JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

安保法案:野党5党、内閣不信任案を提出

2015年9月18日(金)

 昨日、どさくさの中で与党が可決したと妄語している 「戦争法案」 に関して、
野党5党は、委員会採決の有効性を認めず、内閣不信任案を提出したもよう。!
 合法的抵抗運動として『最後の闘い?』 を展開中!

 国会を取り巻く若者や市民は 『賛成した議員の落選運動』を展開する方向!


安保法案:野党5党、内閣不信任案を提出
 毎日新聞 - 2015年09月18日 14時17分


強行採決再び 安保法案 参院委で可決
 東京新聞 - 2015年9月18日 朝刊


Mainichi-2015091701001238.jpg
安保法案「強行採決、許さない」 市民、国会前で声絞る
 東京新聞 (共同) - 2015年9月17日(木) 15時47分


デモ後押し 粘る野党 成立阻止へ全力
 東京新聞 - 2015年9月18日 朝刊



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 





安保法案:野党5党、内閣不信任案を提出
 毎日新聞 - 2015年09月18日 14時17分
 

 民主、維新、共産、社民、生活の野党5党は18日午後2時前、衆院に内閣不信任決議案を共同で提出した。

     ******************

  戦後の安全保障政策を大きく転換し集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法案をめぐる与野党の攻防は18日、最終局面を迎えた。自民、公明両党は安全保障関連法案を同日中に参院本会議で可決、成立させる方針。これに対し、民主党など野党5党は同日午前、国会内で党首会談を開き、衆院に内閣不信任決議案を共同で提出することで一致し、徹底抗戦を続ける。

 ◇与党、18日中の採決目指す

 自民党の谷垣禎一幹事長は18日午前の党役員連絡会で、野党が提出する内閣不信任案について「一致結束して否決していこう」と呼び掛けた。安保関連法案については「今日でしっかり仕上げられるよう、緊張感を持っていきたい」と語り、18日中の法案成立を目指す考えを示した。

 民主、維新、共産、社民、生活の野党5党の党首らは、会談後に共同で記者会見した。民主党の岡田克也代表は「事態は非常な重大局面に来ている。法案の成立阻止にあらゆる努力を重ねる。内閣不信任案を最も効果的なタイミングで提出する」と表明した。共産党の志位和夫委員長も「国会の外の戦いと連携して最後まで力を尽くしたい」と語り、維新の党の松野頼久代表、社民党の吉田忠智党首、生活の党の玉城デニー幹事長も同調する意向を示した。

 安保関連法案は17日の参院平和安全法制特別委員会で採決され、与党と法案に賛成する野党3党の賛成で可決された。野党側が採決に反対し、与野党議員がもみ合いとなるなか、与党側が強行した。

 民主党は17日夜から18日未明にかけ、参院に中川雅治議院運営委員長の解任決議案、法案担当相の中谷元・防衛相の問責決議案、山崎正昭参院議長の不信任決議案を次々と提出。

 中川、中谷両氏に対する決議案は18日未明までに採決され、否決された。山崎議長に対する不信任決議案は18日午前10時からの参院本会議で討論が行われ、否決された。維新は山崎議長に対する不信任決議案の審議には「安保関連法案とは無関係」との理由から欠席した。

 民主党は同日午前、安倍晋三首相に対する問責決議案も出した。鴻池祥肇平和安全法制特別委員長への問責決議案も同日午後に提出することを検討している。内閣不信任案などは、他の法案に優先して審議されるため、与党側はこれらをすべて否決したうえで18日中に安保関連法案の採決に踏み切りたい考えだ。

 安全保障関連法案は昨年7月の安倍内閣の閣議決定を踏まえ、安保法制を包括的に整備するもので、日米同盟を強化し、抑止力を高めることに主眼が置かれている。歴代の内閣が行使できないと解釈していた集団的自衛権について、日本の存立が根底から脅かされる「存立危機事態」においては行使が可能との新しい憲法解釈を打ち出した。しかし、衆院憲法審査会で憲法学者が政府の新解釈について「違憲」と表明したのを契機に、法案の違憲性を問う声が広がった。

 他にも、他国軍隊への後方支援のための新法「国際平和支援法案」、武器使用を緩和する国連平和維持活動(PKO)協力法改正案などが含まれている。【影山哲也】



強行採決再び 安保法案 参院委で可決
 東京新聞 - 2015年9月18日 朝刊
 

  他国を武力で守る集団的自衛権の行使容認を柱とする安全保障関連法案は十七日、参院特別委員会で与党と次世代、元気、改革の三野党の賛成多数で可決された。
 与党は約二時間予定されていた締めくくり質疑を行わず、衆院に続き採決を強行。民主党など野党五党は委員長席に詰め寄って抗議し、採決の無効を主張した。与党は十八日中に参院本会議で可決・成立させる方針。野党五党は成立阻止を目指し、国対委員長会談で内閣不信任決議案を共同提出する方針を決めた。参院にも中谷元・防衛相の問責決議案などを連続で提出して抵抗している。 

 野党五党のうち民主、共産、社民、生活の四党は採決に加わらず、維新は反対した。
 (引用者注:あの混乱の中で反対や棄権などが判るはずが無い!)

 特別委は十七日午後、鴻池祥肇(こうのいけよしただ)委員長(自民)が委員会を職権で開会したとして、民主党が提出した不信任動議を与党などの反対多数で否決した。鴻池氏が委員長席に戻った直後、与野党の議員が周辺に集まり、もみ合いになった。混乱状態の中、自民党理事の合図に合わせ、与党の委員らが起立を繰り返した。

 散会後の鴻池氏の説明によると、質疑打ち切りの動議と安保法案、自衛隊海外派遣の際の国会関与強化を盛り込んだ付帯決議が採決された。野党五党は山崎正昭参院議長に特別委の採決は無効だと申し入れたが、聞き入れられなかった。

 これを受け、中川雅治参院議院運営委員長(自民)は法案を採決する本会議の開会を職権で決定。民主党は反発し、解任決議案を参院に提出した。本会議は十七日夜に始まり、休憩をはさんで断続的に開催。中川氏の解任決議案を与党などの反対多数で否決した。中谷氏の問責決議案を日付をまたいで処理するため、本会議を十八日に延会した。野党五党は山崎議長の不信任決議案も提出する方針。

 野党五党は十八日午前に党首会談を開き、対応を協議する。民主党の枝野幸男幹事長は十七日夜、「他の野党と連携し、成立を阻止するため最も効果的な策を取る」と記者団に述べた。
 自民党の佐藤勉国対委員長は法案の特別委可決を受け、憲法の「六十日ルール」による衆院再可決は行わない考えを記者団に示した。

 安保法案は、歴代政権が憲法で禁じられていると解釈してきた集団的自衛権行使を認める内容。自衛隊法や武力攻撃事態法など十本の改正案をまとめた「平和安全法制整備法案」と他国軍支援を随時可能とする新法「国際平和支援法案」の二本。対米協力の飛躍的な拡大を盛り込んだ。



安保法案「強行採決、許さない」 市民、国会前で声絞る
 東京新聞 (共同) - 2015年9月17日(木) 15時47分
 

 「強行採決は許さない」「9条を壊すな」。安全保障関連法案に反対する市民らは17日朝から国会前に詰め掛け、声を振り絞って廃案を求めた。
 法案をめぐる与野党の攻防は17日も続き、国会前は午前9時ごろから、雨具に身を包んだ市民が増え始めた。手には赤や青のおなじみのプラカード。野党議員が状況説明に訪れ「16日の採決を阻止できた」「まだまだ頑張ろう」と呼び掛けると、一帯を歓声が包んだ。
 東京都世田谷区のミュージシャン島村健さん(29)は「反対する国民の声を聴かずに強行採決に踏み切る政府の姿勢には怒りしか感じない」。
(共同) 



デモ後押し 粘る野党 成立阻止へ全力
 東京新聞 - 2015年9月18日 朝刊

 安保関連法案に反対する野党は十六、十七両日、成立阻止に向けて徹底抗戦を続けた。野党を後押ししたのは降り続く雨の中、昼夜を問わず国会前に集まったデモ隊の存在だ。抗議の掛け声は、国会の中に届いていた。 (新開浩)

◆午前2時 「頑張れ」連呼
 十七日午前二時ごろ、安保法案に関する参院特別委員会を行っている部屋の前の廊下で、強行採決の阻止行動を続けていた民主党の参院議員は「デモ隊が頑張っているのに、後に引くわけにはいかない」と表情を引き締めた。委員会室は、デモ隊が集まっている国会正門前の路上から約三百メートル。「頑張れ野党」「負けるな野党」の連呼がはっきり聞き取れた。
 民主などの野党が抵抗を始めたのは十六日夕。与党は特別委で採決に向け締めくくり質疑を強行しようとしていた。数十人の野党議員が委員会室と直近の理事会室前に詰め掛け、鴻池祥肇(こうのいけよしただ)委員長(自民)の出入りを阻んだ。
 午後十時ごろ、山崎正昭参院議長の指示で、数十人の衛視が野党議員をどかせようとした。衛視は人垣を組んで、鴻池氏の通路の確保を試みたが、野党議員は「暴力反対」などと叫んで抵抗し、衛視ともみ合いになった。鴻池氏は委員会室に入らなかった。
 現場にいた民主党の郡和子衆院議員は「外では土砂降りの中でデモ隊が頑張っている」と同僚議員を励ました。芝博一参院議員は「デモ隊も委員会を開けない国会内の状況が分かっているから、すごい勢いだ」と、意を強くした。

◆午前4時 太鼓やまず
 与野党のにらみ合いは続き、息苦しい緊迫は十七日未明にもつれ込んだ。鴻池氏は午前三時半すぎに「休戦」を宣言。午前八時五十分の理事会再開を決めた。与野党議員が現場を後にした午前四時すぎも、デモ隊の太鼓は鳴りやんでいなかった。
 一夜明けた十七日午前、議事を強行しようとした鴻池氏に対し、野党は不信任動議を提出した。午後、民主党の福山哲郎氏は趣旨説明で、学生グループ「SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動、シールズ)」中心メンバーの明治学院大学四年、奥田愛基(あき)氏(23)が十五日の中央公聴会で述べた意見を朗読しつつ、四十五分にわたり演説をした。
 動議の否決直後、待機していた鴻池氏が入室。続いて安倍晋三首相らが着席した途端、自民党議員が委員長席を守るように立ちはだかり、気付いた野党議員は委員長席に駆け寄った。何人もの議員が馬乗りになるなどして、もみくちゃに。野党議員は「無効だ、無効だ」と叫び続けたが、佐藤正久議員(自民)の合図で与党議員らが立ち上がり、安保法案は可決された。
 だが、民主党幹部は「これだけ世論に押され、直結した国会は久しぶりだ」と強調。十七日夜、国会周辺でデモをしている人たちからは「フレー、フレー、福山」などと野党議員の名の連呼がわき上がった。 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3935-1c156ae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad