要がある。

 参院選は政権を選択する選挙ではない。一方で衆院小選挙区と同様、参院選も「1人区」の勝敗が選挙結果を左右する。「1人区」で野党が候補を一本化した方が選挙戦略上、有利になるのは確かだからだ。

 共産党は2009年の衆院選で「民主党への政権交代は確実」とみて全選挙区に候補を立てる従来方針を転換し小選挙区での擁立を自主的に控えた。民主党は今回も同じ対応を共産党に期待しているのかもしれない。民主党内には共産党と選挙区調整の共同作業をすること自体に抵抗がある議員が多い事情もある。

 だが、当時と状況は違う。世論調査では安保関連法に反対する国民があれだけ多かったにもかかわらず、民主党の支持率はさして上がっていない。民主党には政権は任せられないとの声は今も根強いと思われる。

 だとすれば本来なら民主党が率先して野党の連携を呼びかけるべき局面なのだ。自らの力不足を認め、謙虚に他党の協力を仰ぐくらいでないと実際には前に進まない。

 同時に、なぜ国民の信頼を取り戻せないのか、改めて真剣に問い直すべきだ。安保政策をはじめ政党として中核となる政策が、民主党は依然明確でない。どんな政権を目指すのか。足元を固める作業も必要だ。

 もっと主体的に動かないと、仮に選挙協力が実現したとしても単なる数合わせと見透かされてしまう。 



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3988-1869acfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad