JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

In the name of SEALDs  Let us all unite !         【SEALDs】 を 『受け皿』届出政党等に

2015年10月13日(火)

In the name of SEALDs
  Let us all unite !

   (C.Chaplin ”The Great Dictator" 【独裁者】での
    大演説の佳境部分 のオマージュ)

  Chaplin_The Great Dictator_Let us all unite
       In the name of democracy, Let us all unite ! 

 国会前や全国で戦争法に反対する行動に参加した人々の圧倒的な声を受け
日本共産党が戦争法が強行『可決』されたその日(9・19)にクイックに提案した
(仮称)「国民連合政権」 の 『受け皿』 の名前。

日本共産党は「名称には全くこだわらない」と言っているので、
【SEALDs】(シールズ) のまま!使わせてもらえば良いのでは?

私のFBにも書きましたが、【SEALDs】(シールズ)の本旨は
「自由と民主主義を守る緊急行動」の意味ですし情勢にピッタリ!
SEALDs の冒頭の「S」は元は Student:学生・生徒の略だそうですが、
「趣旨に賛成する全ての庶民」 と読み替えては・・・
 ⇒ 『Syushini Sanseisuru Subeteno Syomin』 と 【SSSS】となります!


【SsssEALDs ! 】 
 「趣旨に賛成する全ての庶民による自由と民主主義を守る緊急行動」
  長い趣旨の名前が 『シールズ』 で済んじゃう! (これは冗談ですが)

また
我々の世代なら Senior:中高年者 でも使えますよ(笑)。
Salary men, Salary women など一般賃金労働者にも使えますね。
商売人も Sales person だし・・・
農業者は土(Soil)に関連するし
学者は、Scholar だし・・・ Sensei でも良いか (#^.^#)
科学者は、Scientist だし・・・
舞台人は、Stage Performer だし・・・
Stewardess なんて『死語?』も (笑)

英語でもローマ字でもカタカナでもひらがなでも
ドイツ語でもフランス語でもイタリア語でも・・・「S:エス」に
関連する語呂合わせで「S」に結集するのだ!

 
Let us all Unite!

そうすると主婦も Syufu だし・・・
青年は Seinen だし
心ある社長も Syacho だし、
生活保護の方も Seikatuhogosetai だし

結構あらゆる階層・職種の人々に拡張応用可能だよ(笑)!

【SEALDs】「シールズ」なら比例の投票用紙にも書き易いし・・・
 参議院選挙比例区は党名投票だった?と思うので・・・
 「拘束名簿」か「非拘束名簿」かは覚えてないけど (-_-;)

別に候補に挙げた名称
【オールジャパン平和と共生】 もわるくないけど
 「シールズ」の方が、より短くて Impactがあり、better かもよ!


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




C.Chaplin ”The Great Dictator" 【独裁者】 での大演説より

Let us fight to free the world !
  To do away with national barriers !
  To do away with greed with hate and intolerance !

Let us fight for a world of reason !
  A world where science and progress
   will lead to all men’s happiness.

Soldiers, in the name of democracy,
  Let us all unite !  


世界を解放する為に闘おう!
 民族の垣根を取り除いて!
 憎しみと偏狭からくる貪欲さを取り除いて!

理念のある世界のために闘おう!
 科学や発展が
  人びとの幸福に繋がる世界を。

兵士諸君、民主主義の名のもとに
  団結せよ!


 (日本語訳は JUNSKY による。映画の和文・字幕とは異なります!)



 当ブログの関連記事:「チャプリンの独裁者」でのチャプリンの演説−8

  当ブログ 【「チャプリンの独裁者」でのチャプリンの演説】 Back Number 

映画の英文・字幕による (逐語訳は、JUNSKY による)

【第1回】 2007年1月3日
 I’m sorry, but I don’t want to be an emperor.

【第2回】 2007年1月14日
 In this world, there’s room for everyone
  and the good earth is rich.


【第3回】 2007年1月15日
 We think too much and feel too little.

【第4回】 2007年1月18日
 Even now my voice is reaching millions
  through the world,


【第5回】 2007年1月23日
 Soldiers, don’t give yourself to brutes, 

【第6回】 2007年1月26日
 Soldiers, don’t fight for slavery ! 
  Fight for liberty !
 

【第7回】 2007年1月29日
 Let us fight for a new world, a decent world.

【第8回】 2007年1月31日
 Let us fight to free the world ! 
   Soldiers, in the name of democracy,
    Let us all unite !


【第9回】 2007年2月2日
 Hannah ! Can you hear me ?
  Hannah: Listen. 
*****************************
    The END 
 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3962-c11ef0b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad