JUNSKY blog 2016

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

安倍晋三内閣 『改造』 昨日のマスメディアは占領されていた!

2015年10月9日(木)

内閣改造関連の、西日本新聞10月8日付けから

 第1面では、政府や上からの圧力か、垂れ流し的記事だったが、




 いわゆる『三面記事』の中味は、安倍政権への懸念や問題点を指摘!

 「新三本の矢」 や 「GDP60兆円」 は掛け声倒れで具体策全くなし!


 具体策が無いことは、御用放送局 NHKの【持論公論】でさえ指摘していました。
時論公論 「変調か? 日本経済」 
 NHK:今井 純子 解説委員 - 2015年10月02日 (金) 午前0:00~



 又もや、『お友達内閣』 で側近や言論抑圧率先者を要職に起用!


国民愚弄の人事にア然…第3次安倍改造内閣は短命に終わる
 日刊ゲンダイ - 2015年10月8日
 

 目玉の1億総活躍相に“身内”登用のいかがわしさ「広い視野と強い突破力が必要」とまで宣言した重量級閣僚がコレだ。唯一の目玉とされた1億総活躍相が、首相側近の加藤勝信官房副長官の昇格とは国民もズッコケたのではないか。
 安倍首相の外遊時に後ろに立つ姿を見るだけで、ほとんど無名の加藤氏の名がクローズアップされたのは、あの「マスコミを懲らしめる」発言のチンピラ勉強会の後見役をやっていたことぐらいだ。 


 「1億総玉砕」と政府が叫んだ戦争中 「1億総懺悔」と政府が叫んだ戦後を想起!
moblog_54e47939.jpg

     **************

第3次安倍改造内閣が発足 首相、TPPで補正予算検討
 西日本新聞 - 2015年10月8日(水)  02時06分


内閣改造 長期政権で何を目指すか
 西日本新聞 - 2015年10月8日(水) 10時36分 


安倍改造内閣が始動、経済最優先 「政策を前に進めたい」
 西日本新聞 - 2015年10月8日(水) 12時29分 


何をするのか1億総活躍相 側近・加藤勝信氏が就任
 日刊スポーツ - 西日本新聞 - 2015年10月8日(水) 9時31分 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 





第3次安倍改造内閣が発足 首相、TPPで補正予算検討
 西日本新聞 - 2015年10月8日(水)  02時06分
 

 第3次安倍改造内閣は7日夕、皇居での閣僚認証式を経て発足した。安倍晋三首相は官邸で記者会見し、環太平洋連携協定(TPP)の国内対策に伴う2015年度補正予算編成に関し「さまざまな観点から今後検討を進める」と表明した。国内総生産(GDP)の大幅増などを目指す「1億総活躍社会」実現に向けて工程表策定を急ぎ、年内に具体策の第1弾を打ち出す方針を示した。持論とする憲法改正の議論深化に意欲を見せた。
 首相としては安全保障関連法の採決強行などで揺らいだ信頼の回復が最大の課題となる。経済重視の新たな陣容で来年夏の参院選を乗り切りたい考えだ。 



内閣改造 長期政権で何を目指すか
 西日本新聞 - 2015年10月8日(水) 10時36分 
 

 意味がある内閣改造と言えるのか。きのう発足した第3次安倍晋三改造内閣は主要閣僚が留任し、自民党4役の顔ぶれも変わらなかった。空きポストが少なく、斬新なサプライズ人事をしたくても、入閣待機組の処遇で手いっぱいだった-というのが実情だろう。
 人事だ、改造だと大騒ぎせずとも、新国立競技場の旧建設計画が白紙撤回となった責任で下村博文・前文部科学相が辞任するだけでも事足りていたとさえ思える。
 安倍首相はこの陣容で来夏の参院選を乗り切る意向だ。2018年9月の党総裁任期まで政権を維持すれば、首相在任は6年9カ月に及ぶ。戦後では小泉純一郎、中曽根康弘両氏らを抜き、故佐藤栄作氏の7年8カ月、故吉田茂氏の7年2カ月に次ぎ第3位となる。
 佐藤氏は沖縄返還、吉田氏は戦後復興という「実績」を残した。安倍首相は何を目指すのか。
 首相はあらためて「経済最優先」で取り組むという。国民の期待も経済再生にある。だが、首相の経済政策「アベノミクス」は、地方や中小企業に「豊かさ」の実感をもたらさないまま、国民の期待とのずれを拡大させている。
 選挙のたびに経済最優先を掲げて支持を集める首相だが、その陰で「戦後レジーム(体制)からの脱却」を着々と進める。13年には特定秘密保護法を制定し、14年には武器輸出禁止の転換、集団的自衛権の行使容認を決めた。そして安全保障関連法の成立である。
 振り返れば、憲法の平和主義や国民の「知る権利」などを脅かしかねない重大な法整備や政策転換であるにもかかわらず、国政選挙の主要な争点として国民に真正面から問うことはなかった。
 確かに選挙は民主主義の基本だが、選挙に勝って政権を担えば何でもできるというわけではない。持論の憲法改正に対する国民の支持と関心が高まらないからといって、経済を「隠れみの」にするような政治手法なら疑問と言わざるを得ない。ただし、隠れみのにできるほど経済も安穏とした状況にないことは言うまでもない。

=2015/10/08付 西日本新聞朝刊= 



安倍改造内閣が始動、経済最優先 「政策を前に進めたい」
 西日本新聞 - 2015年10月8日(水) 12時29分 
 

 第3次安倍改造内閣は8日午前、本格的に始動した。安倍晋三首相は東京都内のホテルで企業経営者の会合に出席。経済最優先で政権運営に臨み、経済政策「アベノミクス」を推進する方針だ。首相は官邸で記者団に「結果を出していくことによって国民の信頼を勝ち取り、さらに政策を前に進めたい」と述べた。
 菅義偉官房長官は記者会見で「内閣が一丸となって一つ一つ(政策に)取り組んでいきたい。そのことを実現するためのベストの布陣だ」と強調した。国内総生産(GDP)600兆円を掲げて「1億総活躍社会」の実現を目指す加藤勝信担当相は、内閣府で公務に就いた。 



何をするのか1億総活躍相 側近・加藤勝信氏が就任
 日刊スポーツ - 2015年10月8日(水) 9時31分 
 

 安倍晋三首相(61)は7日、内閣を改造、第3次安倍改造内閣を発足させた。

 首相が今後の看板政策に掲げる「1億総活躍社会」に向け新設された担当相には、側近の加藤勝信氏(59)が就任した。社会保障の充実や経済再生に注力する姿勢をアピールするが、担務は各省庁にわたり、実効性も不透明。現場からは期待とともに「何をどうしたいのか」との疑問の声もある。

 社会保障では「介護離職ゼロ」を提唱。「待機児童ゼロ」「幼児教育の無償化拡大」など子育て支援のほか、「国内総生産(GDP)600兆円」を目標にしたさらなる経済成長を示すが、「現実的ではない努力目標ばかり」との声もある。ネット上では「1億総活躍」という名前にも、異論が続出。「戦時中の標語である『1億玉砕』を連想させ、時代錯誤的」「活躍しろと言われても困る」「放っておいてほしい」などの記載もあった。

<組閣アラカルト>

 ◆若返り 首相を含めた平均年齢は60・1歳。第3次安倍内閣発足時の62・4歳より若くなった。

 ◆最年少&最年長 丸川環境相の44歳と、麻生財務相の75歳。森山農相は70歳での初入閣になった。

 ◆看板倒れ? 「女性活躍」の政策にこだわる首相が選んだ女性閣僚は、高市早苗総務相、丸川珠代環境相、島尻安伊子沖縄北方担当相の3人。過去最多タイの5人を起用した昨年9月の第2次改造内閣から2人減で、改造前よりも1人減。肝いり政策も看板倒れ?

 ◆派閥 首相の出身の細田派が2人増の4人で最多。改造前に5人いた岸田派は、岸田氏だけに減らされ、派内では不満が充満。

 ◆世襲議員 首相を含めて10人と、半数占める。

 ◆妻が大臣 高市総務相と丸川環境相は、夫がともに自民党の国会議員で、名前も「拓」で共通している。夫の拓(卓)越したサポートが得られるか?

 ◆小泉進次郎復興政務官 戦後最年少での初入閣や内閣官房副長官への起用が取りざたされたが、「ないです」の本人予告通り、入閣はなし。党務に復帰か。 




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3958-2356332d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad