JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【戦争廃止 1101 天神ジャック】 に行ってきました!

2015年11月1日(日)

 早くも11月! 

今日は昼前からKBCシネマで 【顔のないヒトラーたち】 を見たあと

夕方4時からの 【戦争廃止 1101 天神ジャック】 に行ってきました!

4ヶ所で行われている行動に10分位づつハシゴ!
私も一応 【九条守れ!】 【戦争NO!】 の看板を持って
それぞれ短時間立ちました。

顔を出した順に紹介すると・・・

天神三越前 【ママ・パパのエリア】
151101_161249.jpg

天神コア前 【(一日遅れの)ハロウィンのエリア】
151101_162138.jpg


天神パルコ前 【学生・高校生のエリア】
151101_162629.jpg

151101_163808.jpg


天神イムズ前 【ドラム隊などのエリア】
151101_164331.jpg
  ここでは、田村貴昭衆議院議員が迫力あふれる連帯と激励のスピーチ!
151101_164256.jpg
  青い上着の田村貴昭衆議院議員の左横は、民主党の野田国芳議員だとのこと。

     *****************

話し変わって(戦争法関連ではありますが) 今日の東京新聞の社説

 弁護士の伊藤真さんが書いた憲法の絵本「あなたこそ たからもの」に
出てくる喩え話「多数決でA君に毎日の掃除当番を押し付けるのは正しいか」
を引用し、ヒトラーの多数決でのファシズム構築や、自民党の暴挙について
語っています。

 結構長い【社説】ですが、そのヒトラーに触れた部分は、こんな感じ・・・ 

  「A君に毎日、掃除当番をさせる」という多数決の結論は、「多数の横暴」そのものです。立憲主義憲法では、それを許しません。立憲主義は暴走しかねない権力に対する鎖であると同時に、民意さえ絶対視しない考え方です。いかなる絶対主義も排するわけです。民意もまた正しくないことがあるからです。ナチス・ドイツのときが典型例でしょう。
 初めはわずか七人だったナチス党は国民の人気を得て、民主的な手続きによって、一九三三年にドイツ国会の第一党となりました。内閣を組閣したヒトラーは議会の多数決を利用しました。そして、政府に行政権ばかりでなく立法権をも与える法律をつくりました。「全権委任法」です。
 議会は無用の存在となり、完全な独裁主義の国となりました。戦後間もないころ、旧文部省がつくった高校生向けの「民主主義」という教科書では、このテーマを「民主政治の落とし穴」というタイトルで描いています。
 <多数決という方法は、用い方によっては、多数党の横暴という弊を招くばかりでなく、民主主義そのものの根底を破壊するような結果に陥ることがある>
 <多数の力さえ獲得すればどんなことでもできるということになると、多数の勢いに乗じて一つの政治方針だけを絶対に正しいものにまでまつり上げ、いっさいの反対や批判を封じ去って、一挙に独裁政治体制を作り上げてしまうことができる>
 旧文部省の教科書は何とうまく「多数の横暴」の危うさを指摘していることでしょう。多数決を制したからといって、正しいとは限りません。それどころか、多数決を乱発して、独裁政治に至る危険性もあるわけです。 



【社説】 週のはじめに考える 多数決がのし歩いては
 東京新聞・社説 - 2015年11月1日


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




【社説】 週のはじめに考える 多数決がのし歩いては
 東京新聞・社説 - 2015年11月1日
 

  安全保障関連法の強行可決にみられるように、国会ではますます「数の論理」が幅をきかせています。でも、多数決は本当に万能なのでしょうか。

 掃除当番は面倒なものです。誰も進んでやりたくない仕事です。でも、毎日、誰かが引き受けなければなりません。そこで、こんな提案がありました。
 「誰か一人にやってもらおう」
 そうして、「誰か」にA君が指名されてしまいました。来る日も、来る日もA君が一人で掃除当番を引き受けるという案です。
 みんなで多数決をした結果、「A君が毎日、一人で掃除当番をする」という案が過半数になってしまいました。

◆掃除当番の押しつけは

 さて、こんな投票は許されることなのでしょうか。こんな多数決は有効なのでしょうか。
 実は掃除当番のエピソードは、弁護士の伊藤真さんが書いた憲法の絵本「あなたこそ たからもの」に出てきます。絵本には、こんな説明があります。

 <たとえ、たくさんのひとがさんせいしても、ただしくないこともあるんだ。わたしたちは、ぜったいまちがえない、とはいえない。わたしたちが、えらんだだいひょうも、いつも、ただしいことをするとは、かぎらない>

 確かに面倒だからといって、A君に掃除当番を押しつけたことは正しくありません。提案自体も多数決の結果も間違っているわけです。では、なぜ間違いだといえるのでしょうか。
 ずばり、A君の人権が侵されているからでしょう。毎日、苦痛な掃除当番を一人に背負わせるのは、基本的人権の観点から許されません。A君という「個人の尊重」からも問題でしょう。絵本の文章はこう続きます。

 <だから、ほんとうにたいせつなことをけんぽうに、かいておくことにしたんだ>

◆民主政治の落とし穴は

 日本国憲法の三大柱は、基本的人権と国民主権、そして平和主義です。憲法前文にはとりわけ基本的人権が優先する形で書かれています。しばしば国民の間で行われた多数決の結果を「民意」と呼んだりしますが、たとえ民意が過半数であっても、基本的人権は奪うことができません

 「A君に毎日、掃除当番をさせる」という多数決の結論は、「多数の横暴」そのものです。立憲主義憲法では、それを許しません。立憲主義は暴走しかねない権力に対する鎖であると同時に、民意さえ絶対視しない考え方です。いかなる絶対主義も排するわけです。民意もまた正しくないことがあるからです。ナチス・ドイツのときが典型例でしょう。

 初めはわずか七人だったナチス党は国民の人気を得て、民主的な手続きによって、一九三三年にドイツ国会の第一党となりました。内閣を組閣したヒトラーは議会の多数決を利用しました。そして、政府に行政権ばかりでなく立法権をも与える法律をつくりました。「全権委任法」です。

 議会は無用の存在となり、完全な独裁主義の国となりました。戦後間もないころ、旧文部省がつくった高校生向けの「民主主義」という教科書では、このテーマを「民主政治の落とし穴」というタイトルで描いています。

 <多数決という方法は、用い方によっては、多数党の横暴という弊を招くばかりでなく、民主主義そのものの根底を破壊するような結果に陥ることがある>

 <多数の力さえ獲得すればどんなことでもできるということになると、多数の勢いに乗じて一つの政治方針だけを絶対に正しいものにまでまつり上げ、いっさいの反対や批判を封じ去って、一挙に独裁政治体制を作り上げてしまうことができる>

 旧文部省の教科書は何とうまく「多数の横暴」の危うさを指摘していることでしょう。多数決を制したからといって、正しいとは限りません。それどころか、多数決を乱発して、独裁政治に至る危険性もあるわけです。

 確かに多数決は民主的手続きの一つの方法には違いありません。しかし、少数派の意見にも十分耳を傾けることや、多数決による結論に対する検証作業も同時に欠かせない手続きといえます。

◆「4分の1」の尊重を

 臨時国会の召集を野党が憲法五三条の規定に基づいて求めましたが、政府は「首相の外交日程」などを理由に拒みました。議員の四分の一の要求があれば、召集を決めねばならないという規定です。
 「四分の一」という数字は、むろん少数派の意向を尊重する意味を含んでいます。多数決論理ばかりが横行して、「四分の一」という少数派の「数の論理」を無視しては、民主主義がうまく機能するはずがありません。 



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3981-2dbffec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦争法のもとでわが子が狙われている 自衛隊が家庭訪問で勧誘  対象者リスト 市から入手 北海道

社会が今確実に少しづつ戦争に向かっていること、 もう気づかなかったと言い訳できる状況ではないと思います。 それでも無視をして生き続けるのか、それと向き合うのか、 どちらがストレスが高いのかが私達の成長度合いの尺度になる。 戦争法のもとでわが子が狙われている 自衛隊が家庭訪問で勧誘 対象者リスト 市から入手 北海道 2015年10月26日しんぶん赤旗 ・・・・・ 夕食の支度...

  • 2015/11/02(月)11:27:51 |
  • 政治Ⅱ

FC2Ad