JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

野党・5党が憲法53条に基づき国会開催を要求! 安倍晋三内閣は 憲法を無視して見送る意向!

2015年10月21日(水)

 野党・5党は、内閣改造後も臨時国会を開催しようとしない安倍内閣に対して
日本国憲法第53条に基づいて国会議員の1/4以上の署名を添えて開会を
要求した! 当然の行動であり、共同行動を行ったことは望ましい!

 これも、選挙協力を含む野党共闘の一歩として欲しい!


 憲法53条は、「衆参どちらかの総議員の4分の1以上の求めがあれば、
内閣は召集を決めなければならない」と定めている
が、時期については
明記していないことを口実に、安倍政権は召集を見送る方向だとのこと!

 ここでも新たな『憲法違反』を「違反ではない」と主張するのだろう。
 憲法が、国会議員の要求で内閣は国会の召集を決めなければならない
と定めているのは、内閣が意図的に国会を無視しようとすることを防ぐためで
基本的には元々緊急性を要するもの。

 もう一つの側面としては、戦前のように政府が国会を召集せずに
独断専行で政治や戦争を進めて行くことが無いようにするための
規定でもあるはずだ!


 だから、わざわざ召集時期までは定めていない訳で、できる限り早急に
召集するべきであると云うのが一般的な読み方だろう!

 憲法53条に召集時期までは決めていないので、見送ると言うのは、
憲法の基本精神をないがしろにするものである!


 なお、多くのマスメディアが『見送る』という政権に遠慮した表現をしているが
実質は「憲法を無視する」ものである!

 憲法違反を続ける安倍晋三独裁政権を許すな!

       “ABEnd!”

     ****************

野党5党、臨時国会召集を要求 憲法規定に基づき
 朝日新聞 - 2015年10月21日 12時32分


野党5党:臨時国会要求書 与党、新閣僚へ追及危惧
 毎日新聞 - 2015年10月21日 22時10分


臨時国会の速やかに召集を!今日、憲法53条に基づく野党連名の要求書を衆参それぞれで提出しました。戦争法、TPP、沖縄、原発、改造内閣の所信など議論すべきことは山積みです。安倍内閣は逃げるな!
 井上哲士 - Twitter 2015年10月21日 15:56


臨時国会開会を要求
 野党5党1会派 書記局長・幹事長会談開く

 しんぶん赤旗 - 2015年10月20日(火)


将来の首相狙う覚悟で国民に説明を
 日刊スポーツ【政界地獄耳】 - 2015年10月20日8時52分



 下記の毎日新聞の【社説】は、5野党が国会召集を要求する前のもの
社説:臨時国会見送り 立法府を無視している
 毎日新聞・社説 2015年10月18日 02時35分

    当ブログの10月19日付けの記事 に引用しています。
 
*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 





野党5党、臨時国会召集を要求 憲法規定に基づき
 朝日新聞 - 2015年10月21日 12時32分
 

  野党5党は21日午前、憲法53条の規定に基づいて衆院議員の4分の1以上の名簿を添えて、臨時国会の召集を大島理森衆院議長に求めた。
 午後には山崎正昭参院議長に対して同様の署名を提出する。
 過去には召集の求めに応じなかった例があり、安倍政権も見送る方向だ。
 野党はさらに反発を強めそうだ。 



野党5党:臨時国会要求書 与党、新閣僚へ追及危惧
 毎日新聞 - 2015年10月21日 22時10分
 

 民主などの野党5党は21日、憲法53条の規定に基づき、政府が臨時国会を召集するよう求める要求書を衆参両院に提出した。同条は衆参どちらかの4分の1以上の議員の要求があれば内閣は召集を決定しなければならないとしており、野党は安全保障関連法の審議に続き、憲法を盾に攻勢を強める。対する政府・与党は新閣僚の問題が次々浮上していることを危惧。臨時国会召集には慎重な姿勢を依然として保っている。 

  「(53条に)日付が書いてないから2カ月間、開かなくていいということにはならない。先延ばしは憲法違反だ」。民主党の岡田克也代表は同日、京都市でこう述べ、政府・与党をけん制した。

 野党は、衆院が民主、維新、共産、社民、生活の5党125人、参院が民主、共産、社民、生活の野党4党などの84人が名前を連ねて召集を要求。衆参ともに「4分の1」を超えているが、憲法53条には時期の定めがなく、召集は最終的に内閣の判断。小泉政権時に2回、野党が要求書を提出したが、政府・与党は応じなかった。

 大島理森衆院議長は野党要求に「立法府の使命もある。しっかり受け止めて政府にお伝えしたい」と応じ、官邸や与党に対応の検討を要請した。だが、政府・与党は今月下旬から安倍晋三首相の外遊日程が立て込んでいることなどを理由に召集に消極的なままだ。

 背景には、昨年の臨時国会の苦い経験がある。当時、新閣僚となったばかりだった小渕優子経済産業相と松島みどり法相が政治資金の問題などで追及を受け、ダブル辞任に追い込まれた。今月の内閣改造でも新閣僚から政治資金規正法に絡む問題などが次々と発覚しており、昨年の二の舞いを避けたいのが本音だ。

 ただ、憲法手続きによる要求に応じなければ、憲法違反と指摘された安全保障関連法に続き、「憲法軽視」との批判が強まるのは必至。野党は、自民党が2012年に作った憲法改正草案の中で、憲法53条について「要求があった日から20日以内に臨時国会が召集されなければならない」と盛り込んでいることを挙げ、揺さぶりをかけている。

 与党の一部からも首相の外遊日程が落ち着く11月下旬以降に「短期間でも開会を検討せざるを得ないのではないか」といった声が出始めた。与党は衆参両院で予算委員会の閉会中審査を来月10、11日に開く方針で、そこでの議論や世論の動向を見極めたい考えだ。【水脇友輔、木下訓明】



臨時国会開会を要求
 野党5党1会派 書記局長・幹事長会談開く

 しんぶん赤旗 - 2015年10月20日(火)
 

 共産、民主、維新、社民、生活の5党と無所属クラブの野党書記局長・幹事長会談が19日、国会内で開かれ、第3次安倍改造内閣の所信表明や戦争法、環太平洋連携協定(TPP)など審議すべき案件が多数あるとして、臨時国会の開会を政府・与党に求めることで一致しました。会談後、与党側に申し入れを行い、20日に与野党書記局長・幹事長会談を開催することを要求、与党は了承しました。会談には各党の国対委員長も同席しました。

 会談では、審議すべき重要問題として、戦争法やTPPに加え、沖縄米軍新基地建設をめぐり翁長雄志沖縄県知事による埋め立て承認取り消しに対し政府がルール違反の「対抗」措置をとろうとしている問題や原発再稼働などがあげられました。また、9人もの閣僚が交代し、このまま臨時国会が開かれない場合、新閣僚の所信表明が数カ月間も行われないことや、国会同意人事をめぐっても、年内に国会が開かれない場合に検査官や公正取引委員などが任期切れ、欠員となる問題も指摘されました。

政府に説明責任

山下氏が会見


 日本共産党の山下芳生書記局長は会談後の記者会見で、臨時国会開会に消極的な政府を「自分たちが憲法違反の戦争法案を通すときには通常国会で95日間もの過去最大の会期延長を強行しながら、政府として国民に説明しなければならない問題が累積しているときに逃げるのはあまりにもご都合主義だ」と厳しく批判し、早期の開会を改めて主張しました。



将来の首相狙う覚悟で国民に説明を
 日刊スポーツ【政界地獄耳】 - 2015年10月20日8時52分
 

 ★内閣改造が終わったものの、中には暴力団との関係が発覚した者や、下着泥棒、不特定多数へのカレンダーの配布と、国民としては閣僚に問いただしたいことがたくさんある。官房長官・菅義偉がそれぞれの件について記者から問われ「問題ない」と答えているようだが、そんなものは免罪符にもならない。本質は国民が納得したかどうか。官房長官の解説より、本人の説明責任で問いただしたい。

 ★その現象は自民党全体の体質になりつつあるのか。19日、元経産相・小渕優子の政治団体を巡る政治資金規正法違反事件で、小渕の依頼した第三者委員会が会見し「不正行為が元秘書らの判断や指示で行われており、小渕にも監督責任があり、その責任は軽微とはいえない」とする調査結果報告書をまとめた。しかし、この日まで小渕は会見すら開かず逃げているばかり。次の選挙で再選を果たせばおとがめなしとでもいうのだろうか。将来の首相を狙うならば覚悟を持って国民に説明してもらいたい。

 ★19日には野党5党の幹事長、書記局長らが会談し、臨時国会を開くべきだと一致した。 閣僚は所信すら説明せず、TPPは先行き不透明。いつの間にか新アベノミクスになった官邸の経済政策、それに伴う1億総活躍の説明など国民が求めるものは多い。関係省庁からマイナンバーのことを知りたいと思う者も多いだろう。その意味では安保法制成立時に政権が見せた、無意味な答弁や、首相・安倍晋三自らが放つヤジなど国会軽視が続き、立憲政治思想が育っていない政治家の最大の欠陥が引き続き政治を混乱させ政治不信を招いているといえる。
国会を開かずにやりたいことだけをやる政治など断じて許されない。(K)※敬称略 


 
*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3970-cbc0dded
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad